\\Twitterにて記事更新をお知らせ//

【レビュー】アラ ワイ キアウェ 51%の味と評価は?

こんにちは!ウイスキー藤村です!

今回は、「アラ ワイ キアウェ」をテイスティングしてみました!

【 アラ ワイ キアウェ】の商品紹介🗒


【アラ ワイ キアウェ】の詳細📝


【アラ ワイ キアウェ】の詳細📝

◯原産国:🇺🇸アメリカ
◯地域区分:ホノルル州
◯販売元:AW Distillery Ltd
◯蒸溜所:アラワイ蒸溜所
◯タイプ:?(ハワイアンウイスキー )
◯原材料:キアウェの粉(33%) 、ライ麦(33%)、コーン(33%)
◯アルコール分:51%
◯購入価格:(たしか)12,000円ほど

【ウイ藤のテイスティングコメント】💬


【ウイ藤のテイスティングコメント】💬

2021.8.19(木)18:40@あいまいな酒場

◯試飲量:10ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:グレンケアン

👀色:こげ茶な琥珀

👃香り:香り立ち強め、粉物の雰囲気、甘いオレンジ、ライ麦パンの香ばしい豊潤さ、少しワックスのニュアンス、奥まで嗅ぐとよりぬっぺりとした印象、ちくりとスパイシーさを感じるがマイルドなベールで和ませる、柔らかいホイップクリーム、少し汗のようなクセらしさ、デラウェイらしいフルーティさ、色鉛筆やクーピーらしい、すこしプラムのような甘酸っぱさ

💪ボディ:ミディアムフル

👅味:滑らかなで上品な口当たり、角砂糖1つのダージリンティー、穀物の柔らかい甘さがマイルドに広がる、ほろ苦さは強いロースト感のあるカカオ、口当たりはかなりトロッと粘度があるように感じる、コーンらしい甘みがクリーミーでポタージュを想像する、コクや塩味のようなニュアンスも感じ取れ深みがある、トゲトゲはしていないが、炭の中にこもった熱のようにジリジリと舌を焦がし、気候的な暑さがイメージできるよう

🎵余韻:ほどよく甘いホットティーが甘くほろ苦く、緩やかに続いて行くよう

【アラ ワイ キアウェ】の評価✍



いまだ聞き馴染みのない珍しいハワイアンウイスキーを今回はテイスティング。

これまであまりしっかりとテイスティングしてこなかったのだが、たまたま縁に恵まれ、直接製造者であるジェイコブ・リー氏から買わせていただくことができた。

この銘柄は原料に「Kiawe Pod Flour」という、”さやえんどうのような豆”を挽いて作った粉を原料の33%に使っているようだ。

バーボンウイスキーと比べてみると、メイカーズマークのような冬小麦の柔らかさとマイルドを感じる気もする。

温暖な気候の温度感が伝わってくるようで、その点、その他のバーボンウイスキーとは少し異なったテイストなのが面白い。

たしか記憶が正しければ、現在ジェイコブ氏は蒸溜所でウイスキー作りをしていないと聞き、今後彼が手がける製品がリリースされることはないのだと聞いた気がした。

今後はまた違った蒸留酒を、アジアのどこかで作るんだとか言っていた気がする…。

ジェイクのこだわりが込められた魂の一本。マイクロディスティラリーを実際にやってみせた彼のことは、とても印象的ではあったが、今になってその熱量に気がつかされた。

自分が成長したときに、有益な意見交換ができるまでに自分磨きをしておきたいと、飲むたびに思わせてくれる

(中央:Aloha whisky bar デービッド・ツジモト氏、右:ジェイコブ・リー氏)

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
ウイスキー藤村
仕事を辞めてから5年ほどウイスキーを呑んで暮らしてきました/ お酒全般なんでもすきです。国内外蒸溜所に行ってYouTubeとったり、ウイスキーレビューブログを書いたり。30年熟成です。推しウイスキーはラガブーリンとグレンドロナック。↓地球儀マークはプロフィール。