プラット・バレー

こんばんわ!

ウイスキー藤村です!

今日はウイスキー先輩から譲ってもらった銘柄を。アメリカから、ちょっと珍しいコーンウイスキー「プラット・バレー」をご紹介します!

プラット・バレー

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

プラット・バレーとは

プラットバレーは「コーンウイスキー」という分類になるのですが、おなじみの「バーボンウイスキー」もトウモロコシが原料です。それでは何の違いがあるのでしょう?

アメリカの法律により、バーボンウイスキーはコーンが51〜80%使われていること、80%以上でコーンウイスキーとなります

プラットバレーのラベルには「100%CORN WHISKEY」と表記があるのですが、実のところ88%がデントコーンで、12%は発酵を促すために入れられた大麦なんだか。デントコーンだけでは糖分が足りないそうな。糖分が十分足りる限界値ってことで「100%CORN」ってイメージなんですかね

3年熟成のコーンウイスキー

プラットバレーのこちらのボトルには表記がありませんが、3年熟成であるそうです。バーボンウイスキーって色が濃いイメージがあるんですけれど、コーンが多いからなのか色がかなり淡白な薄黄色ですね♪

僕自身、バーボンウイスキーにあまりセンサーが反応してなかったから経験データがあまりないんですが、酒屋さんに置いてあること多いんですかね???あまり目に付いたことがないような。これからはちゃんと見てこーっと

1856年間設立の文字。

キャップ式ですね!

 

それでは…

いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村コメント

おそらく?人生初、コーンウイスキー!どんな味わいなのでしょうか…ワクワクします…

軽やかに香る甘味

まず香ってくるのは柔らかな香り。本当にめちゃくちゃ正直に言うと、一瞬カメムシのような香りがしました。何度香ってもカメムシの匂いをさせる距離感があって「うおっ」って思った…

ただ、少し距離を詰めて香ってみるとすぐに穀物の香ばしさ、まさにトウモロコシの香りがしてきました。そしてバニラのような明るい甘さ

僕自身があまりコーンウイスキーに慣れてないからか、違和感のように感じましたが、時間を経て行くごとに慣れていき、クセになって行く自分…。あれ?なんかいい感じかも?

さらっとした飲み口

実際に口にしてみると、とてもさらっとしていてなんだ、めちゃ飲みやすいです。なんでかなぁ?と考えてみたら、アルコールの刺激が弱いっぽいんです。穀物の甘み、トウモロコシ感、そう考えてるからか、色合いからか、コンポタージュを連想していました

すっきりした甘さは割とどんな飲み方でもいけそうだなぁ。おそらく個人的にはストレートが一番良さそうな感じです。ロックもかなりいいだろうなぁ…

初めてのコーンウイスキーは意外性もありましたが飲みやすい優しいウイスキーでしたっ♪

Amazon価格で1,919円(税込)。貰い物で値段を知らなかったのですがかなりお手頃!これはほかのラインナップも気になってきたなぁ

アメリカのウイスキーはジャンキーなイメージが多いのですが、プラットバレーは偏見のない初心者の方にもすすめるかもな?と思いました!

まだ試したことがない方はぜひ試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

◯原産国:アメリカ🇺🇸
◯タイプ:ストレートコーンウイスキー
◯原材料:グレーン、モルト
◯アルコール分:40度
◯試飲量:30ml
◯グラス:グレンケアン

<テイスティングノート>
◯色:ビタミン系清涼飲料水

◯ボディ:ライトでコクがある

◯香り:一瞬だけカメムシ、香ばしい穀物、濃厚なバター、コンポタージュ

◯味:トウモロコシ感、さらっとした口当たり、刺激少なめ、バニラの甘さ

◯フィニッシュ:樽のスパイシーさ、バニラの風味

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

最新記事 by ウイスキー藤村 (全て見る)

タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼