[ウイスキー図鑑]ラフロイグ25年 カスクストレングス〜超熟トロピカルスモーキー〜

スポンサーリンク

こんちゃ!ウイスキー藤村です

今回ご紹介、、、っというより、ご好意により貴重な体験ができた「ラフロイグ25年 カスクストレングス 2008」をご紹介します

ラフロイグ25年 カスクストレングス2008

アイラウイスキーのラフロイグは「Love or Hate」(大好きか、大嫌いか)を自ら示すアイラ島の王様です

僕が初めてラフロイグを飲んだのは、北千住のバーにてでした。たしか「ラフロイグ ロア」だったかなぁ

まだまだウイスキーに詳しくないって、話だったけれど、今思えばかなり無茶な選択してくれてますねw

ただその時印象が結果的によくて、そのままアイラウイスキーにはまっていったのは、流石バーテンダーさんといったところでしょう笑

ラベルはこんな感じ

ラフロイグはスコットランドで初めて、英国王室御用達のシングルモルトとして認定された経歴があります

チャールズ皇太子は実際に蒸留所に足を運び、新商品が出るたびに試飲されているとか。。。

紋章はダチョウの羽をあしらっていて、平和を意味するものになってるそうな

ラフロイグの特徴としては大変スモーキーなのですが25年の長期熟成はどうでしょうか??

実際に体験していきましょう

ラフロイグ25年 カスクストレングス2008のレビュー

、、、、おぉ、意外とスモーキーだけじゃないのが驚きです!

意外にもトロピカルな印象があります

自分がアイラのスモーキーになれてきてしまっているというのもありますが、これはなかなか複雑に響きあっている香りです

ラフロイグ10年はガツンと!男前って感じですが、25年の熟成を経て、陽気さが感じられます

「複雑さ」の中には何か、古本のような紙っぽさを感じるところがあります

そして、フルーティで、軽く発酵した酸味って感じです

味は、、、、、なるほど!やはり南国のフルーツのようなトロピカル感

酸味はオレンジやグレープフルーツです

香ばしい風味がありますが、これはなんだろうなぁ、、、。

ラフロイグのスモーキーで男らしいイメージとは違い、かなり陽気で暖かい印象の一本でした!

スポンサーリンク

 

中々飲める品物ではないので、今回ご好意で譲っていただいたのは本当に感謝です

オフィシャルボトルでも超熟となると、無職には全く手がだせませんから、大変機会に恵まれたと感じます

ラフロイグは現時点手元になかったので、10年を家に置いておきたいな。。。

基本を押さえとくと、長期熟成飲んだ時の感動が明らかに倍増しますもの

ラフロイグおそるべしです。これからもちょいちょい飲んで、よく知っていきたいと思います

ウイスキー藤村でした!

※アマゾンでは現在手にすることはできなくなっていますのでラフロイグ10年のリンクを貼っておきます

生産国スコットランド

商品名 ラフロイグ25年 カスクストレングス 2008
容量 700ml
種別 シングルモルト
アルコール度数 50.9%
価格帯 55000〜65000円
所有者 サントリー
ひとことコメント 甘いスモーキーで品良いトロピカルウイスキー!、、、とだけでは的確に表現できないw

▼ウイスキー藤村にウイスキー飲ませて、育ててください
>>>300円から投げ銭でウイスキー藤村を育てる

▼ブロガーとしてのメインアカウントです。フォローお願いします

▼ウイスキーの勉強用に飲んだウイスキー情報をつぶやいています

出会ったウイスキーを記録中!

ふじむのウイスキー図鑑

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール

▼この記事を今すぐシェア!▼

ABOUTこの記事をかいた人

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール