悪いことは重なるなぁと感じる時は「幸源メカニズム」を知ってるといい

おさるくん
なんか最近なんでもイライラしちゃって、なかなか上手くいかないんだよねぇ〜
ふじむ
そうゆうことってあるよね。。。そういった時に気をつけようって、僕自身が心がけてることがあるから参考にしてほしいな

 

こんちは、ふじむ(@l10_bb)です。

なんだか何にも上手く行かないときってないですか?機嫌が思わず悪くなったときに、起こること全てが悪いこと。

「ほんとついてないなぁ〜」ってこと誰にでも経験あると思うんです。

そんなことが、どういった仕組みから負の連鎖を生んでいるのか。またどういった時に上手くいくようになるのか、自分なりに理解していることがあったので紹介しますね。

 

僕は「幸源」になりたい。

この漢方薬みたいなネーミングの「幸源」。

僕が高校生の頃にふと思いついて、未だに支えになってる言葉なんです。

幸せの源と書いて「幸源」(こうげん)。

「光源」って言葉がありますよね?光を発するもの。電球がまさにです。

こんな電球みたいな感じで「幸せ」を自ら発して周りを明るくできる存在になれないかなって思ったんです。

下の絵は高校生の時に書いた幸源メカニズム。

机をがさごそしてたらたまたまでてきた。

 

 

幸源は光をもらって返す鏡みたいな存在

幸源って言葉を思いついて、ここまで図にして書き起こすのに至ったきっかけっていうのが、スタジアムでライブをするMr.ChirdrenをDVDで見た時。

 

ボーカルの桜井さんが僕は大好きで、中学生の頃から大ファン。夜中でも熱唱をして近所迷惑をしまくっていたってくらい大好き。

何万人にも見られながパフォーマンスをするMr.Childrenを見て、ファンからの期待を何かポジティブなパワーで返し、照らしてくれてるように見えたんです。

幸源は期待を受けて、ポジティブなパワーで返す。ポジティブなパワーを受けた側はモチベーションがあがる。

 

幸源が1番幸せ者?

桜井さんはよく「最高だよ!」や「最高に気持ちいよ!」とライブの中で言っています。

提供する側なのに、何故か1番幸せ者に見えるんです。

それは仮にパフォーマンスだったとしてもこんだけ長いことミュージシャンをやっているわけで、無理していては続けられないはず。

僕は桜井さんの言葉をそのまま真っすぐに感じて「幸源が1番幸せ者なんだ」っていう結論に達しました。

 

上手く行かないときは自分が幸源になってやろうとする。

何か上手く行かないときは「幸源」になれていないからだと思うようにしています。

大体、幸せそうに暮らしてる人には勝手に人は集まってくるし、いずれその人の活躍に期待する。

明るく楽しく幸せにしていれば幸源になれる。

僕はあまり頭がよくありません。考えすぎると結局自分のクビをしめて苦しくなってくる。

だからそんなときはこの幸源を意識して、とにかく明るく楽しく暮らして、いい流れを呼び込むようにしています。

 

結論:みんな幸源になっちゃおう!

明るい人の周りには人があつまります。ポジティブなパワーがもらえるからです。

でももっと幸せになったり、楽しいことするには、自分自信が幸源になって、期待を集めてはポジティブなパワーを返して行く。

鏡みたいな存在といいましたが、鏡が曇っていると、返す光は弱まります。

ぴかぴかの鏡みたいな幸源になって周りの人を明るく、幸せにしていきましょう!

 

そんな感じ〜

 

ふじむ(@l10_bb)

 

 

The following two tabs change content below.

ふじむ

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。自分の生き方を通じて、可能性を届けることを生業にしています。 ・3分で読めるブロガーふじむのプロフィール

▼この記事を今すぐSNSでシェアする!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。自分の生き方を通じて、可能性を届けることを生業にしています。 ・3分で読めるブロガーふじむのプロフィール