グレンモーレンジィ オリジナル 10年

スポンサーリンク



こんばんは!

今日はビールが飲みたい気分のウイスキー藤村です!

 

ビールっておーいしーい!!!!🍺🍺🍺

さて!今日は!女性人気ナンバーワンといっても過言ではない

グレンモーレンジィ オリジナル 10年

です!

グレンモーレンジィ オリジナル 10年

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

グレンモーレンジィ オリジナル 10年とは

「完璧すぎる」ウイスキー

ハイランド地方のミネラル分豊かなターロギーの泉の湧水(硬水)とスコットランド産の大麦麦芽のみを用いて、スコットランドのポットスチルでピュアな蒸気だけを抽出

その複雑な味わいは目くるめく「感覚の冒険」へと誘います

2012年IWSCディスティラー・オブ・ザ・イヤー受賞

地域:ハイランド、スコットランド 設立:1843年

ということで、今日は「完璧すぎる(Unnecessarily Well Done)」と称されるグレンモーレンジィです!

グレンモーレンジィとはゲール語で「大いなる静寂の谷間」という意味になります

設立は1843年、バルブレア蒸溜所の協同経営者であるウィリアムマセソンが1783年に建てられた古いビール工場を改修して建てられました

場所はスコットランド ハイランド地方 北部ロス州にあるテインという町です

 

✂︎—————————————–

 

グレンモーレンジィといえば、なんといっても「あまりに独特すぎるポットスチル(蒸留釜)」が有名です

設立してから約40年後の1887年に、ジンのために使われていた中古のポットスチルを購入したところから大きく歴史は動きます

このポットスチル、ウイスキーのポットスチルではみたことがない超絶に首の長いのっぽ型

↑高さはオトナのキリンさんと同じ高さの5.14m🦒、曲がっている部分も全部伸ばすと全長8mという大型。ポットスチル愛好家にはたまらないフォルムをしています(←ちなみにキリンさんの名前ばジェフェリーちゃんといいます

かわいすぎてだきついてしまいたい(←大火傷するので良い子はマネしないでね!)

「そもそもなぜ背の高いポットスチルをつかっているの?」ということになりますよね

ポットスチルを導入したかった当時、資金繰りがあまりうまくいってなかったため、やむおえず、ジンの生産で利用されていた中古のポットスチルを買ったんですって

この背の高いポットスチルはほかのウイスキー蒸溜所ではみることはできないんですけれど、グレンモーレンジィは新しいポットスチルを導入したい場合は、この背の高いポットスチルの元となった中古ものを再現するように造ったんだとか…よっぽど良かったんだなぁ?

「ねぇねぇ、なんで背の高いポットスチルを使い続けるの?」って思ったのでしらべていくと、それは背が高いことによって、フルーティでフローラルな軽やかな成分を集中的に抽出できるからみたいです

今となっては蒸溜所なアイコン的な存在にもなっているので、そのかわいさから女性からの支持を得ており、「モレ女(グレンモーレンジィ女子)」なる方などが現れ、広く人気を博しています

 

ウイスキートリビア!🥃
グレンモーレンジィのポットスチルはキリンさん🦒
※名前はジェフリーちゃん

 

✂︎—————————————–

 

あとグレンモーレンジィが独特と言えるのはなんと言っても仕込み水で、お酒作りには一般的には軟水が使われるんですけど、このグレンモーレンジィには中硬水がつかわれるという異端児ぶり

水源はターロギーの泉からでる、100年以上も年月をかけて石灰岩た砂岩層で濾過されてきたものであり、ミネラルが豊富に含まれた硬度190

これほど硬度が高い水をスコッチウイスキーはほかには「ハイランドパーク」くらいしかないといいます

現在はケルピーの泉という同程度な硬度の水も使っているようです

ちなみに水の硬度ってどうやって決まってるのか知ってますか?

水の硬度には計算式があって

硬度(mg/L)
=(カルシウム量×2.5)+(マグネシウム量×4.1)

※100未満➡︎軟水
100〜300未満➡︎中硬水
300以上➡︎硬水

という計算式であり、1mg/Lを1度としているんですってよ奥さん

 

ウイスキートリビア!🥃
グレンモーレンジィでは中硬水を使っている

 

かっこよすぎる「ハイランドの魔術師」

このグレンモーレンジィを手がけている人物、「ハイランドの魔術師」と呼ばれ、世界的な品評会において「世界最優秀のブレンダー」として認められた経歴を持っています

名前はビル・ラムズデン博士

ぼくはこのビル・ラムズデン博士のウイスキー観が本当に大好きなんです…

実際にお会いしたこともあるんですけど、めちゃくちゃ気さくで小難しさをまるで感じさせない…

ラムズデン博士はウイスキーについてこう語ります

「ウイスキーは、スコットランドの気候風土や文化がすべて入っている飲み物。

つまり、スコットランドそのものといえます。なにより、ウイスキーにはスコットランド人の“エモーション”がすべて入っている。

だからスコットランド人は、ウイスキーを愛してやまないのです」

かっこよすぎる…

そしてウイスキー作りに関してはこんなコメントを残していました

私の考え方はシンプルです。ウイスキーは嘘をつきません。蒸溜所がしっかりと忠実に伝統を守り、強固なハウススタイルを守るのはとても重要なこと。それを実践している製品が、オリジナル(10年)と18年です」

「でもまあ、自分が完全主義者であることは認めます。製造するウイスキーが完全なものであることを保証するために、あらゆるものが完璧でなければならないのです。ウイスキーの品質を守るため、私がよく子どものような癇癪を起こすことは、身内なら誰でも知っていますよ」

ラムズデン博士は「どんな楽しみ方だっていいんですよ!」というとてつもなく寛容な考え方をもちながら、作り手として、一切の妥協をせず、時として怒り狂うという熱さをもった素晴らしい人格の持ち主なんですね

こんな人が作っているウイスキーなんだもん…

最高に決まってるじゃないか…

↑気品溢れる美しいラベルデザイン

中心にあるゴールドなデザインが女性らしさを感じさせます

トップはコルク式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

さてさて、「完璧すぎる」というこのグレンモーレンジィ

実際の仕上がりはどうなんでしょうか…

たのしみたのしみ…

グレンモーレンジィ オリジナル 10年の香り

実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

香りだちはやや強い程度…オレンジピール、桃、ミルク、ユリ、バタークッキー、巨峰の果汁、ほのかにココナッツ、マイルドなバター、焦げた木、シナモン…

最初にアルコールの刺激とシトラスの酸味が相まってやってきます…

特にオレンジと桃らしいフルーティさが魅力的で惹かれます…

ミルクやバターの優しく口当たりのいい雰囲気が心地よい…

ほのかにユリのようなフローラルさを感じる…

少し鼻を奥につっこむと甘さやマイルドさをともっなったスパイシーさを感じる…

グレンモーレンジィ オリジナル 10年の味

実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

舌へのアタックは中くらい…

舌触りは普通、スムースでスイート、カラメル、キャラメル、オレンジピール、ミルク、ミルキー(お菓子)、アルコールの辛さ、後からシナモン、スパイシー、かすかにビター…

口にいれた瞬間からシングルモルトらしい粗々さはないですね

親しみやすいカラメルやキャラメルの味わいがお出向かえしてくれる…

その奥にはフレッシュさを残したオレンジピールのキャラメリゼ…

ミルキーでマイルドな味わいがそれを包む…

アルコールの辛さが香りでは強く感じたが甘さで和らいでいきます…

その辛さはスパイシーさへと変わっていき、シナモンのような甘さと一緒に心地よく…

かすかにビターな余韻を残して続いていく…

スポンサーリンク



グレンモーレンジィ オリジナル 10年のまとめ

今日は「グレンモーレンジィ オリジナル 10年」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

シングルモルトでありながら香りも味もとてもフレンドリー

ややアルコール感が強い感覚があったが、そのほかのフルーティさやスパイシーさによりカバーし、包み込むような働きを見せている感じがしました

よく探っていくと桃やかすかにパイナップルなど見えてきて、女性にもおススメしやすい銘柄だと再確認できるテイスティングとなりました

アルコール感がほのかに気になるところはあるので、ハイボールにて積極的におすすめしてみようと思いました!

↑オレンジハイボールがおいしいらしいですよ🍊

 

Amazon価格で3,996円(税込)。

 

「グレンモーレンジィ オリジナル 10年」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「グレンモーレンジ18年

>>>「グレンモーレンジ アルタ

 

<グレンモーレンジィ オリジナル 10年>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:ハイランド
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:40%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン

<テイスティングノート>
◯色:やや淡い黄色

◯香り:香りだちはやや強い、オレンジピール、桃、ミルク、ユリ、バタークッキー、巨峰の果汁、ほのかにココナッツ、マイルドなバター、焦げた木、シナモン

最初にアルコールの刺激とシトラスの酸味が相まってやってくる。特にオレンジと桃らしいフルーティさが魅力的で惹かれる。ミルクやバターの優しく口当たりのいい雰囲気が心地よい。ほのかにユリのようなフローラルさを感じる。少し鼻を奥につっこむと甘さやマイルドさをともっなったスパイシーさを感じる。

◯ボディ:ミディアム

◯味:舌へのアタックは中くらい、舌触りは普通、スムースでスイート、カラメル、キャラメル、オレンジピール、ミルク、ミルキー(お菓子)、アルコールの辛さ、後からシナモン、スパイシー、かすかにビター

口にいれた瞬間からシングルモルトらしい粗々さはない。親しみやすいカラメルやキャラメルの味わいがお出向かえしてくれる。その奥にはフレッシュさを残したオレンジピールのキャラメリゼ。ミルキーでマイルドな味わいがそれを包む。アルコールの辛さが香りでは強く感じたが甘さで和らいでいく。その辛さはスパイシーさへと変わっていき、シナモンのような甘さと一緒に心地よく。かすかにビターな余韻を残して続いていく

◯余韻:中程度

◯総評:シングルモルトでありながら香りも味もとてもフレンドリー。ややアルコール感が強い感覚があったが、そのほかのフルーティさやスパイシーさによりカバー、包み込むような働きを見せていた。よく探っていくと桃やかすかにパイナップルなど見えてきて、女性にもおススメしやすい銘柄だと再確認できた。アルコール感がほのかに気になるところはあるので、ハイボールにて積極的におすすめしてみる

◯自己評価:70点/100点

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

最新記事 by ウイスキー藤村 (全て見る)

▼この記事を今すぐシェア!▼