ベンリアック16年




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、上野のバーでいただいた、、、

ベンリアック16年

をご紹介します!

ベンリアック16年

全国の酒屋さん、ネット通販で購入できます

ベンリアック16年とは

蒸留所はエルギンの南約5キロにあるロングモーン蒸留所に隣接して建てられた。

創業は1898年だが、わずか2年で閉鎖され、その後半世紀以上生産していなかったが、グレンリヴェット・グループとなり1965年に再開、その後2001年にペルノ資本になったが、翌年2002年に再度閉鎖。

2004年に独立資本となって再び創業を開始した。

ベンリアックとは「灰色がかかった山」

クイーンアン、サムシング・スペシャルの原酒のため1994年までシングル・モルトは販売されていなかった。

インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティションでゴールド・メダルを獲得。Amazon商品紹介より

閉鎖再開を繰り返してなお存続している不滅の蒸溜所…

個人的にはグレンドロナックに続き、名前の響きがぐっとくるランキング第2位の銘柄です(←興味ない)

蒸溜所がデザインされた趣深いラベル

ラベルみてそれっぽいことが言えなくなってきた昨今、ぼくは「エモい」とか言い出します

このボトルデザイン、エモいですよね。そうそう、とにかくエモい

バーで写真を撮らせていただいたんですが、後ろの岩塩みたいなキャンドルランプがエモさを引き立てます

さっき価格を調べたんですけど、16年熟成のわりに意外とリーズナブル!期待が高まりますね…

しっかりと刻まれたベンリアックの文字

トップはコルク式ですね♪

…んだけど何があった!?!?!?

誰にやられた!?!?!?

今からそいつを殴りに行こうか!?!?!?

 

冗談は置いといて、それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

やっぱりバーで飲むのと家で飲むのは雰囲気がガラッと変わりますね…

雰囲気もこみこみで、この子の魅力について探っていこうと思います…たのしみたのしみ…

ベンリアック16年の香り


実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

なめらかに柔らかなシェリー…レーズンのフルーティさ…すでに赤ワインを彷彿とさせる香りがやってきているぞ…最高…

まず甘さはなんといっても赤ワインらしさ甘さについてくるのはオトナの味わいを妄想させるねっとりとした妖艶さ…渋さがやってきてやはりオトナの…(今日は妄想がはかどるっぽい)

赤ワインの酸味感からパイナップルのようにも感じます、、、南国感がほのかにある、、、

深煎りアーモンドのような香ばしいナッツのコクが豊かに漂っている…

そしてなんといってもフルーティさが…!!これは…まるでいちごの果肉を存分に感じさせるような贅沢な果肉感です…

シングルモルトらしい豊かなモルトの香りがぶわっと広がってくる…香りがおいしい、、、

バニラのニュアンスもしっかり拾えて華やかさがぐっとくるんだよなぁ、、、とにかく柔らかでマイルドさがあってとってもすき、、、

16年の歳月をいい意味で感じない、美魔女街道まっしぐらなこのベンリアック、、、

とってもすきな香りです、、、最高、、、

ベンリアック16年の味


実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

おぉ、やっぱり赤ワインらしさが特徴的な気が、、、

どうやら香りだけでは拾えなかった表情も、味わいの中に隠れているようだぞ、、、???

やはり特徴的に感じるのは赤ワインらしい甘みと、輪郭をはっきりとさせる渋みのアクセント、、、美しすぎるバランス感、、、

そして味わいの引き立て役にはプラムやチェリーのような酸味感で、甘酸っぱいフルーティさも感じられる、、、ここらへんは香りで気がつけなかった表情ですね、、、

口当たりは生クリームのように感じるぞ、、、どこか安心感を覚えるまろやかな仕上がりは母性のようなものを感じます、、、

おっぱいに顔を埋め、、、いや、なんでもないですっ

そしてほのかにピリッとさせるのは木の香味を感じさせるスパイシーさがあたたかく、優しさを感じる、、、

少しぽっちゃりとした女性を思わす嫁にしたさがすんごい仕上がり、、、

家に帰ってきたら何も言わずにまず抱きしめたい、、、

そんな女性らしい魅力を存分に持った、柔らかくてやさしいウイスキーでした、、、

モテるんだろうなぁ、、、頑張らないとなぁ、、、なかなか振り向いてもらえないんだろうな、、、

スポンサーリンク



ベンリアック16年のまとめ


今日は「ベンリアック16年」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

Amazon価格で6,980円(税込)。

 

「ベンリアック16年」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「グレンドロナック12年
↑個人的に一番すきな上品シェリー

>>>「グレンファークラス12年
↑力強さのあるどしっと系シェリー

 

<ベンリアック16年>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:スパイサイド
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:43%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン クリスタル スタジオ コピータ

<テイスティングノート>
◯色:濃いめゴールド

◯香り:赤ワインのような甘さと渋み、パイナップルを思わす南国感、深煎りアーモンドのような穀物の厚いコク感、いちごの果肉を感じる贅沢なフルーティさ、モルトの膨よかな甘味、バニラのような気品ある華やかさ

◯ボディ:ミディアム〜フル

◯味:赤ワインの甘さと渋さ、プラムやチェリーのような心地よい酸味感、生クリーム的な安心感のあるまろやかさ、木の香味を感じるスパイシーさが優しくあたたかい

◯フィニッシュ:赤い果実を噛み潰したようにジューシーな甘さが、バニラのような華やかさとともに続いていく

◯一緒に飲んだ人:出張バーテンの貴さん@ballantimetaka

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼