シングルモルトウイスキー山崎12年

こんばんわ!

ウイスキー藤村です!

今日は皆さんご存知ジャパニーズウイスキー…

山崎12年

をご紹介します!

山崎12年

希少ですが全国の酒屋さん、プレミア価格で通販にて購入できます

山崎とは

サントリー 山崎蒸溜所で作られるウイスキーの銘柄です

山崎蒸溜所は日本で初めてのウイスキーの蒸溜所で、1923年に設立されました

シングルモルトウイスキー「山崎」という銘柄自体は意外にも新しく1984年より発売されます

世界でのウイスキーの受賞歴は数知れず、最も注目されているウイスキーと言っても過言ではありません

ドラマ「マッサン」の影響もあり国内でも人気に火がつく

山崎をはじめジャパニーズウイスキーの人気に火を付けたのはNHKドラマの「マッサン」でした

主人公はジャパニーズウイスキーの父「竹鶴政孝」をモデルにしており、竹鶴が山崎蒸溜所の初代所長だったことも描かれていました。ドラマの影響はとんでもない…

1923年に設立された山崎蒸溜所

「寿」という文字に寄せられて描かれたという貫禄ある「山崎」の文字

ここは意外なキャップ式。合理的ですね…

 

それでは…

いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村’sコメント

今回は「焼プリンウイスキー」以来の山崎12年です。そんなに前じゃないけど笑

今年最後なので、ウイスキーへの感謝も込めて、ど真ん中ど直球のウメェウイスキーをテイスティングしていこうと思います!楽しみ…

【香り】微炭酸よりももっと細かな繊細な刺激。甘いバニラの香り

まず香りをかいでみるととっても繊細な甘い香りがしてきます

はちみつやバニラをよく感じ、樽の香味も後からやってきます

かなり個人的なのですが、ペンキやシンナーのようなニュアンスを山崎からはいつも感じます。悪い香りというよりはクセになる香り

ただいい顔しているだけじゃないのがこの、山崎という銘柄なんだよなぁ…という感覚があります。いやぁステキな香りだほんとに

【味】柑橘系の酸味にまろやかな日本らしい味わいが混ざり合う

実際に味わってみるとおぉこれこれ…安心する味わいだなぁ…山崎にも白州にもあるこの馴染みのある味わいはなんと説明していいものか…

具体的にはバニラのように華やかで明るい表情で、オリエンタルな雰囲気はミズナラ樽のようにも思えます。使われてるのかなぁ?

中心部分というか、コアな部分がフルーティな印象です。オレンジ、パイナップル、マスクメロン、桃…やっぱうまいんだよなぁ…笑

今日は「山崎12年」をご紹介しました。こんどはバニラアイスにかけてみたり、いろんな甘いものとのマリアージュを探ってみようかな

 

Amazon価格はこちら👇

山崎12年。原種がなくなる昨今のウイスキーブーム…簡単には飲めなくなっていくことが濃厚です…

もしまだ試したことがなかったらぜひ、一度は試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

◯原産国:日本🇯🇵
◯区分と地域:大阪
◯タイプ:シングルモルト
◯原材料:モルト
◯アルコール分:43%
◯試飲量:30ml
◯グラス:グレンケアン

<テイスティングノート>
◯色:濃いゴールド

◯香り:マスクメロン、モルティー、甘い蜜、ほんのりシンナー、オレンジの酸味、バニラ、炭酸のような爽快さ

◯ボディ:ミディアム

◯味:バターのように濃厚、オレンジの酸味と甘さが恐縮されているよう、華やかに広がる、バニラ、パイナップルキャンディ

◯フィニッシュ:繊細で甘く、まろやかな広がりがじわーっと長く続く

The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!
タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼