カリラ12年〜力強い!アイラの巨人ウイスキー〜

スポンサーリンク

こんちは!ウイスキー藤村です

今回は『カリラ12年』をご紹介いたします!

カリラ12年(CAOL ILA)

ジョニーウォーカー』のキーモルトである。

アイラモルトの入門として挙げられることが多い。

現在はアイラ島で最大の生産量を誇るシングルモルトですが、シングルモルトとしての発売は2001年からと、意外に最近です

関連記事>>>[アイラ島]聖なる島8つのウイスキーを徹底総まとめ!あなたの好みはどのシングルモルト?

スポンサーリンク

『カリラ12年』の味や香りなど

ホワイトゴールド
香り スモーキーの中にヨードの香り。ピーティー
 ライトな味わい。フィニッシュはドライでスパイシー

 

感想の追記(2018年1月5日)

同じアイラ島のラガブーリンとは違ってガツンとパンチ力がある感じ

スパイシーなのはあらびきなブラックペッパー?

甘さがほんのり感じ取れます

関連記事>>>[銘酒]ラガブーリン16年が僕のもっとも愛するウイスキーである理由

関連記事>>>[アイラ島]聖なる島8つのウイスキーを徹底総まとめ!あなたの好みはどのシングルモルト?

スポンサーリンク

カリラ12年のまとめ

カリラはバーに名前がついていたりするほど、魅力的な1本です

関連Bar>>>バー「カリラ

力強いアイラモルトを体験したいかたは、是非試してみてはいかがでしょうか?

商品名 カリラ12年
容量 700mL
種別 シングルモルト
生産国 スコットランド
アルコール度数 43度
価格帯 3700〜4700円
ブレンド銘柄 ジョニーウォーカー
所有者 モエ・ヘネシー・ディアジオ
ひとことコメント 男気あふれた力強い一本!

参考資料

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール

▼この記事を今すぐシェア!▼