立ち止まって動けなくなっている人へ。自然の摂理では「滞留すると腐る」ということを伝えたい。

こんにちは、ふじむ(@l10_bb)です。

 

僕はスッキリした気持ちでいたいんです。常に。ずーーーーっと。

 

 

そう、こんな感じ。さらさら〜っと流れる水のように生きたい。

 

そのため、趣味が

 

  • 散歩
  • アロマ
  • 坐禅。

 

気分を良くするための行動をものすごく大切にしています。

 

で、最近気がついたのが、気持ちがスッキリしないときってどんなときかな?って考えたときに「滞留」してるときだってことに気がつきました。

 

「滞留」すると劣化する。それは人間も人間の心も同じ。

僕が気分が悪くなるときはどんな時なのか挙げてみます。

 

  • 進歩も変化もなく同じことの繰り返し
  • 低生産的
  • 長時間の同じ場所での拘束
  • 考え方に変化のない人の話を聞く
  • 集中力が欠けた状態での作業
  • 何も行動を起こさないで迷ってるとき
  • etc…

 

です。これらに共通して見つかったキーワードが「滞留」するという、滞った状態でした。あんまり経験ないですがつまりは便秘状態です。

 

同じ場所にとどまり続け、空気の流れもないものは劣化します。

 

同じ過去の自慢をしつづけるオヤジをイメージしてください。全然うらやましくないですし、なりたくないですよね?

 

↑自慢ばかりの頑固オヤジの図↑

 

 

僕は大学生の頃、ビッグバンドというJAZZの形態で、東京ディズニーランドに出演しました。

 

ちょっと前の僕は大学の時にディズニーランドに出演したことをずっと「ディズニーに出演した!ディズニーに出演した!」と自慢していました。

 

新しいことを始める時間がなさ過ぎ今の自分を諦め、過去の栄光にしがみついていたのでした。まじでださい。

 

今はたくさん挑戦ができる状態になったので過去のものとして見れるようになったのですが、少し前までは何度も見返して「めっちゃいいなぁ」って自画自賛を繰り返していました。

 

思い返すほどまじでほんとださい。

 

過去の栄光にしがみついているのは心の便秘、精神の便秘です。さっさと手放して次に行きましょう。

 

 

で、ちょっと話それましたが「流行」という言葉があります。

 

よく思うのですが、一昔流行ったものが 何十年かあけてからまた流行りだす。なんでもこういった現象が起きてます。

 

音楽を聞いていてとても思う。一昔の雰囲気が今になって逆に新しく感じるみたいな。

 

なんでこういうことが起こるのかなぁって思ったんですが、「流行」という言葉通り、流れているからこそ関心があったり、気分のいいコンテンツになっているのかぁと。

 

ホリエモンこと堀江貴文さんが「飽きることは大切」と言っていますが僕もそう思います。おおっぴらに言うと周囲の顔色気になるところはありますが、学校辞めたのも、仕事を辞めたのもまさしく飽きたからです。(結果気にしてないw)

 

 

 

短期間バカみたいにやりきって頂上見えてくると大体の着地が想像できて「そんなもんか」って思って辞めたくなる。

 

「まだ見えない可能性」を感じないものに時間も労力も使いたくない。「見えない可能性」がある方が楽しい。

 

見えないのに感じるってフシギダネ。

 

「飽きる」という反応が流行りを作り出し、流れを生みだしている。逆を言えば「滞留」するものは価値が伴いにくく、いずれ腐っていくんだと気が付きました。

 

「滞留」と「熟成」は似て非なるもの。「熟成」には連続して空気が出入りしている。

僕はウイスキーがすきです。

 

それで、「ウイスキーはずっと同じ場所にあるから滞留か?」と思ったのですが、空気の流れがあるという点で「滞留」との違いを発見しました。

 

「滞留」ってもっと淀んだイメージ。「熟成」に淀んだイメージがないのは、継続的に送り込まれている要素が何かしらあるということでした。ここに流れがあることで、生産物の価値が高くなる。

 

止まっているように見えるものが、流れ続けてるモノって色々ないですか?鍾乳洞とか、あれって継続して流れて作られていますよね。「滞留」とは違う「熟成」のイメージ。

 

 

↑去年鍾乳洞行ったけど、ブログ書くつもりなんてなかったらからいい写真なかったくそぉ。

 

ルーティンってよく聞くけど、「流れ」をつくる自動発生装置みたいなものなんだ

野球のイチロー選手やラグビーの五郎丸選手でおなじみの「ルーティン」は集中力をあげる方法として行われています。

 

そのルーティンって「流れ」を作り出すための自動発生装置みたいなものなんだって気が付きました。

 

僕がエリアマネージャーをやっている頃、行きの電車の中で意図的に集中力を上げたくて川のせせらぎの音を聞いて集中していたのですが、集中力高い状態って気持ちがスッキリしている上に成果が数倍出やすい。

 

その流れを生活の中に取り入れることは大切なんだなぁと感じました。

 

そういえば、「川のせせらぎ」聞いてるって言って、「病んでるの?」ってバカにされたことたくさんあったなぁ笑

 

うるせぇーよ

 

 

 

散歩、アロマ、坐禅。全部「呼吸」を整える=空気の「滞留」を防ぐための趣味だったと今気がついた。

僕は何度となく

 

  • 散歩
  • アロマ
  • 坐禅

 

趣味だとこのFujilogueで言ってきていますが、これらをすることで呼吸することで、空気の滞留を防いでいることに今気が付きました。

 

これらをすることで気分が良くなる。

 

なぜ良くなるのかというと呼吸をしっかり正しいリズムで高生産的にするから。

 

自分の中でかなりしっくりきました。習慣として質を高めていきます。

 

最近アロマディフューザーをアマゾンで買いました。無印で6000円で売ってたのを見て「安くていいのないかなぁ?」ってアマゾンみたら即みつかりました。

 

コスパいい買い物です。もしかしたらもう1個寝室用で買うかも。もうちょっと使い込んで必要性感じたら買う。

 

 

 

アロマの基本中の基本の知識が知りたかったらこの本がベストです。結果的に好きな香りをたくのが1番いいです。アロマ関連の本は一つくらい持っておきたい。

 

 

まとめ

行動力がある人って魅力的。

 

それってなんでかなって思った時に、見ててスッキリする感じがあるというか淀んでいない。まさに「滞留」していない状態。

 

ごちゃごちゃ考えて行動をしない人といると気分が悪くなるのは流れが悪くて「滞留」しているからなんだなぁと気が付きました。

 

僕は気分よくずーーーーーっとスッキリしていたい。

 

気分悪い状態っていうのを一秒でもなくしたい。つまり「滞留」したくない。

 

流れるように生きて、見てくれる人の気分もスッキリできるように流れ続けたいと思いました。

 

流れるような人生を送るぞ。

 

激流もせせらぎも経験しながら、「滞留」だけはしないように生きます笑

 

そんな感じ〜

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました〜\(^o^)/

 

↓の👍ボタンを「ポチっ」てしてくれると喜びます!

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール

▼この記事を今すぐシェア!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール