Twitterにて記事更新をお知らせ>>>

【レビュー】アーリータイムズ ブラウンラベル 40%の味と評価は?

こんにちは!ウイスキー藤村です!

今回は、「アーリータイムズ ブラウンラベル」をテイスティングしてみました!

【 アーリータイムズ ブラウンラベル】の商品紹介🗒

【商品紹介】
アーリータイムズの歴史と伝統の上に洗練された感覚を生かして生まれたバーボンです。骨太なバーボンらしい味わいをベースに、より豊かなコク、華やかな香り、力強くまろやかな味わいが特長です。マスターブレンダーが厳選した原酒をブレンド、濾過の工程を2度行うことで香りは強く、味はまろやかに。オークの香りとコクの深みが際立つ、華やかで繊細な味わいのバーボンです。

【アーリータイムズ ブラウンラベル】の詳細📝

【アーリータイムズ ブラウンラベル】の詳細📝

◯原産国:🇺🇸アメリカ
◯区分と地域:ケンタッキー州
◯輸入者:アサヒビール
◯蒸溜所:アーリータイムズ蒸溜所
◯タイプ:バーボンウイスキー
◯原材料:グレーン、モルト
◯アルコール分:40%
◯販売価格:2,000ほど(Amazon)

【ウイ藤のテイスティングコメント】💬

【ウイ藤のテイスティングコメント】💬

◯試飲量:15ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:グレンケアン

👀色:赤茶色

👃香り:香りだちは強め、甘くてコク深さがすぐに伝わってくる、とれたてのトウモロコシ、土埃っぽさがあって自然味を感じる、鼻を突っ込むと若いアルコールのニュアンスがやんちゃする、アルコールの苦さにオレンジの果汁感が割り込んでくるよう、コーンポタージュのような甘くて優しいコク、花っぽさはあるがはっきりとはしない、深さや重みを焦げ感が演出している、かすかだが広範囲にバナナのフレーバー、粉を残してねっとりとしている

💪ボディ:ミディアムフル

👅味:口に含んだ瞬間から深煎りで強めな苦さ、とにかく焼けた木の味わいが強い、甘さにははちみつらしさが控えめに待機している、トウモロコシの芳醇さが広がっている、土のような自然味のニュアンス、マイルドな印象もあるが基本的にカカオ深煎りの苦味、苦味の中で穀物の甘さが浮き上がってくる感じ、コーヒーを飲んだ時の口内感にとても似ている、ほのかに溶け出したシトラスのソースの甘酸っぱさ、かなり渋さを感じて大人の味わい、玄人の味でかなり個性的、樽の焼けた味わいがこれでもかと感じることができる一本

🎵余韻:圧倒的な苦味と深煎り感がどっしりと構えて、その上にトウモロコシらしい甘さとまろやかさがふわりと立ち上がる

【アーリータイムズ ブラウンラベル】の評価✍


かなり「苦味」のキャパが大きい大人の仕上がり久しぶりにテイスティングしたバーボンのせいかと感じたが、「イエローラベル」と飲み比べると違いは歴然で明らかに苦さや渋さが圧倒的に感じられる

とはいえネガティブというほどのイメージはなく役割として、個性として、かなり尖った貴重な仕上がりではある

土台として、ある意味主役として全体を任された焦げた味わいにトウモロコシの甘さやマイルドさ、シトラスらしいフルーティさが見守って支持しているようなポジションをとっている

体調的に印象は変わって、そのほかの個性もよく感じ取れるようになるかもしれないいしそれだけではないが、基本的に苦く渋く大人の味わい

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼
ABOUT US
ウイスキー藤村
仕事を辞めてから5年ほどウイスキーを呑んで暮らしてきました/ お酒全般なんでもすきです。国内外蒸溜所に行ってYouTubeとったり、ウイスキーレビューブログを書いたり。30年熟成です。推しウイスキーはラガブーリンとグレンドロナック。↓地球儀マークはプロフィール。