「人に喜ばれるのが嬉しい」という事が、何より健全な生き方だと僕は思う






こんにちは、ふじむ(@l10_bb)です

これ、共感してもらえるか、分からないですけれど、「なんのために生きてるんだろう?」とか「何のために今頑張ってんだっけ?」って思うことってないですか???

僕はわりかし、しょっちゅうありますよね(´∀`;)

没頭してる期間が続くと、知らないうちにずれている

なんだか自分でもあんまり好きになれない自分になってたりする

そんなことがあるというのは、結構共感してもらえるんじゃないかと思っていて…..

さて、なんのために生きてるの?

ぶっちゃけさ、わかんないよねw

考えすぎたって答え出ないし、それらしい答えが一度出たって「やっぱしなんかちげぇなぁ」っていつかなるんだとも思う

だからそんなに心身を消耗して、深掘りする必要ってないとは思っているんです

深掘りして、答えでなくて「意味ないのか」って落ち込む必要も全くない

それでも大切なことは、何かある気がする

答えは出ないんだけれど、やっぱり何度か「ちげぇなぁ」って振り出しに戻ったり「やっぱそうか!」って確信を得たりする経験が、中にはある

僕が生きてて、確信を何度も得たものの中には「喜ばれると嬉しい」ってことがある

自分がしたことが、狙ってだかたまたまだか、喜んでもらって、ありがとうと言われる

これっていつまでも嬉しいことのままだなって思うんです

「人に喜ばれるのが嬉しい」というのが健全な生き方だと僕は思うよ

お金のためとか、もっと人気になりたいとか利己的なことに、限界を感じることがどうも多い

なんでかわからないけれど、人に喜んでもらう事以上に、自分だけで完結しちゃう人生は物足りない感じがするし、虚しさがあったりする

だから、じゃあ「何のために生きてるの?」って思わず思うことがあったら、「人に喜んでもらうのが嬉しい」ってことをちゃんと思い出せたら、なんとかなるのかなって

喜んでもらうのが嬉しいから、自分が今できる「GIVE」を必死で探す

多かれ少なかれ、人に喜んでもらったことが誰にでもあるはずだから、そのときに感じた「よかった嬉しい」という気持ちを思い出しては、できることを探す

そうやって「人に喜ばれるのが嬉しくて」生きているのは、とても健全な生き方のように、感じるんですね

まとめ:「人に喜ばれるのが嬉しい」って気持ちで生きてみよう!

短絡的に結果を求めすぎて、結果がでないときは、『考え方』が間違っているのかもしれない

自分が1番かわいくなって、過保護にしてしまっているかもしれない

だからシンプルに「人に喜ばれるのが嬉しい」気持ちを思い出してみる

短期的な自分への利益は、一旦全て忘れてみて、「喜ばれることに集中してみる」

そうした時に状況が大きく変わることが、ここまでの人生で多かったように思う

だから人に喜ばれよう

GIVEしてGIVEして喜ばれよう

自分のできることで喜ばれる。そんな生き方をしようと思う

そんな感じ〜

ふじむ







The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール
タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼

ABOUTこの記事をかいた人

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール