アベラワー12年 V.O.H.M.




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、埼玉県川越にあるバー、

Bar Heliodor」さんでハーフショット頂いてきた…

アベラワー 12年 V.O.H.M.

をご紹介します!

 

(⬇︎手軽に見れる#ウイスキーレビュープチはツイッターにて更新中!)

 

(⬇︎少しだけ蒸溜所に行った気分になれる!2分20秒の短編動画#蒸溜所ダイジェストもツイッターにて配信!)

 

アベラワー 12年 V.O.H.M.

一部、ネットオークションにて購入できます

アベラワー 12年 V.O.H.M.とは

よくブランデーにおいて「V.S.O.P.」という表記をみますが意味は「Very(非常に) Surperior(優良な) Old(古い) Pale(透き通った)」という意味らしいです

そのパロディのようなものらしく「V.O.H.M.(Very Old Highland Malt)」の略なんだとか…

ユーモアぁ…素敵やん?

1980年代ごろに流通してたものらしく、個人的には初めてみましたが一目で惹かれてしまいました

すでにテイスティングしたことのある銘柄でいうと、アベラワー10年で、イメージするのはスイーツのような可愛らしさのある甘さシェリー由来の赤ワイン白ぶどうの皮のような軽やかなコク感のある味わいだった…たしか…

ぱっと見ウイスキーとは思えないきらびやかな佇まい

なんだか濃いめのルージュとかしちゃってるようなゴージャスなパーティドレス感は見たら絶対忘れない…

赤と金のコントラストが映える美しいラベルデザインです

おっ、「Very Old Highland Malt」の表記がここにありましたね

トップはコルク式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

バーにて「え、それウイスキーなんですか!?」と思わず聞いた今回のウイスキー

最近はよく「ジャケ買い」「ジャケ選」で、ぱっと見でピンとくるウイスキーを買ったり飲んだりしていますが、それでいうとはちゃめちゃに惹かれた…

実際はどのような仕上がりなのでしょうか…たのしみたのしみ…

アベラワー 12年 V.O.H.M.の香り

実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

とっても甘い印象が強いウイスキーだなぁ..

「アベラワー10年」に感じたようなスイーツ感がありますね…

ただもっと赤っぽいフルーティさ、白っぽいフふわふわそんなイメージがあるスイーツ感です…

まず最初に感じたのはメープルシロップのように優しくて甘いふわっと香る甘さです…

そのメープルシロップが贅沢にかかっているのはバニラアイスを乗せたフレンチトースト…ここにスイーツ感がありました…

ほのかにミントの清涼感を感じますね…まるでトッピングとして添えられたお口直しのように…

メンソールのような爽やかさがあり、心地よく吹き抜ける風のように抜けていきます…

そんな爽やかさから引っ張られてきたのはマスカットのような軽やかでみずみずしいジューシーさ

土のニュアンスがほのかに香る素朴さがあり、おしゃれをしているのだけれど、どこかまだ垢抜けていないようにも感じるところに好感をもてます…

モルトらしさ、ナッツらしさがよりよく香り、厚みをしっかりと生み出してくれている…

ほのかにクセっぽさがあるなぁと感じたのは、都市ガスのようなニュアンス…シティ感がでる大事なアクセントです…

基本的にフレンドリーなこのウイスキーの複雑さを生み出すために重要な役割をしているように思いました…

なんか…めっちゃかわいい…すごくすきです…

アベラワー 12年 V.O.H.M.の味


実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

香りではなぜかあまり気がつけなかったのですが、アップルパイのような火の通ったりんごらしい豊かなフルーティさがあります…

または果肉が残ったりんごジャムのような贅沢さを感じますね…

そんなりんごの味わいにアクセントをくれているのはシナモンの優しいスパイシーさです…主張は強すぎず、あくまでサポート役に徹している…

そのあとにやってきたのは暖かな日差しを連想するような明るい味わい

これはオレンジとはちみつのとろみ…見事に絡み合って溶け合っており、魅力的な味わいがたまらないぞ…

そして香り同様、感じていた素朴な草木のようなニュアンスは健在で、スコットランドの風土を感じるような味わい…全体として都会感と田舎感の絶妙なバランスだなぁ…

最後にやってきたのはバタークッキーのようにマイルドで香ばしさのある優しい味わいです…やっぱりかわいらしい仕上り…たまらないやぁ…

ボトルデザインだけではパーティーピーポー的なゴージャス感があると思いきや、風土感を大切にした素朴さがしっかりとあり、華奢で臆病な一面もある、スタイルの良い女の子想像しました…(←なんの話だ)

とにかくかわいらしく優しい仕上りのウイスキーでとってもすきでした…あぁかわいい…かわいい…,

スポンサーリンク



アベラワー 12年 V.O.H.M.のまとめ


今日は「アベラワー 12年 V.O.H.M.」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

楽天価格で14,800円〜。

 

「アベラワー 12年 V.O.H.M.」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「アベラワー10年

 

<アベラワー 12年 V.O.H.M.>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:ハイランド
◯タイプ:シングルモルト
◯原材料:モルト
◯アルコール分:43%
◯試飲量:15ml
◯グラス:???

<テイスティングノート>
◯色:淡いゴールド

◯香り:メープルシロップのようにやさしく甘い、バニラの乗ったホットケーキ、フレンチトーストのようなスイーツ感、ほのかにミントを思わせる清涼感、メンソールのように涼しげにそよぐ、爽やかで軽やかにマスカットのジューシーさが、土っぽさがほのかに香る素朴さ、モルティでナッティなコク感、ほのかに都市ガスのニュアンスを感じる

◯ボディ:ミディアム

◯味:アップルパイのような焼きの入ったフルーティさ、りんごジャムのような甘くトロッとした印象、シナモンのような甘く独特のスパイシーさ、オレンジとはちみつが絡み合ったような、草木や土っぽさのある素朴な香味、バタークッキーのような芳醇で香ばしさのある穀物感

◯フィニッシュ:透き通ったような印象で、穀物の甘さとコクを柔らかく広げるように、じんわりと余韻が続いていく

<印象メモ>
◯一緒に飲んだ人:キツネカオリ@foxkaoribeat

芋娘、都会に出ておしゃれ、東北出身、デザイナー系OL、たまにヒルズで遊んじゃったりする、男に臆病な感じ、パステルカラーを好みがち、華奢な印象でかわいらしい

おすすめのウイスキー書籍

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

最新記事 by ウイスキー藤村 (全て見る)

▼この記事を今すぐシェア!▼