必ず成長する考え方。毎日「昨日の自分を超える」

こんにちは、ふじむ(@l10_bb)です。

以前TVでタレントのベッキーさんが「昨日の自分を超える」ことを心がけているという旨の話をしていたことが印象深く残っています。

そのときは「高い目標を常に設定して、自分に厳しくしなければ甘い!!」と感じたんですけど、ブログを始めて考え方が変わってきました。

「昨日の自分を超える」の考え方が大事だと感じてきたので記事にします。

やりがちな「他人との比較」による自己評価での忙しい一喜一憂。

「隣の芝生は青い」という表現があります。

他人の所有するものを羨む、「無いものねだり」をそう表現していますが、これは他人と自分との比較によって気がつく違いによって羨ましくなります。

 

ふじむ
あの人は同い年でもうTVで大活躍してる(僕なんか、、、)

ふじむ
こいつは僕よりなんかきらきらしてる(僕なんか、、、)

ふじむ
ニュートンは24歳で積分を発明した(僕なんか、、、)

、、、www(ガチ)

 

となんどとなく「他人と比較する人生」を送ってきました。

多分他人と比較するのが前提の考え方の環境だったんだと思います。

多くの人の前で好事例として褒められたり、ダメな例としてダメ出しされたり。

他人と比較することで今の自分の位置を把握する社会に所属してきたから、その癖がついている。

24歳の僕は気づきました「自分は自分。自分がやりたいんだから別にいいじゃん!」と開きなおった。

他人と比べるのに疲れたし、やりたいことリストを書いて思ったのは、誰かに勝ちたいってことじゃなかった。


出してみないとわかんない。だしてみてわかることばっかりだから、昨日できなかったことを今日はやってみる。

昨日の自分と今日の自分に集中して、昨日より、より良くなろうと意図して挑戦する。

そんな毎日のほうが無駄に一喜一憂しなくて疲れない。自分は自分のまま。

それは現実なんだから、さっさと受け入れて、今ある自分を全力でだしては挑戦するように、と変身しました。

 

今の自分は「昨日の自分」の積み重ね。

昨日の自分ができなかったことは何か。それが今日になってできるようになっていたら成長ですよね?どれだけ小さくてもいい。

なんでもいいから、やってみようかなぁってまずは思ってみる。

考え方、心がけとしてわかりやすく、自分なり腑に落ちた「昨日の自分を超えるべき理由」を紹介します。

昨日の自分が「100%」だとして、今日の自分が「101%」になったら成長だとします。1%分できることが増えました。

「99%」だとしたら1%分無意識も含めてサボりました。昨日の自分よりも出来が良くなかった。そう考えてみます。

1.00=100%です。

↑の数式は「1」を1年の日数「365」日ぶん掛け算したものです。1×1×1×…….×1ということです。

この時の結果は「1」です。現状維持のままでい続けたら変化しなかった。つまり1年経っても変わらずでした。

ここで、昨日の自分をたった「1%」だけ成長させ続けたらどうなるか。

昨日の自分101%の毎日」を過ごしたら、を見てみます

↑「101%の自分」を1年間続けられたら約38倍にも成長できました。

ものすごい小さな成長で38倍は大きな変化です。

仮に102%の自分を続けられたらどうなるか見てみます。

↑さらなる急激成長をしました。1377倍。

たった「2%」の成長、進化でこんなにも差がでてくる。

やればやるほど、大きく成長できる。挑戦すればするほど、それを継続して続けられるほど大きくなる。

逆に何もしない。むしろ昨日できていたことができなくなった毎日を重ねるとどうなるか。

↑最初100%だった自分に対し、1年後の自分はたった「2.5%」。

小さな成長の積み重ねが大きな進化につながるのと同じだけ、小さなサボりは大きな退化になる。

しかも退化する時は意図的でないので大体気がつかないのが怖いところ。

 

「現状維持では衰退するばかりである」  ウォルト・ディズニー

 

この言葉、会社にいるときに聞いた言葉だったのですが、意味がわかってきました。

小さな挑戦をする「昨日の自分101%の人生」は意図的な101%を生みだします。

小さなサボり、ぬかりを続ける「昨日の自分99%の人生」は本人は意図せず生まれる99%なので気が付きません。

本人は現状維持の感覚で生きてこれてる気がしているかもしれない。

つまり意図的挑戦、成長をしないかぎりそれは 衰退を意味しているということでした。

 

まとめ

小さな挑戦をするというのは大事な感覚としてはなんとなく持っている。

それを忘れてしまっては、途端に大きな挑戦にしか目が行かなかったり、くじけて挑戦をやめたり、自信がなくなったりしがちです。

他人の目を気にしてできない自分に嫌悪感を感じていたりする。

あなたが自分に求めていること。本当に今の自分にできるようなことなのか?

150%、200%超えしなければだめだと、自分に無謀な指示をだしていないか?

まれに昨日の自分200%の自分を出せることもあるかもしれない。でもそれって継続できるの?

200%の次の日に疲れ果てて50%。その次の日も50%になったらもちろん衰退していきます。

だから、200%を自分に期待してそれを目標にするのは危険。自分が保てないし、モチベーションも下げやすい。

でも大体200%を目標にする時って他人と自分を比べてたり、今の自分をあまり良く見ていないで、未来のずーーーーっと先の理想ばかりを羨ましがってるとき。 

小さな挑戦でいい。それを継続すればいい。それが1番地道で1番近道。

小さな1%を足していきます。僕はそれがどんなに大きな差を生むのか、少し理解しました。

「継続は力なり」これには101%以上の継続は力なりというニュアンスがあるはずです。

例え同じ練習メニューをこなしてきていても「◯日継続した」という難易度が追加されてるので進化しています。

2日続けるよりも3日続けるほうが難しい

大事なことをまとめます。
Keypoint🔑

  • まず自分と他人を比べない
  • しょうもない比較で一喜一憂しない
  • 今の自分をよく理解するためにたくさんアウトプットする
  • 小さな挑戦をする
  • それを毎日継続する

 

です。

考え方をまとめるブログは本当にいいですねぇ。少しづつできることが増えてきました。

最高に楽しいです。これからも小さな「1%」を足していこうと思います。

ふじむ(@l10_bb)

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール

▼この記事を今すぐシェア!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール