[仕事] めちゃめちゃ嫌だった仕事、楽しくなる方法を発明して実際どうなったかの記録

こんにちは、昨日までめちゃめちゃ嫌だった仕事に行ってきましたふじむ(@l10_bb)です。

 

今回の記事も最近僕の投稿で高確率で出てくる「労働」がテーマです。

 

 

「労働」について、初めはこんな記事を書きました。これは身の回りに仕事をしていて、「しんどい」という事を思わず漏らす知人が多かったのでみんなはどうしてるのかぁと思ってまとめました。

↓合わせて読みたい

[気づき] みんなやりたくないことがあったときにどう処理してるの?考え方とか対処法を整理してみる。

 

 

今日は週一回の派遣の仕事に行きましたが、昨日こんな記事を書きました。

↓合わせて読みたい

[まとめ]今、週一回の労働系の仕事の直前ですごい嫌だから、本当は楽しいのか?それとも辞めるべきなのか?を判断してみる

 

 

僕は心底仕事に行くのが嫌で、どうしようもなかった。そんな嫌なまま仕事をしてしまうと、

 

 

いやいや続けるとどんどん状況は悪化していく。

 

いやいや続けるのではなく、楽しくするのか、辞めるのかのどちらかで判断すべきだと言いました。

 

結果的に僕は楽しくする方法を思いついたのですが、実践してどうだったのか、まとめておきます。

 

楽しくなる方法をとりあえず実践してみる。

昨日思いついた具体的な方法はこちらです。

 

  • ちょっと早く出勤して提案する商材のトークをイメージしておく
  • 月額料金などがぱっと出せるようにまとめをつくっておく
  • 出勤の体験の中から記事を書く
  • 「何組接客できるかゲーム」をする
  • 「死ぬほど喜ばせるゲーム」をする
  • →喜ばせるゲームの実践と結果を記事にする
  • キャリアのプランをめちゃめちゃ勉強して新たなサービス更新の度に記事にする

 

試せたものと試せなかったものがありますが、色々と検証することができました。

スポンサーリンク

ちょっと早く出勤する

まずそもそも「追われている」から楽しくない。余裕を持って30分以上前から出勤し、休憩室にいたのですが、他に出勤する人たちに久しぶりにあえて、ゆっくり話せて楽しかったですね。たまたま遭遇したんですけど、早くきたからいい気持ちで仕事を始められた。追われる前に出勤時間から前のめりな姿勢で追ってみる。

 

出勤の体験から記事を書く

これ今一時間のお昼休憩中にここまで書いているのですが、今まで出勤した時に記事を書くって発想になったことなかったですね。仕事の日はブログは書けないという固定観念に縛られていました。30分あればここまで1000文字くらいは余裕もって書けます。「労働」という仕事をしてる日でも十分ブログを書けます。

 

何組接客できるかゲームをする

今回の店頭イベントではティッシュを配って、タブレットのアプリでできる「ガラポン」を回してもらってクリアファイルや洗剤を無料でプレゼントするかわりに、通信費周りの簡単なアンケートをさせてもらう、というイベントでした。ここで色んな接客の仕方を試してみました。

 

  • あまり呼び込みの声はださず、目星のお客さんを見極めてそこにティッシュを配りそこからコンサルティング
  • 活気重視で明るい感じで呼び込みをし、「楽しい」を重視して仲良くなる接客

 

メインはこの2つを試してみましたが、僕の接客スタイルなのか、明るい感じで声も張り目でやっていたほうが成約率が高くなりました。スタイルとして最初みたいな接客して成果を出す人もいますが僕には向いてないことがわかりました。

 

キャリアのプランを勉強して記事にする

以前

↓合わせて読みたい

[気づき] あれ?もしかして会社にいた時に怒られた「ふじむサポート」を今だったらできるってことか?

という記事を書きました。今後はメジャー3キャリアと格安SIM含め、サービス展開できるように知識まとめる意味でも記事書いてみます。面白そう。

 

新たに気づいたこと

新たに気がついたこともまたいくつかあったのでした。

  • むやみに「今何時かなぁ」と何度も時計を見ないほうがいい。
  • 楽しくやってるのを見られるとふざけているように捉えられるリスクがある
  • 上司の指示が絶対だと部下は考えることをやめる
  • でも楽しくやっている方が結果が出やすい
  • お客さんに「お昼どこで食べたんですか?」と聞くと美味しいところ知れる可能性が高い
  • 後◯時間「しか」ないと考える

 

こんな風に新しく気がつくことがありました。「気がついて」→「試す」というフローが主体的な「楽しい」には重要なことに気が付きました。

 

楽しんで仕事してたらお客さんから”日本一おいしいとんかつ屋さん「とんかつ檍」”を教えてもらいました。これレアのとんかつでガチモンの日本一らしい。めっちゃいいこと聞いた。いきたいいいいいいいい。浜松町。

 

あと時間についての自分の中での捉え方がとても重要な感じがしましたね。この時間を貴重と考え「まだ3時間ある」と時間が過ぎ去ってほしいと感じるか「もう3時間しかない」と3時間の中であと何ができるのかを考えるのでは充実感に大きな差が出ます。

 

こうやって気づき、実践してみると僕は永遠に楽しいなぁとか思ってしまいます。

 

まとめ

この記事の主に伝えたい内容は、記事の具体的な行動内容ではなく、こうやって色々試してみることで、嫌だった仕事が僕は面白くなるということです。今日の仕事は本当にあっという間に時間が過ぎ、最高に楽しかった。こういった充実感であればずっと続けることができると感じます。

 

あなたが嫌な仕事や課題に直面したときはどうしてますか?いつまでも追われて苦しくしてるくらいなら、こうしてみたら?という提案の意味を込めて記事を書いてみました。

 

僕はこうして記事を書いているので考えがまとまってスッキリ。またどこかで悩んでしまうことがあったとしたらこの記事に戻ってきて、自分がどうやって楽しんでいたのか振り返ります。

 

そんな感じ〜

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました!\(^o^)/

 

 

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール
タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です