ブログを始めるのに、別にオンラインサロンなんか入らなくていい件。

 

こんちは、ふじむ(@l10_bb)です。

あなたはもう、ブログを書き始めていますか?

そして何か、ブログのオンラインサロンに入っていますか?

 

躍動するブログオンラインサロン

おさるくん
ブログ始めたんだけどさぁ、ちょっと孤独感が強すぎて辛い。。。オンラインサロンに入ろうかなぁ。。。
ふじむ
別にいいんじゃない?信用できる人が運営してるところに入っちゃえば稼げるようになるの早そうだし?
おさるくん
ふじむは何かに入ってるの??
ふじむ
僕は入らないほうがおもしろいかもって思ってるから入ってないよ〜

 

最近、Twitterを見ていると「〇〇サロン」というハッシュタグをよく見かけます。

具体的にあげると

 

などが、ブログを初めて3ヶ月の僕の視点から、かなり目立っていて、ノリに乗っています。

そのタイミングでこの記事がやぎぺーさんからシェアされた。

 

結論はめちゃめちゃシンプルで、

孤独フリーランスはコミュニティに所属した方が良いで-八木仁平オフィシャルブログより引用

 

とのこと。

孤独なフリーランスはコミュニティに

  • 「所属した方がいいか」
  • 「所属しないほうがいいか」

という2択だとして、

「所属した方がいい」

というやぎぺーさんの意見に対してフォロワーたちは

リツイート⇨16、いいね⇨80。

(8月4日15時30分)。

のいつも通り大きな反響。

で、僕もその時

 

ふじむ
確かに!そーだなぁ

 

って思って僕も『いいね』してるんですが、ふと

 

ふじむ
これ、みんなどう思ってんだろ??

 

ふじむ
いやいやほんとにそうか?

 

と疑問が浮き上がりました。

 

孤独フリーランスはオンラインサロンに入れば幸せになれる。。。?

孤独フリーランスはオンラインサロンに『所属した方がいい』『所属しない方がいい』の2択中『所属した方がいい』の1択を選んだやぎぺーさんからの発信。

『RT』や『いいね』でフォロワーが反応。

コメントがついてないからフォロワーの本音はよく分からない。

みんなも『所属したほうがいい』って思ったってこと??

 

僕がサロンに対して感じていた妙な違和感のヒントがここにありそうだったので、記事にしました。

先に僕の意見を言うと「オンラインサロンに入るとつまらなくなるから入らない」です。

 

そもそもブログのオンラインサロンって何?

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。

作家、実業家、アスリート、アルファブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。

オンラインサロン – Wikipedia

 

facebookのスレッドをつくって、様々なチームを作り、動いたりしてるそうです。

誰かの記事で見ました。(覚えてないのすみません!)

 

インサロ、やぎぺーさんの絶賛がやばい

https://twitter.com/moemoekyun_blog/status/893099574633484288

↑インサロの評判がいいのは当然の如く。

 

https://twitter.com/pisuke_jiro/status/892556998214070273

それ以外にも『RT』や『いいね』『コメント』とか色々みてても絶賛がまじやばい。

Twitter以外、2ちゃんねるなどの顔出しNG&匿名の批判は論外として除き、みんなの評価がめちゃめちゃいいんです。

何故誰も反論や疑問が生まれないんだろう、という違和感と気持ち悪さ。

 

↑自分が先月1万PV行ったよ!っていうツイートしたら、いつも反響が無いような人たちからの『いいね』が多かった。

もちろんいつも反応くれる人もいます。

めちゃめちゃ嬉しかった反面、なんだか変な感覚になった。

『いいね』って思うのは『結果』だけなのかなぁと。

自分が大切にしてきたのは紛れもなく『過程』でした。

その『過程』を何人が見ててくれただろうか(これはかなり被害妄想かも知れないw)

実は中身なんてあんまり見てなくて、表面上の結果だけで優劣を判断してる人が、めちゃめちゃ多いのではないかと感じたきっかけでした。

 

やぎぺーさんの発信から意図(中身)を汲み取ろう!

やぎぺーさんのこの記事

から、表面的だけではなく、どういった意図、考え方、狙いがあるのか考えてみます。

やぎぺーさんの記事の中では基本的に、体験談的に語られています。

  • やぎぺーさん自身の1年かけてきた体験から来る発信(記事内より)
  • 最近成長が著しいと感じる、もともと伸び悩んでいたなっちゃんさん@sera_natsuなどの成功体験のシェア的発信?(予測)
  • 『フリーランス』=『孤独』がマジョリティだから、そこのターゲットに向けての発信?(予測)
  • 今インサロに入っているメンバーへの安心の提供と顧客満足度の向上?(予測)
  • 間接的インサロへの勧誘?(予測)(今は定員オーバーのため申し込みできない)
  • 入ってくれさえすれば確実に成長させられるという自信がある(予測)
  • 入ってみてから分かる、損しない仕組みがある(予測)

 

↑勝手に盗んで下さいスタンス。

タイミングよく飛び込んでたら、僕も案外すんなり所属していたかもしれない。

でも楽しいのかなぁという疑問がどうしても残ります。

自由だとはいえ、サロンに入ったら、型にガッチガチにハマってしまわないだろうか。

熱中してとりくめる環境があるのはわかる。

サロンメンバーたちからの熱量ではっきりしてますね。

 

オンラインサロンに所属するメリットは?

入るメリットを考えたり、調べてみました。

  • インフルエンサーと直接やり取りができる
  • ↑良質なフィードバックが受けられる
  • 同時期にブログを始めた仲間ができる
  • 成功体験が得られる確率が倍増する
  • 失敗経験を最小で成功の軌道に乗せられる。
  • ブログを続ける口実ができる
  • 良質な情報収集がはかどる

 

オンラインサロンに入るデメリットは?

  • 月額がかかる
  • コミュニティに拘束される時間と価値感
  • インフルエンサーとは生産者と消費者という関係になりうる
  • 完全オリジナルの『マイノリティ』にすぐにはなれない
  • 失敗経験が少なく、失敗パターンの理解が浅く、育成上手になれない。
  • なんかおもしろくない(完全主観)

 

やぎぺーさんを中心に、Twitter上で個人が特定できる人の意見を参考にした

どっちでもいいと思うのですが、僕は今、入る必要性を感じない。

最近Twitter上で見かけたツイートを参考に考えてみます。

↑僕自身はこの感覚が自分の中にあったように思う。

(僕もホリエモンさんやイケハヤさんが実際どうかは知りません。)

オンラインとはいえども、学校とか予備校みたいな感じ。

インサロのメンバーの中で、初めて1ヶ月とは思えないクオリティのドメインの取得方法、Wordpressのインストール方法をまとめた記事がありました。

1人でやったとは到底思えないクオリティで、本音を言えばほんとにすごすぎてめっちゃ引いた。

ただこれを作れるかどうかで言えば、僕はめんどくさすぎて絶対作れないと感じました。

 

ふじむ
もう世の中にあるやん!

 

ってなる。かなり息苦しく感じるし、稼げたとしても、孤独よりほんとに辛い。

学校を辞めたのも、会社を辞めたのも、時間をコミュニティに取られすぎて、自分の価値感がどうもぼやけてきたからでした。

自分で選んだようで、誰かの価値感で選んでいるような感覚に陥る。

自分で勝手にまねして、納得してやりたい時にやればいいんじゃないかと思った。

 

↑『コミュニティ』として認識すると『繋がり』っていう要素が強くなるっということだろうか?

それはめっちゃわかる。けれどその繋がりからは共通の価値感が出来上がる。

僕自身が今みたいなマイノリティのポジショニングをとっているのは、自分にとってこの位置が1番、不安定だけど安心するから。

成果を出しやすいポジションだと確信しているからです。

このポジション取りは、大学浪人から始まり、社会では正社員たちが同期で集まる中、バイトのままエリアマネージャーになるという経験で得ました。

↓お前誰だよってなったら読んで

あわせて読みたい

『ふじむ』って誰だよ。バイトのまま部下60人のエリアマネージャーになって辞めました。

 

自分は『マイノリティ』からの成長過程に可能性を感じるからです。

コミュニティの中からコミュニティのトップを超える存在になるのはとても難しいと感じる。

だから盗むときはなるべく外側から盗む。

 

↑真意はどうかわかりませんが、このホリエモンの感覚がかなり強い。

これだけノウハウがたくさん転がっているのに、何を求めにオンラインサロンに入るんだろう。

もしそれが『繋がり』だとしたら、わざわざ初期投資をして入るものでもない。

サロンに入らないと得られないような繋がりは実力じゃないから、結局そこから出てしまえば、誰からも相手にされないと感じます。

 

↑動画を漁って調べるほどでもないので、都市伝説くらいに思ってますが、僕は、やぎぺーさんや、あんちゃさん、るってぃさんを意識するのは、同世代だからです。

同世代はこれからも、同じ年齢の進み方で生きて行くので、順調に行けば死ぬタイミングまで一緒。

せめて上下5年幅の人たちとはライバルとして違う角度からの情報発信をしていかなければいづれ埋もれてしまいます。

成功する考え方や意図、要素は徹底してパクる。

やることはまねしたらダメ。それは、差別化ができないから。

 

↑えとみほさんの上のサロンについてのツイートに対し、やぎぺーさんの意見。

「利用尽くしてやろう」は健全でめっちゃわかる。

でも「直接会いたい人と友達になる方法を考える」はどうゆうことだろう。

サロンに入ったから友達になれるっていうのはかなり違和感。

ただおそらく、成長要素を自分なりに盗んで、自分のレベルをあげる方法を考えるっていう意味かなぁと思う。

 

「価値感の奴隷にならないでね」という趣旨のツイート。

「インサロに入る」⇨「けど、価値勘の奴隷にならない」っていうことが初心者にはものすごく難しいと思う。

生まれたての鳥の赤ちゃんが最初に見たものをお母さんだと思うやつ。

インフルエンサーは影響力の大きい人達なので、その人に意図がなくても周りの価値感を染めてしまう力がある。

僕が今のタイミングで飛び込んだら、染められて、つまらないやつになると考えました。

それはこの動画を見て確信した。

説得力がまじでヤバすぎる。

480円くらいの時に購入したのですが(今は1680円)

確実に成果がでると思いました。1680円でも全然安いし良心的。

でもイメージとしてはゲームの攻略本をがっつり見たっていう感じです。

100%成果は出ると思います。

でも知ってしまうと攻略しがいがなくなる人もいるかもしれません。

成果は必ず出ます。成果をだすには死ぬほどオススメ。

 

↑僕は大変な方に価値を感じた。

どうせ東京内は回る予定なので山手線一周くらいはしておいたほうがいい。

サロンに入らないというのは間違いなく『大変』であり『孤独』。

けれど、失敗をたくさん収穫できる点に大きなメリットがあると思う。

今サロンを開いてる人たちはそういった『失敗』を自分ではたくさん収穫して、今のポジション取りをして、『失敗』をフル活用しながらお金に変えてるんだと仮説立てています。

進んだ先で、大ゴケするくらいなら、今のうちにこまめにコケきって、失敗を収穫していくほうが長期的に考えていいと感じた。

 

僕の結論は、自分で選ぶならどっちでもいいと思う

こうして書いてきて気がついたことは、僕なんかより、すぐにも稼ぎたいと思っている人がたくさんいることです。

僕は同時期にブログをはじめ、サロンに入っている人よりも『すぐに稼ぎたい欲』が弱いのかもしれない。

『稼ぐ』を中心に考えてみるとわかるのですが、確実にサロンに入ったほうがてっとり早い。

でも今の僕はサロンに入っていない。

めちゃめちゃすぐ稼ぎたい人と比べるとそうでも無いのかもしれません。

ただ僕も生活がかかっているので稼ぎたい。

めちゃめちゃ稼いで面白いことしたい。

だけど、今の『面白い』も捨てずに先の『面白い』も味わいたいです。

僕が面白くないってことは、僕のことを見てくれる人も面白くないってことです。

いくら稼ごうが、つまらない過程を見せるくらいだったら、なかなか上手くいかない過程をエンターテインメントに変えて、楽しんでもらえた方が嬉しいですね。

 

[結果]どっちでもいいってことを、面倒くさいくらいたくさん書くっていう記事でした。

 

サロン入っても面白いな!ってなって、ころっと、なんかのサロン入ってたら、ほんとすみません!

そのときはそのフットワークの軽さを大絶賛してください。笑

↑こんな感じのバカで生きていきます!

失敗をたくさんしまくって、効率悪くて『大変』な僕が、あなたより成果をだしたらどうしますか?

そんな感じ〜

ふじむ(@l10_bb)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

会社を辞めて、ブログを書き出しました。ブログ、すごい面白いです。 音楽するのが好きです。YouTubeにあげてます ツイッターもたまにやってます。 @l10_bb