アンダーソンクラブ15年 / ANDERSON CLUB Aged 15 years

はいこんちゃ、

ウイスキー藤村です!

今日は!

 

アンダーソンクラブ15年

のご紹介です!

 

(詳細だけサクッと知りたい方はこちらから下にぶっ飛べます)

✂︎—————————————–

 
▼依頼や質問はTwitter(メイン運用)のDMから
https://mobile.twitter.com/whiskyfujimura

▼納税者限定裏アカ(条件はプロフに記載)
https://mobile.twitter.com/whiskeyfujimura

▼YouTubeライブで22:30からライブ配信
https://www.youtube.com/channel/UCL8aAjxPdweAGB98YUCRPHA

▼欲しいウイスキーリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3TGHGW7XGU4HY?ref_=wl_share

▼投げ銭はLINE Payから
https://line.me/ti/p/lQg8GSoqsl

✂︎—————————————–

アンダーソンクラブ15年はどこで買えるの?

現在は終売品となっております

実店舗で見ることはほとんどなく、ネット販売でもかなり希少でした

ネット販売やフリマアプリでは5,000〜20,000円台とかなり広い価格範囲で取引されていました

最近はそもそもの出展数がかなり少ないみたいでした。酒屋さんで見つけたらお宝発見です

アンダーソンクラブ15年とは?

情報・記載ほとんどなし

今回レビューしていく銘柄は、きのう記事をあげた「アンダーソンクラブ10年」の長期熟成銘柄になります

ヘブンヒル蒸溜所からの銘柄だそうです

こちらもアンダーソンクラブ10年と同様、ネット上にほとんど情報が上がってこない銘柄でした

少なからずわかっていることについては前回の記事に書いてありますのでよかったらどうぞ!

⬆︎そんでもって10年と15年の色味を比べてみたのですが、結構違う…

バーボンウイスキーでは7,8年熟成させるものが一番多いらしく、長期間熟成させると新樽の影響を受けすぎてえぐみがでるんだそうな

そんな中、今回の銘柄はなんと15年熟成!バーボンとしてはかなり長期熟成と言えます

これまでぼく自身が飲んできた銘柄のなかでは一番長期熟成のバーボンウイスキーでした

ボトルを眺めてみる

かなり見た目は古びてしまっていますがそれもまたいい…味わい深い…

⬆︎正面ラベル。よくよく見てみると「ANDERSON CLUB DISTILLiNG CAMPANY」って書いてますな

ヘブンヒル蒸溜所で造られているのは間違いなさそうなんですが、会社として当時どういったものだったのかは正直よくわかりません…😣

⬆︎正面から右側ラベル

⬆︎正面から左側ラベル。ヘブンヒル蒸溜所のイラスト

⬆︎トップはスクリュー式ですね♪

 

それでは…
いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村’sコメント

「アンダーソンクラブ15年」…

実際の仕上がりはどうかのぉ???

たのしみたのしみ…

アンダーソンクラブ15年の香りは?👃

実際に香りをかいでみるぞい!
くんかっ…..くんかっ……………..

おぉ…………


生ハム…マスクメロン…しょうゆらしいコク…みたらし…100%りんごジュース…落ち着いた紅茶の甘さ…ブラックペッパー…スパイシー…バニラ…木の香味…土っぽさ…

 

香りだちは強め…

第一印象は生ハムメロンのしょうゆ的なコクあり…

まず甘くコクのある香りがとても好印象…

みたらしのような日本人の心にたまらなくなじむ香り…

フルーティな完熟トロッとマスクメロン…

濃縮100%のりんごジュースのようなジューシーさも感じられる…

紅茶の甘さが落ち着いた表情でゆったりとしている…

ブラックペッパーのスパイシーさが旨みやコクを引き立たせている…

樽由来のスパイシーさはバニラらしい甘さと手を取りあってそばにいる…

香ばしい木の香味やかすかな土っぽさが豊かであり、表現の幅に広さを与えている…

 

✂︎—————————————–

 

コクがありフルーティさもあって不思議な感覚です

バーボンに比較的ありがちなわんぱくさ、荒々しいスパイシーさ、乾いた木を荒削りしたようなニュアンスはさほどなく、

深みのあるコク、じんわりと響くスパイシーさ、妖艶さが感じられ、「アンダーソンクラブ10年」の魅力をさらに増したような…

アンダーソンクラブ15年の味は?👅

実際に味わってみるんじゃ!
すーっ………………

ごくんっ……..んんん……..

 

高級な紅茶味のアメ…インドのチャイティー…複雑なスパイス感…カラメリゼされた桃やオレンジ…とろけたミルクチョコレート…バニラ…

舌へのアタックは控えめ…

第一印象は高級な紅茶味のアメ…

口当たりがとてもなめらかでアメを舐めているような感覚…

インドのチャイティーのような複雑なスパイスが効いているような感覚…

カラメリゼされた桃やオレンジのフルーティーさがとても上品…

とろけたミルクチョコレートのようなコクがなんとも味わい深い…

バニラの甘さと木の焼けた香ばしさは近くの場所から滲み出していて、両極端のようで、同じもののようにも感じる不思議…

 

✂︎—————————————–

 

複雑さにはインドのチャイのように感じられてやっぱり優雅さが…

何度も書くようですが紅茶のようにも感じるのはもはや間違いありません…(個人的感想)

10年と比べて、より深みを増したアンダーソンクラブ…

あぁ…最高すぎる…

アンダーソンクラブ15年のまとめ📝

今日は「アンダーソンクラブ15年」をご紹介しましたぞいっ♪
今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

アンダーソンクラブ10年と同様に、今までのバーボン観が完全に上書きされた感覚に陥りました

これもバーボンなのか、と思わせてくれるほどの気品に溢れた味わいになめらかな口当たり…

10年に比べて、より仕上がりに緻密さがでていて、明らかに品があり、

複雑なスパイス感からは本格派のインドチャイを思わせるかのような仕上がりです

小さな体積に、さまざまな味わいの片鱗が詰まりに詰まった素晴らしい仕上がりでした!

落ち着きたい冬の夜に、暖炉のそばで嗜むのにうってつけ…

今回のウイスキーも大満足みかんでした!

 

✂︎—————————————–

アンダーソンクラブ15年のおすすめの飲み方は?

こんなに贅沢なバーボンウイスキーは初めてじゃ!

出会えたあかつきには、ぜひぜひストレートで試してもらいたいぞ!

 

✂︎—————————————–

アンダーソンクラブ15年ネット販売価格は?

先にもお伝えしましたが今回の銘柄、現在は終売品となっております

実店舗で見ることはほとんどなく、ネット販売でもかなり希少でした

ネット販売やフリマアプリでは5,000〜20,000円台とかなり広い価格範囲で取引されていました

もし格安で見つけたらラッキー!

 

「アンダーソンクラブ15年」

試すも試さないも、あなたの自由ですっ^ ^

バーや酒屋さんなどで見かけた際はぜひ試してみては?

 

以上、ウイスキー藤村でした!
すばらしきウイスキー人生を〜♪🥃

 

✂︎—————————————–

P.S.🥃

最近バーボン熱が来ている!!

フォローはご自由にどーぞっ^ ^

 

おすすめの関連ウイスキー

>>>「アンダーソンクラブ10年

オールドバーボンの魅力を教えてくれる一本です!

✂︎—————————————–

 

<アンダーソンクラブ15年の詳細データ>

◯原産国:アメリカンウイスキー🇺🇸
◯区分と地域:ケンタッキー州バーズタウン
◯販売元:ヘブンヒルディスティラリー社
◯蒸溜所:ヘブンヒル蒸溜所
◯タイプ:バーボンウイスキー
◯原材料:グレーン、モルト
◯アルコール分:43%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン

✂︎—————————————–

<ウ藤のテイスティングノート>

◯外観:濃いめ茶色、粘性トロッと

◯香り:生ハム…マスクメロン…しょうゆらしいコク…みたらし…100%りんごジュース…落ち着いた紅茶の甘さ…ブラックペッパー…スパイシー…バニラ…木の香味…土っぽさ…

香りだちは強め…第一印象は生ハムメロンのしょうゆ的なコクあり…まず甘くコクのある香りがとても好印象…みたらしのような日本人の心にたまらなくなじむ香り…フルーティな完熟トロッとマスクメロン…濃縮100%のりんごジュースのようなジューシーさも感じられる…紅茶の甘さが落ち着いた表情でゆったりとしている…ブラックペッパーのスパイシーさが旨みやコクを引き立たせている…樽由来のスパイシーさはバニラらしい甘さと手を取りあってそばにいる…香ばしい木の香味やかすかな土っぽさが豊かであり、表現の幅に広さを与えている…

◯ボディ:フル

◯味:高級な紅茶味のアメ…インドのチャイティー…複雑なスパイス感…カラメリゼされた桃やオレンジ…とろけたミルクチョコレート…バニラ…

舌へのアタックは控えめ…第一印象は高級な紅茶味のアメ…口当たりがとてもなめらかでアメを舐めているような感覚…インドのチャイティーのような複雑なスパイスが効いているような感覚…カラメリゼされた桃やオレンジのフルーティーさがとても上品…とろけたミルクチョコレートのようなコクがなんとも味わい深い…バニラの甘さと木の焼けた香ばしさは近くの場所から滲み出していて、両極端のようで、同じもののようにも感じる不思議…

◯余韻:長い

◯総評:アンダーソン10年と同様に、今までのバーボン観が完全に上書きされた。これもバーボンなのか、と思わせてくれるほどの気品に溢れた味わいになめらかな口当たり。10年に比べて、より仕上がりに緻密さがでていて、明らかに品があった。複雑なスパイス感からは本格派のインドチャイを思わせるかのような仕上がり。小さな場所に、さまざまな味わいの要素がつつまりに詰まった素晴らしい仕上がりだった。落ち着きたい冬の夜に、暖炉のそばで嗜むのにうってつけ

◯個人的評価:80点/100点

✂︎—————————————–

<公式テイスティングノート>

記載なし

おすすめのウイスキーグラス

いつもテイスティングの際に使っているもので、スコットランドと日本では最も広く使われていますよ!

ふたつきで足つきなテイスティンググラス。少し贅沢な気分になりたいときにぴったり!

created by Rinker
¥2,750 (2020/10/23 23:28:45時点 楽天市場調べ-詳細)
こちらは以前記事にも書いてる氷が解けないタンブラー。テーブルの上が濡れたりしないので利便性よしでお気に入りです!

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊。これからウイスキーを飲んで行きたい人向け

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑ですね!

ブレンデッドウイスキーを幅広くおさえた図鑑。パラパラとめくりながら、何も考えずに飲むウイスキーが最高…

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る。化学式とかに萌えいちゃうような理系ヲタ気質の方にオススメ!

響30年や山崎50年を手がけた、世界的ブレンダーであるサントリーの名誉チーフブレンダー輿水清一氏による一冊。輿水氏のウイスキー観について知ることができる良書です!

スコットランド蒸溜所についてまとめた一冊。目白田中屋の栗林さんにおすすめされた。旅のお供にあると便利かも〜

ジャパニーズウイスキーの歴史や蒸溜所情報について、日本人でない立場でありながら多大な熱量でまとめ上げられた渾身の一冊。情報量も重量感も超ヘビー級w
The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼