ザ・モルトマン レダイグ20年 1997




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、

ザ・モルトマン レダイグ20年 1997

をご紹介します!

 

(⬇︎手軽に見れちゃう#ウイスキーレビュープチはツイッターにて更新中!)

ザ・モルトマン レダイグ20年 1997

一部酒屋さん、ネット通販にて購入できます

ザ・モルトマン レダイグ20年 1997とは

ザ・モルトマン。 ハート・ブラザーズ社の経験が生かされた新進気鋭のブランド。

兄のアリステアと共に勤めたハート・ブラザーズ社時代を含め、ウイスキー産業で45年を越える経験をもつドナルド・ハートがハート・ブラザーズのブランドを譲渡後、息子のアンドリューと共に2009年グラスゴーで立ち上げた新しいボトラー。

信濃屋が現地グラスゴーにて、生産者と共に厳選が重ねられ実現した今回の1樽は、マル島・トバモリー蒸留所のピーテッドタイプの原酒となるレダイグ。

ショートエイジが多い中、20年以上の熟成を経たレダイグはピートの溶け込み方が格別で、まさにポストアイラになり得る原酒としてお薦めしたい1本。

リリースも少なくなりつつある1990年代原酒の熟成感を感じていただきたい1本。
SHINANOYA NET SHOPより

いつしかどこかのバーで飲んで以来の「レダイグ」、、、名前つよそうだよね、、、

最近はボトラーズ銘柄にもちょくちょく手をだして、色んなウイスキーを体験しています

そして今回のボトラーズは「ザ・モルトマン」

「よくみるよくみるー!!」となる銘柄ではありますが、実際に飲んでみるのは初めてになります

規律あるシックなラベルデザイン

シックなイメージで、シュッと背筋が伸びたように美しい立ち姿を見せてくれているデザイン、、、

絶対に育ちがいいんだと思うのこの子、、、

中央には「LEDAIG」の文字と熟成年数の「20」が浮き出るような存在感を醸し出していますね、、、

ここに「ザ・モルトマン」の証であるロゴマーク、、、かっちょいい、、、

トップはコルク式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

自身初のザ・モルトマンのボトル、、、

しかも信濃屋のプライベートボトルも初だったかもしれません(記憶力微弱)

レダイグの長期熟成、、、どんなしあがりなのか、、、

たのしみたのしみ、、、

ザ・モルトマン レダイグ20年 1997の香り

実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

柔らかく、甘しょっぱい香り、、、色んな要素が絡み合っていて完成度の高さを感じるなぁ、、、

まずはじめにうけた第一印象はオリーブオイルがかかって、スモーキーさを感じる生ハム、、、旨みをしっかりと感じる、、、

そして少し奥の方を探っていくと見えてきたのは、甘辛くも唾液を分泌させるような魅惑的で情熱的なチリソース、、、

一瞬エビチリが見えた気がするな、、、???

そして突如として、ふわっと広がったのはエールビールのようなフルーティさと、ほのかなほろ苦さ、、、

エビチリから引っ張られてきたのか酢豚の中にあるパイナップルのようなジューシーさを感じます、、、

空腹がそそられる香りなんだよなぁ、、、ぐっとくる、、、

ザ・モルトマン レダイグ20年 1997の味

実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

おぉ、想像以上にマイルドな口当たりで、やっぱり満足感があるどしっとした仕上がりだ、、、うめぇ、、、

まず感じたのはマイルドな口当たりでしたが、それはまるでバターのようなニュアンスです、、、ふわっと、ほわっと香るように、、、

甘しょっぱさがあるなぁと感じたのはまるでみたらし団子のような味わい、、、少し和風っぽさなのか、醤油の味わいなのか、そんなものを感じます、、、

香りで感じたほろ苦さはやっぱりビールのホップのようなフルーティさをともなったほろ苦さで、オトナの味わいへと変えていく、、、

どこか海鮮のようなニュアンスを感じたのはホタテのBBQのような香ばしく満足感のある特徴で、、、

潮っぽさ、旨み、そこにうまく混じりあう、、、最高、、、

てか、レダイグめっちゃうまい!!!

あんまり知らなかったけど、偶然の出会いに胸熱だなぁ、、、

これ、結構おすすめです。個人的に特に、めっちゃうまいなぁと思う銘柄でした、、、

そんなことより、やっぱりかわいい、、、

スポンサーリンク



ザ・モルトマン レダイグ20年 1997のまとめ


今日は「ザ・モルトマン レダイグ20年 1997」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

SHINANOYA NET SHOPで14,904円(税込)。

 

「ザ・モルトマン レダイグ20年 1997」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

<ザ・モルトマン レダイグ20年 1997>
◯原産国:スコットランド
◯タイプ:シングルモルト
◯原材料:モルト
◯アルコール分:51.2%

◯試飲量:30ml
◯グラス:グレンケアン クリスタル スタジオ コピータ
◯一緒に飲んだ人:ヒデイシ/イージー冒険家🧗‍♂️@whisukej

<テイスティングノート>
◯色:明るいゴールド

◯香り:オイリーな燻製生ハムのしっかりとした旨み、甘辛く唾液をよく分泌させるようなチリソース、刺身醤油のような複雑な甘しょっぱさとうまみ感、かぼちゃ煮物のような

◯ボディ:ミディアム

◯味:バターのなめらかな口当たり、甘しょっぱいみたらし、ホタテのBBQ、エールビールのようなフルーティさとほのかなほろ苦さ、酢豚のパイナップルのような酸味の存在感

◯フィニッシュ:甘く濃厚な燻製感と、塩っぽさに引き立てられたうまみが混じりあい長く続く

<スピリッツバイヤーズテイスティングノート>
◯香り:ディーゼルオイル、タール、包帯、燃えさし、煙草、新品の皮製品、奥から仄かに黄色いフルーツの香りとややミネラル。

◯味:牡蠣のスモーク、燻りがっこ、炭焼きロブスター、海藻、塩飴、オレンジやレモンの柑橘フルーツとエールビール。

◯フィニッシュ:貝の干物、トースト、薬品系のピートフレイバーと泥炭の煙が長く続く。

流通するレダイグの中では希少な存在となる20年熟成オーバー。

濃厚なディーゼル、タールのフレイバーは、アードベッグ好きには是非たお薦めしたい1本。現代における新たなレダイグの完成系の1つと言える1本。
(Tasted by スピリッツバイヤー 北梶)

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼