[Canon EOS80D]カメラを趣味にするといいことばかり

こんちは、念願の一眼レフを手にしたふじむです。

 

 

ふじむ、『EOS80D』を買う

つい先日、Canonの一眼レフ「EOS80D」を買いました!とうとう・・・ 。

写真とることが最近多かったので本当に欲しかった。

これにより私は貯金が消え失せました。なんでもするので、いつでもご飯をおごってくれる人を募集しております(ほんと切実)。

その分仕事しないと飢え死ぬ。

 

「日常」は美しい。カメラはそれを教えてくれる。

日常ってそんなに悪くなくない?」って記事を書きましたが「日常」が嫌いな人は「日常」から逃げるように「非日常」に逃げ込む

それって辛すぎじゃない?って記事でした。ざっくりしてるのでリンクの記事をみてほしい

「日常」に対して悪い印象しかないんですよね。

仕事場とか通勤風景とかを憂鬱って言うんですよね。あーつらい。

それに引き換え僕は「日常」が大好きでかつめちゃくちゃ暇人なんで、「日常」の中に見えるいろんな表情を探すわけですが、iPhoneだけでは捉えきれていなかった景色がたくさんみつかったんですね。素晴らしい。

持っていて感じたメリットをまとめると

  • 被写体を探そうと街の中をよく観察するようになる
  • 意外にきれいなとこおおいんだなぁって普通に感動する
  • 一眼レフだけでいろんな表現ができる
  • 一眼で人を撮ってあげると喜んでもらえる

 

僕が買った「EOS80D」という機種がwifi機能がついていて、撮った写真がすぐにスマホに送信できる優れものなので撮ったものをそのままデータであげることも簡単です。すっげー。

 

 

PCがなくてもすぐにスマホに送信してSNSに共有できるから世界広がりますよね。

 

カメラを好きになるとくだらないものでもなんでも好きになれる気がした。

カメラを通して写真になったものって感動するんですよ。今あなたが見ているその景色と同じものを移しているのに関わらず、感じ方に違いがある。これから考えられること、普段見ている景色の中にあるはずの「絶景」を見逃しているかもしれないということ。

「そんなもったいないことあるかぁぁぁぁ」って思ってすごく損した気持ちになりました。

けど今の僕は大丈夫。この「EOS80D」君がいれば見逃しがちだった絶景をしっかり捕まえて記録できる。EOS80D君がいる僕はまさしく「ニューふじむら」なのです。アウトプットの鬼と化します。

 

 

さいごに

今回カメラを買うよ!!と発信するにあたって、いろんな人が反応をくれたのも嬉しかった。「こんなカメラあるよー」とか、用途をヒアリングしてくれたりとか。なんかそれもまたいいなって。

僕は音楽が聴くのもするのも好きです。それは多分コミュニケーションツールとして誰かに伝わるから好きなわけで、こうして書いているFujilogueも今回好きになったカメラも、そこからコミュニケーションが生まれる。

 

 

フォロワーの数とかもともと気にするたちじゃないのですが、なんか妙に気になることがあるときって寂しいんでしょうね。繋がりたいっていう単純な願望。

反響があれば嬉しい。ほんと単純です。新しいことを初めてみて、そこから繋がる新しい人とのコミュニケーションを期待している自分がいることに気が付きました。

色んな人に届けたいし、色んな人とつながれたらいいなぁ。

だから今はどんどん摩擦なしで自分をたくさん出していかなければ。さらけ出す。かけがちなブレーキもそこはかけないで、行ってしまおうな。

親身に相談乗ってくれた方々、ありがとうございました!絶対みてないけど、Canonのショールームで丁寧に教えてくれたお姉さんありがとうございました!

EOS80D君と一緒に、「楽しい楽しい地獄」をたくさん記録していきたいと思います。

 

そんな感じ〜

ふじむ(@l10_bb)

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール
タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です