ザ・フェイマス・グラウス ファイネスト

こんばんわ!

ウイスキー藤村です!

今日は「30年もの間、スコットランドでNo. 1のシェアを誇る」銘柄「ザ・フェイマス・グラウス ファイネスト」をご紹介したいと思います

ザ・フェイマス・グラウス ファイネスト

全国の酒屋さん、スーパーにて販売されています。ラベルデザインだけでもみたことある方、多いのでは???

ザ・フェイマス・グラウスとは

「グラウス」とは「雷鳥」のことです。原産国のスコットランドの「国鳥」なんだとか。世界的銘酒である「ザ・マッカラン」や「ハイランドパーク」がブレンドに使われているそう…。おいしいに違いないやないかーい

「あの雷鳥の酒をくれ」

フェイマス・グラウスは発売当初(1896年)、単なる「Grouse(グラウス)」と呼ばれていたのですが、1905年からは現在の名前に変えています

大変な人気だったようで、「あの雷鳥の酒をくれ」と大勢の人が頼んだと伝説化したそうな。1984年には英国王室御用達の栄誉を授かっています。由緒正しき!

「雷鳥ラベル」の由来

そもそもはスコットランドの国鳥である雷鳥ですが、ウイスキーがリリースされた当時は「雷鳥狩り」が流行!それに目をつけた創業者が、その上流階級にアピールするためにネーミング、娘がラベルデザインを描いたことが始まりだとか…。経営センスすごっ…

その雷鳥のトレードマークはこんにちの製品にも受け継がれ、スコットランドからぼくらの手元に届けられています。伝統の一本だ…。

 

それでは…

いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村コメント

「マッカラン」や「ハイランドパーク」は「シェリー(ワインの一種)系」と呼ばれる甘い分類のウイスキーなので、フェイマス・グラウスもそんな甘い系統な味わいんでしょうかね…。ワクワクします…!!

柔らかく「スイートベリー」なフルーティさ


グラスから香ってくるのは甘いかおり…確かにマッカランを彷彿させるベリー系の香りです。

ただ、めちゃめちゃシェリーという感じでもないのがハイランドパークっぽさなのかも?

ハイランドパークという銘柄はスイートベリーな一面を持っているんですが、ガツン!っと力強さもあり、オネエなウイスキー(え?)です

色合いも黄金色っぽいのはハイランドパークにどことなく似ています

飲みやすさ満点!スムースな味わい

実際に味わってみると…おぉ!飲みやすいなぁ!

かおりのフルーティさが味わいにも乗ってきてスイート、とろける〜…。ほんのりスパイシーさも感じさせてくれるのですが、基本的は軽やかな印象です

華やかな印象はやっぱりシェリー由来で、まさにスコッチウイスキー!ハイボールが良さそうだなぁ…

さすが国鳥である雷鳥をラベルに採用する自信の一本、「フェイマス・グラウス」。スコッチブレンデッドウイスキー、恐るべしです…

Amazon価格で1,700円(税込)。改めて安すぎん?笑 スコッチウイスキーでもシングルモルト(原料が大麦だけ)は個性が強いので、ブレンデッドウイスキー、かつハイボールで一休みしたい時にもってこいの銘柄ですね

ハイボールにしてどんな食事に合うのか、これからも探っていこうと思います。楽しみだ…!!

ウイスキー藤村でした!

Have a enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

◯原産国:スコットランド🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
◯タイプ:ブレンデッドウイスキー
◯原材料:モルト、グレーン
◯アルコール分:40度
◯試飲量:30ml
◯グラス:グレンケアン

◯香り:ベリー系の甘い香り、フルーティ、アルコール感、ウッディ、ナッツ感

◯味:華やかな甘み、シェリー感、軽やか、ほんのりリンゴの爽やかさ

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

最新記事 by ウイスキー藤村 (全て見る)

タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼