オールドプルトニー クリッパー




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、

オールドプルトニー クリッパー

をご紹介します!

オールドプルトニー クリッパー

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

オールドプルトニー クリッパーとは

【オールド・プルトニー蒸留所について】
オールドプルトニー蒸溜所はスコットランド北部の港町、ウイックにあり、1826年に創業しています。

ウイックはヨーロッパでも有数の豊かな港で、ニシン漁で知られていました。

港町で熟成された事により、どのヴィンテージにも微かな潮味が感じられます。アイラモルトが好きな方にお勧めです。

ボトルの特徴的な曲線、首のふくらみはプルトニー蒸留所独特の銅製ポットスチルをイメージして造られています。

オールド・プルトニーのリミテッド・エディション『クリッパー』は「クリッパー 世界1週ヨットレース」の開催を記念してリリース。

ナチュラルカラー、ノンチルフィルターにてボトリングされています。

シェリー樽原酒による豊かな味わいが魅力です。 –Amazon商品紹介より

以前酒屋さんで試飲させてもらって以来の「オールドプルトニー」、、、

魔人ブウだなぁとか、ルフィがそんな攻撃してたなぁとか、勝手に思っていたボトルフォルムはポットスチルが元なんですね。言われてみればそんなかたちしてる、、、

ヨットレースを記念して作られたボトル

「ちょっと珍しいけど、酒屋さんで手に入る、すっきりとしたウイスキー」ということで選んでもらった今回のオールドプルトニー クリッパー

みたことなかったんですけど、多分オールドプルトニーにセンサーがはれてなかったんだろうな、、、

紙ラベルではなくプリントされたフォントのおかげで美しいウイスキーがよく見えるぜ、、、

ディスティラリーマスターのサインがプリントされています。ただし低学歴なのでヨメマセン、、、調べよう、、、

ヨットのマーク。「クリッパー」は小型ヨットの種類らしいです

こーゆうのいいですよね。前に「石ノ森章太郎 生誕80周年記念 カリラ6年」の時もそうだったのですが、ラベルデザインとかコンセプトから新しい興味がわくって、、、素敵、、、

サイボーグ009見始めちゃってますもん。ちょっとヨットレースのこと調べてみよ〜っ

トップはコルク式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

オールドプルトニーは今まで機会なくて、あんまり触れてこなかった銘柄だったのですが、話を聞く限りこのウイスキー、なかなかいいらしい、、、

実際はどんな仕上がりなのでしょうか、、、?

たのしみたのしみ、、、

オールドプルトニー クリッパーの香り

実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

すっきりとしていて、爽やかな印象がある、、、海辺で風を感じるようだなぁ、、、

まず感じたのは清涼感です、、、なにかのハーブのよう、、、すーっとする感覚が心地よく香ってきます、、、

そんな爽やかさにのせてフルーティな香りがやってきた、、、これはレモンのようなフレッシュさ、、、さっぱりとするなぁ、、、

ただすーっとするだけではないなぁ?と感じ、そこからわかってきたのがマスカットのような、果汁したたるジューシーなイメージ、、、

掘れば掘るほど濃密さが上がってくるイメージ、、、蜜の溢れたはちみつの巣ような甘さに気がついてくる、、、

ミルクチョコレートのような淡くも優しげな香りがしてきました、、、スイーツ感もあるようだぞ、、、

そしてさらに奥の方へ探っていくと見えてきたのはチリチリとさせるスパイシーさ、、、

胡椒っぽいのか、木味っぽいのか、、、

繊細な刺激が奥の方からやってきました、、、

そしてここまでフルーティでさっぱりとさせていたイメージからかわり、実態をつかんだような気がし、そこにいたのはすりつぶしたナッツのようなマイルドさ、、、厚みがある、、、

オールドプルトニー クリッパーの味

実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

おぉ、フルーティさだけじゃなく、華やかな印象がさらに強まった気が、、、!!

まず感じたのは、香りでは認識しきれなかったフローラルな印象でした、、、まるで白い花のように可憐な香り、、、

軽やかさが全体的あり、優しく舌なぞるのは、柔らかいはちみつのような味わい、、、心地よい、、、

カカオのようなほろ苦さを感じたのを少し疑ったのだけれど確かにいる、、、ほのかに脇役として、だけど全体を見守るように佇んでいるよう、、、

塩みだ、、、潮らしさを感じる、、、あっ!ヨットレースの記念ボトル!!感じるぞ疾走感、、、感じるぞ海のしぶき、、、

はじけるような印象はヨットを走らせる波しぶきのように軽快に、飛び出してくるのは微炭酸のような刺激、、、

よもぎのような甘さとほろ苦さのバランスを感じる、、、あとなってきて気づく意外な表情、、、

甘くフルーティな味わいに酔いしれていたのか、あとになってからわかってきたプラムのような甘酸っぱい味わいに、全体が引き締められているよう、、、

全体的に軽やかで爽快、フルーティで厚みもある

海の映像を見せて、飲み手にすっきりとした心地を与えくれる、そんなウイスキーでした、、、

満足まんぞく、、、

スポンサーリンク



オールドプルトニー クリッパーのまとめ


今日は「オールドプルトニー クリッパー」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

Amazon価格で7,015円(税込)。

 

「オールドプルトニー クリッパー」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

<オールドプルトニー クリッパー>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:ハイランド
◯タイプ:シングルモルト
◯原材料:モルト
◯アルコール分:46%
◯試飲量:30ml
◯グラス:テイスティンググラス

<テイスティングノート>
◯色:明るいゴールド

◯香:ハーブの清涼感、レモンのような果汁感、マスカットのようなフルーティさ、蜜の溢れた蜂の巣、ホワイトチョコレートのように淡く甘い、奥の方にチリチリとスパイシー、ほのかにナッツのようなコク感

◯ボディ:ミディアム

◯味:白い花のようにフローラル、バニラのようにミルキーで華やか、軽やかなでなめらかなはちみつの甘さ、カカオのほろ苦さ、チリチリと舌をあたためる、ほのかに潮っぽさ、微炭酸のように弾ける、よもぎのような甘さとほろ苦さ、少しおくれて甘酸っぱいプラムの酸味

◯フィニッシュ:なめらかな甘さにチリチリとさせたスパイシーが続く

<公式テイスティングノート>
◯色:つやのあるゴールド。

◯香り:ドライフルーツの甘さと青リンゴのシャキッとした感じに、フレッシュバニラそしてホワイトチョコレートのノートが添えられる。

◯味わい:ハチミツとオレンジの皮、丸みのあるオーク材のストラクチャーと紛れもない海岸のノートがオールド・プルトニーを他と区別する。

◯フィニッシュ:スムーズで長く続く。

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

最新記事 by ウイスキー藤村 (全て見る)

▼この記事を今すぐシェア!▼