25歳を迎えて得た気づき

The following two tabs change content below.

fujimuuuuu

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。たまに見て「いいこと知ったなぁ」と思える雑誌ブログを目指しています

 

こんちは、ふじむです

 

2017年9月26日、僕は25歳になりました

人生の4分の1ですねw(100歳生きる予定です笑)

そこで誕生日を迎えたことをTweetしたら、多くの方から暖かい声や反応を多数いただきました

 

誕生日を迎えて気づいたこと

すごく多くの人が声をかけてくれた

いつもTweetすると、大体いいねがよくても20くらい、コメントは1つ2つっていったところなのですが、↑のTweetは本当に多くの方から頂いた

やっぱり声をかけてもらうというのは嬉しいことだと再認識するきっかけになりました

コメントをくれた方の中には、意外な人がいて「え、見てくれてたんだぁw」とびっくりしたりしました

見てくれている人は、必ずいるとゆずっこさん@yuzukkofx への寄稿記事『貯金20万円の状態で会社を辞めた、24歳フリーランスの今』で書きましたが、もっと想像以上に見てくれている人はいました

 

これだけ『おめでとう』と言われたのは久しぶりかもしれない

現実の世界で、一生懸命仕事を頑張っていた頃の僕は、自分の誕生日さえ忘れてしまっていました

もちろん誰かの誕生日も、忙しすぎて気にしている暇などありません

ですが、今のような、ブログを書く生活を初めてからは、誰かの誕生日と気がつけば『おめでとう!』と声をかけている自分がいました

インターネットは生活に余裕を与えてくれている

(↑少なくとも僕にはです)

だから、これだけたくさんの『おめでとう』を言ってもらっても、その人を想って1人ずつに返信できるんだなぁと気が付きました

 

SNSはコミュニケーションをとってなんぼ

SNSは『1対1』のコミュニケーションを可能とします

海外に住む人とも、有名人とでも『1対1』のコミュニケーションを可能にしています

インターネットによる発信を『1対n』というテレビのようなマスメディアとして認識しているとどうなるか?

  • 反応をもらえるまで待ってしまう
  • 反応をもらってもそれで終わり
  • つまり一方通行なコミュニケーション

 

ということになってしまいます

でも相互のコミュニケーション、『1対1』のコミュニケーションがインターネットでは可能なんです

だとしたら、コミュニケーションがとれるアカウントの方が、魅力的に目に映りませんか?

コミュニケーションがとれるアカウントとお話しして、コミュニケーションをとりたいと僕なら思います

(リンク失礼します)

もりでぶっ刺すのは過激ですがw そういうことです

 

やみくもに『欲しいものリスト』とかやらなくてよかった

最近は、アマゾンの欲しいものリストやVALUやpolcaなど、支援してもらうための仕組みがたくさんでてきたので、応援してもらいやすくなってきました

つまり家入さん@hbkrが言うような『お金がなめらか』という状況になっているということです

ですが、そのなめらかにしてくれた仕組みを『利用して』支援を貰おうとすると、どうしても薄っぺらくなってしまう感じがする

『応援したい人』は投げ銭箱が置いてあれば、応援したい気持ちとともに投げ銭箱へ支援金をいれてあげる

 

そこに置いておけば、応援したい人は勝手に応援したいと思ってくれると感じてるんですね(僕は勝手に応援したいと思う笑)

最近はそのなめらかになった仕組みを『利用して』物乞いしてしまう行動が目立つ気がします

僕の現在地点を考えて、誕生日だからこれください!みたいな発信は、せっかく少しづつ貯めた信用を失うと思ったので、やらないで正解でした

今の僕にとって、その微小なお金や物よりも、一回一回のコミュニケーションの方が、価値が高いと言うことです

 

ネット上での顔見知りが増えたということ

僕は何かしら、自分のTweetに反応があった場合は、その人個人のタイムラインまで飛んでは、何かしら反応を返しています

そういった反応のキャッチボールの過程は進み、コメントし合う仲になるのですが、その時に、僕は名前を付けてからコメントを始めるように、、、

そのせいか、自分の頭に残る人がたくさんになってきました

(フォローフォロワー関係に全くない人までよく知ってたりするw)

頭に残るその人を数日見かけなくなると、その人のタイムラインに飛び、安否確認しますw

そして見落としている発信がないか、チェックします

親しい関係の方ほど、その人のタイムライン状況を僕が把握できている

覚えているから、より最適なコミュニケーションができるようになってきた感覚があるんですね

 

さいごに

ブログ開設から5ヶ月、短いような、長いような。。。笑

とても濃縮された日々であったのは間違いないんですね

PVだとか、収益だとか数値に捕まってしまうと、重すぎて続けられない

僕は一回一回のコミュニケーションに価値を感じてからは、それらの数値は二の次でついてきているように感じます

ノルマに切羽詰まった営業から、物を買いたいって思わなくないですか?

だからそんなことより、今目の前でお話ししているその一回を大切にしていれば、状況は好転するんじゃないかって

今はそれで、十分楽しく暮らせているので、僕はこのままでいきます

誕生日をきっかけに、声をかけてくれた方々、反応をくれた方々、本当にありがとうございました!

これからも仲良くしてください、よろしくおねがいします

そんな感じ〜

 

ふじむ

 

 

 

SNSで友達にも教えてあげよう

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。たまに見て「いいこと知ったなぁ」と思える雑誌ブログを目指しています