トマーティン レガシー / Tomatin Legacy

はいこんちゃ、

ウイスキー藤村です!

今日は!

 

トマーティン レガシー

のご紹介です!

 

(詳細だけサクッと知りたい方はこちらから下にぶっ飛べます)

✂︎—————————————–

 
▼依頼や質問はTwitter(メイン運用)のDMから
https://mobile.twitter.com/whiskyfujimura

▼納税者限定裏アカ(条件はプロフに記載)
https://mobile.twitter.com/whiskeyfujimura

▼欲しいウイスキーリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3TGHGW7XGU4HY?ref_=wl_share

▼投げ銭はLINE Payから
https://line.me/ti/p/lQg8GSoqsl

✂︎—————————————–

トマーティン レガシーはどこで買えるの?

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

トマーティン レガシーとは?

”Legacy”とは「受け継がれる遺産(財産)」という意味。

バーボン樽熟成の原酒と新しい試みとして貯蔵されたアメリカン・ヴァージン・オーク樽で熟成した原酒をヴァッティングしたノン・ヴィンテージ・シングル・モルト。

オーク樽由来の甘く力強い香りと軽やかでデリケートな味わいが特長です。

-国分グループサイトより

トマーティンは隠れたコスパ高銘柄だという印象があります

ハイランド地方で作られるウイスキーの中でも柔らかなイメージであり、ボトルデザインも丸っこくてかわいいフォルムが目を引きますね

今回のトマーティンレガシーは、トマーティンが持つラインナップでは1番低価格帯の商品(定価:3,500円(税抜))

12年表記の「トマーティン12年」は定価が6,000円でありながら、Amazon価格で4,000円代で取引されており、お買い得な銘柄として認識しています(※なぜ安いのかはよくわからない)

ちなみに”トマーティン”というのはゲール語で、「ネズの木の茂る丘」という意味だそうです。ネズはヒノキ科ビャクシン属に属する針葉樹

⬆︎ネズ(ネズミサシ)

実際蒸留所周りはネズの木生えてたかよく覚えていないですが、蒸溜所の標高は315mとたしかに車で坂を登った記憶はあります

ネッシーで有名なネス湖の近くでした。コロナの影響で蒸溜所見学はできませんでしたが、ネス湖見れたからいいんだもん

ボトルを眺めてみる

⬆︎ボトル全体

⬆︎正面ラベル

⬆︎トップはコルク式ですね♪

 

それでは…
いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村’sコメント

「トマーティン レガシー」…

実際の仕上がりはどうかのぉ???

たのしみたのしみ…

トマーティン レガシーの香りは?👃

実際に香りをかいでみるぞい!
くんかっ…..くんかっ……………..

おぉ…………

 

弾けたレモン果汁、、、

レモンキャンディー、、、

ユリやスミレのようなフローラルさ、、、

少しミルキーな印象、、、

アルコールの刺激がほどよく心地よい、、、

甘酒のような甘い麹感、、、

青春とロリテイスト、、、

若くフレッシュなバター、、、

若葉やそよ風を思わす清々しさ、、、

桃のシーブリーズ、、、

湿った木の根っこ、、、

ほのかにバタークッキー、、、

果汁10%グレープフルーツジュース、、、

ナタデココの入った柑橘系ゼリー、、、

ジューシー&フレッシュでありながら滑らかな印象も、、、

ほんのかすかにミント、、、

潰したイチゴ、、、

トマーティン レガシーの味は?👅

実際に味わってみるんじゃ!
すーっ………………

ごくんっ……..んんん……..

 

レモンキャンディー、、、

わたがしのようなふんわりとした砂糖の甘さ、、、

チリっとさせるスパイシーさ、、、

青葉が風でそよぐ、、、

ミルキーはママの味感、、、

かなり優しく穏やかな味わい、、、

柑橘らしい酸味は香りからほどは感じない、、、

ほのかに南国テイスト、、、

アルコールの苦味がほのかにある、、、

トマーティン レガシーのまとめ📝

今日は「トマーティン レガシー」をご紹介しましたぞいっ♪
今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

香りで感じた第一印象はすっきりとしたレモン、レモンキャンディーのようなフレッシュさとポップさを心地よく感じました

系統として似ていると考えたベンネヴィス10年と飲み比べてみたがまるで違った…

ベンネヴィスよりもかなり軽やかな印象、清々しい香りと味わい。

香りの印象ほど味わいに酸味は感じられず、甘やかな全体的印象でした

初心者へのおすすめとしてかなりイメージが湧く銘柄

独特なクセらしさをほとんど感じることがなく、素直な仕上がりだと感じられました!

 

✂︎—————————————–

トマーティン レガシーのおすすめの飲み方は?

まずはじっくりストレートで味わってみてもらいたいんじゃ!ハイボールもうまかったぞい!

 

✂︎—————————————–

トマーティン レガシーネット販売価格は?

Amazonや楽天市場でのチェックはこちらから👇

 

「トマーティン レガシー」

試すも試さないも、あなたの自由ですっ^ ^

バーや酒屋さんなどで見かけた際はぜひ試してみては?

 

以上、ウイスキー藤村でした!
すばらしきウイスキー人生を〜♪🥃

 

✂︎—————————————–

P.S.🥃

トマーティンのカスクストレングス飲んでみてぇ

フォローはご自由にどーぞっ^ ^

 

おすすめの関連ウイスキー

>>>「トマーティン12年」

トマーティンの年数表記は12年から!

>>>「ベンネヴィス10年」

隠された銘品。ニッカウヰスキーが所持するスコットランド蒸溜所。あまり知られてないけど意外と買えちゃう!?

✂︎—————————————–

 

 

<詳細データ>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:ハイランド
◯販売元:国分グループ
◯蒸溜所:トマーティン蒸溜所
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:43%

—————————————–

<個人的テイスティングメモ>

◯試飲量:15ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:グレンケアン

👀色:明るい黄色

👃香り:弾けたレモン果汁、レモンキャンディー、ユリやスミレのようなフローラルさ、少しミルキーな印象、アルコールの刺激がほどよく心地よい、甘酒のような甘い麹感、青春とロリテイスト、若くフレッシュなバター、若葉やそよ風を思わす清々しさ、桃のシーブリーズ、湿った木の根っこ、ほのかにバタークッキー、果汁10%グレープフルーツジュース、ナタデココの入った柑橘系ゼリー、ジューシー&フレッシュでありながら滑らかな印象も、ほんのかすかにミント、潰したイチゴ

💪ボディ:ライトミディアム

👅味:レモンキャンディー、わたがしのようなふんわりとした砂糖の甘さ、チリっとさせるスパイシーさ、青葉が風でそよぐ、ミルキーはママの味感、かなり優しく穏やかな味わい、柑橘らしい酸味は香りからほどは感じない、ほのかに南国テイスト、アルコールの苦味がほのかにある、

🎵余韻:すっきりとしていてほどよく続く

✍️総評:香りで感じた第一印象はすっきりとしたレモン、レモンキャンディーのようなフレッシュさとポップさを心地よく感じた。系統として似ていると考えたベンネヴィス10年と飲み比べてみたがまるで違った。ベンネヴィスよりもかなり軽やかな印象、清々しい香りと味わい。香りの印象ほど味わいに酸味は感じられず、甘やかな全体的な印象だった。初心者へのおすすめとしてかなりイメージが湧く。独特なクセらしさをほとんど感じることがなく、素直な仕上がりだと感じられた

 

✂︎—————————————–

<公式テイスティングノート>

記載なし

おすすめのウイスキーグラス

いつもテイスティングの際に使っているもので、スコットランドと日本では最も広く使われていますよ!

ふたつきで足つきなテイスティンググラス。少し贅沢な気分になりたいときにぴったり!

こちらは以前記事にも書いてる氷が解けないタンブラー。テーブルの上が濡れたりしないので利便性よしでお気に入りです!

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊。これからウイスキーを飲んで行きたい人向け

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑ですね!

ブレンデッドウイスキーを幅広くおさえた図鑑。パラパラとめくりながら、何も考えずに飲むウイスキーが最高…

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る。化学式とかに萌えいちゃうような理系ヲタ気質の方にオススメ!

響30年や山崎50年を手がけた、世界的ブレンダーであるサントリーの名誉チーフブレンダー輿水清一氏による一冊。輿水氏のウイスキー観について知ることができる良書です!

スコットランド蒸溜所についてまとめた一冊。目白田中屋の栗林さんにおすすめされた。旅のお供にあると便利かも〜

ジャパニーズウイスキーの歴史や蒸溜所情報について、日本人でない立場でありながら多大な熱量でまとめ上げられた渾身の一冊。情報量も重量感も超ヘビー級w
The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼