[やりたくない 仕事 考え方] みんなやりたくないことがあったときにどう処理してるの?考え方とか対処法を整理してみる。

こんにちは、最近自分がわがままなんだって気がついたふじむ(@l10_bb)です。

 

気づいたことがあったので記事にしてみます。自分が息詰まった時にどうやって行動を判断しているのかを、迷ってない今まとめておきます。

 

やりたくない事があった場合にみんなはどうしているの?

僕はやりたくないことは基本やりません。それはなぜか。

 

  • 身体に悪い感覚がある
  • ストレスのせいか頭がとてつもなく痛くなる
  • 思考停止状態になって何も上手く行かなくなる
  • やりたくないからやらない

 

です。嫌なことが目の前にやってきた場合、みなさんはどうしてますか?考えてみてください。

 

 

 

僕の選択肢は2つしかありません。

 

  1. 思いっきり向き合って楽しくなる方法を発明するか
  2. はっきりと完全にやめるか

 

僕はこの考え方でかなり多くの人に楽しむ方法を共有して貢献したり、逆に突然完全に辞め、迷惑をかけてきました。突然辞めた場合、迷惑かけてきたのは確かですが、

 

我慢は絶対できない。我慢すると自分が自分でいられないと感じるからです。

 

今まで我慢をしていることも場合によってはありました。その我慢の過程でわかったことがあります。

 

「一定の我慢を超えると迷惑を余計に周りに被る」ということでした。

人間が自分で我慢している感覚にあるとき、次のような現象が起こります。

 

  • 愚痴を言う
  • ネガティブ発言を巻き散らかす
  • なにもしないでいる
  • イライラする
  • 周りを不快にさせる

 

我慢して接客業をしている人がいるとします。その人が楽しそうに販売していることは基本ありません。楽しそうではない雰囲気はお客さんに伝わります。その人は売れないけどお店にいて人件費を食います。お客さんはそんな人から買いたくないし、売れない人、売るつもりのない人は会社ややる気のある同僚からすると迷惑です。なのでやる気がなく我慢しているくらいだったらいないほうがいい。とても単純です。

 

経験が長く、我慢してでも売れる人がいます。その人はやる気がなくても長い経験によって売ることができます。長い経験があれば誰でも売れるようになるのに、やる気があってまだ売れていない新人のやる気を奪います。

 

正しい方向に正しい力の投資をすれば大抵のことは誰でもできるようになります。なのにやる気のないけど経験上できてしまう先輩に「なんでできないの?」という言葉や態度を浴びせられて次第にやる気を失っていきます。

 

やる気を失う原因である人は、例え仕事ができたとしても、長期的に見て、周りの迷惑だということです。

 

だからといって、「嫌だ」と感じたことをなんでもかんでも辞めていてはキリがありません。もしかしたら最高に楽しめるチャンスを見逃しているかもしれない。そう思ったときは楽しむ方法を発明します。「如何に早く時短できるか」「如何に成果をだすことができるか」「如何に固定客を増やすことができるか」

 

全部をゲーム感覚で楽しみ方を開発していきます。ポケモンでレベルをあげる感覚。任天堂スーパーマリオで、より難しいステージをクリアしようとする感覚と全く同じです。

 

はじめは自分しか楽しめないマイナーなゲームだったとしても、もっと楽しくするための方法を考えていくとチームで成果を出すことに興味がむき出します。一人であげる成果はたかがしれていて、何人も力を貸してくれてなされた仕事は個人でなす事よりも数倍に大きく、インパクトを与えてくれるからです。僕は最初は嫌な仕事も楽しくなる方法を発明して、無理の無い状態にした。

 

お金をもらってそれで食っていくからには継続しなければならないからだ。継続するために、我慢するのではなく、楽しくなるようにしていきました。

 

僕は自分の人生は自分でしか舵を切れないと考えています。他人が「藤村昂平」の舵を切ろうするなら、僕はその人から逃げて、自分で舵を切れる航路に変更します。

 

そもそも右も左も自由に選べる操縦桿は自分の手の中だけにあるので、他人にとやかく言われる筋合いはありません。

 

 

↑電車の中でこの方、カルメン・デロリフィチェさんのこの言葉を見て、自分の考え方は間違ってなかったんだなとおもいました。リンク貼っているのでインタビュー記事も是非読んでみてください。ポジティブパワーがすごい。自分の人生の舵は自分でしか切れない。

 

我慢し続ける人がいます。ギリギリの戦いでしのぎ続ける人がいます。それって周りに迷惑かけてない?

我慢し続けることで、気づかないところでかけているかもしれない。だったら

 

  1. 思いっきり向き合って楽しくなる方法を開発するか
  2. はっきりと完全に辞めるか

 

この2つ意外に選択肢はないと考えてます。例え辞めて迷惑をかけたとしても、その後自分が楽しいことで貢献する自信がある。活躍した分で迷惑かけた分を返す。我慢を続ける過程で貢献は基本生まれないのでやっぱり上の2択。どちらも大切なことだと感じます。

 

まとめ

不満を吐き出した先に解決作があるならバンバンだしたほうが良いと思います。楽しむ方法を見つけよう、もっと今を良くしたいからこんな風に言ってるんだって、はっきり言えるならその不満を出した結果、価値に繋げられると思う。

 

そうでないのにずーっと末端の立場にいて、責任を伴わないであーだこーだ言ってるのはただの愚痴で、そのネガティブパワーで周りに迷惑かけてるけど、実は1番苦しいのは愚痴を言っている本人だったりする。

 

そんなあなたが今の状況を変える方法は

 

  1. 思いっきり向き合って楽しくなる方法を開発するか
  2. はっきりと完全に辞めるか

 

しかない。どちらを選んでも結果的にはどうとでもなるし、実際これを実践し続けてる僕はこんなにもピンピンしている。毎日最高に楽しいし、結果的に誰かの役に立つ自信がある。

 

 

血迷った時の自分のため、ラッキーパンチで悩んでいる人のためとして、書きまとめておきます〜

 

最後まで見ていただきありがとうございました\(^o^)/

The following two tabs change content below.

ふじむ

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。自分の生き方を通じて、可能性を届けることを生業にしています。 ・3分で読めるブロガーふじむのプロフィール

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です