グレンフィディック15年 ディスティラリーエディション




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、池袋にあるショットバー

もるとやさんにて頂いた、、、

グレンフィディック15年
ディスティラリーエディション

をご紹介します!

 

(⬇︎少しだけ蒸溜所に行った気分になれる2分20秒の短編動画#蒸溜所ダイジェストツイッターにて配信!)

グレンフィディック15年 ディスティラリーエディション

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

グレンフィディック15年 ディスティラリーエディションとは

アメリカンオーク樽とヨーロピアンオーク樽で15年以上熟成したモルト原酒をヴァッティングしました。

フローラルな香りと、ほどよいスパイシーさが感じられる口当たりが特長で、甘く絹のような滑らかな後味が続きます。

アルコール度数51度、ノンチル・フィルタード(冷却ろ過をしない)で仕上げることで、原酒本来の繊細な味わいをよりお楽しみいただけます。

パッケージには、伝統あるグレンフィディック蒸溜所を描かれています。

■味わいの特徴:花のような、クリーミー。スムース、程よくスパイシー。甘く絹のようになめらか。-Amazon商品紹介より

対応してくれたバーテンダーの方が見たことなかったと言っていたこのラインナップ

確かにみたことないし、本場の蒸溜所でもみた記憶がないグレンフィディックでした、、、たぶん、、、

みたことがなグレンフィディックの「15年」

通常のラインナップにはグレンフィディック15年は褐色のラベルデザインのものがありますが、そちらは継ぎ足して中身を空にすることなく貯蔵を続ける、「ソレラ樽」という巨大な貯蔵樽に入れたものです

それにひきかえ今日のウイスキーはアルコール度数が51%と高く、ノンチルフィルタードというウイスキーないの成分除去をしないこだわりの銘柄、、、

これは期待できる、、、

蒸溜所の景色がプリントされています、、、

トップは式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

何気にグレンフィディックは「グレンフィディック12年」以来のテイスティングになりますね

バーテンダーの方も言ってたんですが、スタンダードに楽しめる銘柄といってもバカにならない。たまに飲んでみるとやっぱりおいしいんだよね、という話

基本に忠実、スコッチの原点。ほんとすごいんだよなぁグレンフィディックは、、、

さて、実際の仕上がりはどうなんでしょうか、、、

たのしみたのしみ、、、

グレンフィディック15年 ディスティラリーエディションの香り

実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

想像以上にフルーティだなぁ、、、???いろんなフルーツが抱き合って混ざり合っている、、、

まず最初に感じたのがちょっと意外だった巨峰らしさ、、、最近たべたアイスの実のぶどう味を瞬時におもいだしたなぁ、、、

また、木いちごやレーズンのような甘さととろみを感じます、、、15年ものの銘柄ですから20代半ばほどどのお姉さんの落ち着き具合を感じる、、、

香ばしくナッツの香りは厚みを生み出して香りの幅を利かせているよう、、、香りの肉付きをよくしてくれているイメージがあります

ほのかにプラスチックのようなニュアンスを感じたんですが、少し奥に探っていくとフローラルともとれるような香りの仕方、、、少し個性的な香りがして嬉しくなりました、、、クセっぽさだいすき、、、

生乾きの干し草のようなニュアンスもあるなぁ、、、草木の香味を感じる感じる草原感が素朴だ、、、

削りたてのえんぴつのようなはっきりとした木の香味に抱きついてきたのはバターらしい乳性で、完全にぎゅーっと距離を詰めているのが見えています、、、仲良しか、、、

ほんのり柑橘感を感じたと思ったのは火の通ったマーマレードのようなじゅくっとさせたオレンジ、、、

とろりとフルーティで様々な木やモルトの香ばしさが魅力的なウイスキーですね、、、

グレンフィディック15年 ディスティラリーエディションの味

実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

おぉ、やっぱりいる気がするなぁ巨峰、、、!!てかめっちゃうまぁだなこの子、、、なめてかかると意外とやるやつだぁ、、、

まず口当たりは巨峰のようなフルーティさ、、、フレッシュであり、ジューシー、トロッとしていて官能的なオトナの味わい、、、あぁたまらん、、、

香り同様木いちごらしさわレーズンらしさもしっかりと感じます、、、

そして香りでは感じなかった意外な一面が、思った以上に白桃やオレンジのようなトロピカルテイストがあるんですよね、、、

パイナップルの缶詰らしさもあるなぁ、、、そんな陽気な味わいの印象もある、、、

オトナクールビューティだと思っていたけどそれだけではなさそうだ、、、裏切ったなぁ、、、嬉しい、、、

そして味わいの奥の方を探っていくと気がついたのはカカオらしいオトナのほろ苦さ、、、

そこかは引っ張られてきたか、樽の内側を焼いたような木の焦げみを程よく感じる、、、

甘酸っぱさはなんだろう、、、何かしらじゅくっとしたプラムかなにかの甘酸っぱさ、、、

その後にくるのは樽由来のスパイシーさ、、、最後に魅せてきた情熱的な表情、、、うちなるものを抱えていたんだなぁ、、、

情熱的なスパイシーさに焦がされたか、舌にジリジリとした後に残るざらつきが印象的、、、

大人しく魅せておいて実は感情的、笑ったその顔の奥には意思のようなものを感じる熱さがあり、意外性がすごかった、、、

グレンフィディック。オフィシャルボトルでもまだまだ分からないことたくさん!

とってもおいしいウイスキーに満足まんぞく、、、

スポンサーリンク



グレンフィディック15年 ディスティラリーエディションのまとめ


今日は「グレンフィディック15年 ディスティラリーエディション」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

Amazon価格で6,047円(税込)。

 

「グレンフィディック15年 ディスティラリーエディション」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「グレンフィディック12年

 

<グレンフィディック15年 ディスティラリーエディション>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:スペイサイド
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:51%
◯試飲量:30ml
◯グラス:テイスティンググラス

<テイスティングノート>
◯色:褐色にちかい深いゴールド

◯香り:巨峰のようなフルーティさ、木いちごのようなレーズンの甘さととろみ、香ばしくナッツらしい、ほのかにプラスチック、生乾きの干し草の風味、削りたてのえんぴつに抱きついたバター、マーマレードのような火の通った柑橘感、

◯ボディ:ミディアム〜フル

◯味:巨峰のようなフルーティさ、レーズンのとろみのある甘さ、白桃やオレンジのようなトロピカルなフルーティさ、缶詰のパイナップル、奥に深煎りにカカオのほろ苦さ、樽の内側の焼き目を感じる、熟っとさせた甘酸っぱさ、その後にくる情熱的なスパイシーさ、舌に残るざらつき

◯フィニッシュ:熟っとしたはちみつの甘さが

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼