【企画】ウイスキー「#100本送るまで帰りません」やります!(やってます!)

スポンサーリンク

めちゃくちゃ唐突に思いつきました

 

#100本送るまで帰れません

 

なんかばかっぽくていいなぁ

頭わるい感じがすごくすき

スポンサーリンク

 

ウイスキー「#100本送るまで帰れません」とは?

お金なし、勝算なし

でも「どうなるかわからないことをなにかしてみたいなー」って思って言い出してみました

↑とりあえず試しに、ブログの収益でウイスキーを買っておくってみる

↑買えるだけ、アマゾンで買って、送ってみる

↑でもお金がなくなったので、一時放置気味になる笑

路頭に迷うw

 

なぜ「あいまいなハウスに100本送りたい!」と考えたのか?

何がおこるかわからないから試してみたい

ウイスキーに全然興味がなかった人たちが「ウイスキー藤村」を介したとき、「どんなふうにウイスキーに興味をもってくれるのか?」に興味がある

「ウイスキー藤村」からだから、「せっかくなら、ウイスキーとちゃんと、向き合ってみようかな?」とか思うのかなぁ?なんて

「意外性」というところで、ウイスキーはみんなを驚かせられると思ってる

ワインやビールよりも比べたときの違いは大きくわかるはず

それにぼく自身、何度も感動してきた

好奇心旺盛なひとたちに、「奥が深いウイスキーの世界」を知ってもらえたらどうなるだろうか?

「使うことば」「モノの捉え方」「考え方」「表現」いろんなものを変えるんじゃないか?って思った

だから、とりあえず飲んでもらいたい

できるかわからないからやってみたい

できるとわかったものはどうしても気分が乗らない。作業的になってしまうな

「できるかできないかわからないこと」に取り組んでみたかった

ウイスキーって「経験値」みたいなもので「上下関係」が思わずできがちだ

ぼくはそれが「めっちゃイヤだった」というのが活動の大きな動機になっている

「いいボトル」を持ってる人が強い、「誰も飲んだことないボトル」を経験したことあるからえらい

そういったことがまったくなかったらいいのになぁって

ウイスキー飲んで、また新しく「なにか」を生み出した人がえらいとおもう。誰も考えつかなかった表現方法とか、インスパイアされて作品ができるとか

そういうのを生み出していきたいから「対等な関係」で、まずは誰がえらいとかでなく「気軽にウイスキーを体験できる場所」を作ってみたかった

スポンサーリンク

ウイスキーを奢ってもらい応援してもらう「新しいクラウドファンディング」の形へ

アマゾンほしいものリストでほしいウイスキーを公開して、ウイスキーを奢ってもらった

(たかちゃん@dx178 ほんとありがとう!)

お金を集めたところで結局ウイスキーにしか使わないので、「ウイスキー奢ってもらえばいいのでは?」という安易な発想w

 

「買ってくれたボトルには名前をつけておいて、あいまいなハウスで飲んだひとは、ツイッターでその人を広告する」

 

みたいな感じで「#ウイスキースポンサー」とかやると、良い循環でまわりそうな気がしてる

#100本送るまで帰れません」はプロジェクトであり、クラウドファンディングなのかもしれない

めっちゃ応援してほしいです

「あいまいなハウス」で、一緒にいろんなウイスキー飲みましょう!

 

あいまいなハウスにウイスキーを奢る>>>「ウイスキーほしいものリスト」

 

「#100本送るまで帰れません」のこれから

なにもわからないですw

でも今考えてるのは、やっぱり「たくさんの人にきてほしいなぁ」ということ

最初は「そんな大人数で飲んでもな〜」という気持ちがあったのですが、たくさんのウイスキー見てるうちに、「誰ふり構わず飲んでほしい」と思うようになってきた

多くのウイスキーラバーたちは、じぶんが楽しむためにお金を貯めて、ウイスキーを買うと思う

けれど、「じぶんのためにウイスキーを買うこと」に最近は飽きてきている

今までの微々たる数だけれど、買ったウイスキーも、みんなに飲んでもらいたいのでもっていく

見返りを求めない感じで、ウイスキーをガシガシ若い世代に体験させてみたい…!!

そんな「エゴ」が今はある

まだまだ日本に帰れそうにないので、「先に飲んでてもらう用」のウイスキーを送り込んでおいた

「あいまいなハウス」に遊びに行った人は是非飲んでほしいな

ハイボールにすると肉やカレーに超絶あって、まじで最高なんだぞ〜

だからきてね、カルピスとかコーラも送ったから、ウイスキー飲めなくても遊びにおいでよ

スポンサーリンク

「#100本送るまで帰れません」についての現状まとめ

とりあえずお金が入ればウイスキーを買う、そしてあいまいなハウスに送る

みんなでウイスキーを飲み比べて、楽しく話をする

そんなのが絶対にたのしいはずだから、じぶんの暮らしが多少 貧相になったって今はぜんぜんかまわない

みんなでたのしくウイスキーを飲むイメージをしながら、「どうしたら100本のウイスキーを集められるか?」を考える

 

どうやったらいいかわからなすぎるからやっぱおもしろい、やりがいがある

 

 

「どうやってやるんだろう?」という気持ちは、はたからみてるひとも、ぼくもおんなじですが、それも含めて一緒にたのしみましょうw

100本ものウイスキーがぼくらの手になかにあり、たくさんの違いをたのしむことができる…

いろいろと感じたことをありのまま、自由に言うのが楽しいことは、ぜったい間違いないから

その自信はある。だから応援してほしいんです🥃

 

 

「あいまいなハウス」(@aimainahouse )にウイスキーを奢る>>>「ウイスキーほしいものリスト」

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です。趣味ブロガーです。家電量販店で通信部門のエリアマネージャーをしていましたが退職し独立。好きなことだけをして生きることを目指しています。今年の6月にウイスキーの本場、スコットランド旅を企画しています。 ・3分で読めるウイスキー藤村のプロフィール
タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼