[ウイスキー図鑑]クライヌリッシュ14年(CLYNELISH)

こんちは、ふじむです。

今回ご紹介させて頂くのは『クライヌリッシュ14年』です

最初の印象はツンとしたマスタードのようなスパイシーなパンチ

ハチミツのような甘さを主に感じました

開封してから半分ほど飲み進めてきましたが、マイルドに甘みが引き立っている感じ

ボトルに描かれているのは山猫(ワイルドキャット)➔野良猫ってこと??笑

今でもハイランドの山奥には棲息しているそうな

蒸溜所を建設したサザーランド公爵の副紋章がこの山猫なんだとか

動物がラベルに描かれていると、途端にキャッチーで記憶に残りやすくなりますね

 

『クライヌリッシュ14年』の基本データ

蒸溜所の場所は?

スコットランド 北ハイランドに設立

アルコール度数は?

46%

貯蔵樽は?

バーボン樽、シェリー樽

分類は?

シングルモルト

ブレンド銘柄は?

ジョニーウォーカー等

輸入元は?

『クライヌリッシュ14年』テイスティングノート

色は?

やや濃いゴールド

香りは?

モルト感。アルコール感がかなり目立つ感じがする(開栓直後だけだったかもしれない)。ハチミツ感
少し時間が経つと、アルコールが飛んで、甘さがはっきりみつけられる

味は?

甘さが目立ちます。後味に苦味がしっかり舌に残る感じがする

『クライヌリッシュ14年』の口コミ&嗜む人々Tweet

『クライヌリッシュ14年』のまとめ

今回は『クライヌリッシュ14年』を特集しました

クライヌリッシュ14年は、年数の割りにまだ低価格帯であり、1番好きな一本としてあげるかたが多いがすさまじいですね

あまりメジャーではないかと勝手に思っていましたが、広く親しまれていることが最近になってわかってきました

開封直後と、少し経ってからの印象がだいぶ違う一本

これからも少しづつ、どんな表情をするのか、見ていきたいと思います

ふじむ

『クライヌリッシュ14年』の価格帯

2017年11月現在 約5000円

 

参考資料

↑86ページに記載

↑186ページに記載

↑ウイスキーの魅力がこの一冊で大いに伝わる、大変な良書です

※記事内容は随時更新していきます※

The following two tabs change content below.

ふじむ

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。自分の生き方を通じて、可能性を届けることを生業にしています。 ・3分で読めるブロガーふじむのプロフィール

▼この記事を今すぐSNSでシェアする!▼

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガーのふじむです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。自分の生き方を通じて、可能性を届けることを生業にしています。 ・3分で読めるブロガーふじむのプロフィール