サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディション




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、埼玉県川越にあるバー、

Bar Heliodor」さんでハーフショット頂いてきた…

サマローリ アイラ ブレンデッドモルト
2018 エディション

をご紹介します!

 

(⬇︎手軽に見れちゃう#ウイスキーレビュープチはツイッターにて更新中!)

 

(⬇︎2分20秒の短編動画でアイラ島の雰囲気がちょっとわかります)

 

サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディション

ボトラーズ銘柄を取り扱う全国の酒屋、ネット通販にて購入できます

サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディションとは

1968年、イタリアに創業したサマローリは、スコットランド以外では初のインディペンデントボトラーです。

非スコティッシュボトラーの先駆者として、数多くの伝説的なボトリングを排出し、そのクオリティの高さと魅力的なラベルは、多くの熱狂的なファンを魅了し続けています。

また、その目利きはウイスキーだけに留まらず、ラムに関しても高い評価を受けています。

カリラをメインに使用し、コバルのフォーグレーンの樽で熟成。

香り:燻製肉、バター、モルト、潮。

味は砂糖掛けのアーモンド、ヘーゼルナッツ、カラメリゼしたレモンピール、海藻。-Amazon商品紹介より

「サマローリ」と聞くと背筋が伸びる感覚のあるボトラーズ(独立系瓶詰業者)です

なんどかコアなウイスキーラバーな先輩宅にて飲ませていただいたことがあった銘柄…

今回はバーにて出会ったのでお相手してもらいました

カリラをメインにブレンドされた銘柄のようですねっ

 

(⬇︎少しだけ蒸溜所に行った気分になれる2分20秒の短編動画#蒸溜所ダイジェストツイッターにて配信!)

 

鮮やかに描かれた海岸が魅力的なラベルデザイン

絵がほんとうにステキで、最近個人的にブームの「ジャケ選」でボトルを選びました

これはアイラ島の海岸なのだろか…実際に見てきた景色と一致する感覚はあります

淡いタッチがかわいすぎる…

トップはキャップ式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

久しぶりのサマローリのボトルでワクワクしますね…

実際にどんな仕上りなのか…たのしみたのしみ…

サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディションの香り


実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

アイラのウイスキーの中でもかなり明るい印象をうけますね…それでいてしっかりとピート感やナッツ感のある力強さのある香り

まずその明るさの秘密ですが、どうやらバナナのようなフルーティさバナナのシフォンケーキを連想するようなふんわりとした香り…

ほんの少しくせっぽさを感じたのは、蛍光ペンが揮発したようなニュアンス…アルコール感にシンナーっぽさが混じったような香りが隠れています…でもいやじゃないんだよなぁ…

深煎りコーヒーのようなほろ苦さがやってきて、一気に香りの幅、多彩さを持たせてくれている…

そこに引っ張られてきたのは干し草のような草原を彷彿とさせる香りが…これはラベルに描かれた場所から香ってきたのかなぁ…ロマンチックみがある…

奥から押し出すように力強さのある、ピート由来の燻製感がゆっくりと、だけど優しさのある男性的な力強さでグッと押し出している…肉肉しさもあり、かなりタフなイメージ…

明るくて、たくましさのある厚みが、若さを感じさせながらも魅力的に感じられる香りがとっても好き…

サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディションの味


実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

おぉ、やっぱり明るい第一印象がとっても魅力的ですね…

焼きバナナのようなニュアンスを感じたんですがどうなんだろう…???やはり全体的に明るい味わいのように思います…

生クリームやカスタードのような滑らかでクリーミーな印象は、味わいをみてからより一層感じられることができます…

そして少し、意外さがあるのはレモンピールのお菓子のような、少し酸味がありながらも甘い、そんな存在感のある個性です…

煎りアーモンドを噛んだ時の香ばしさがナッツ感をだしてあじわいに広がりを見せてくれている…

自然と大地を感じる草木感や大地感は、素朴でありながら壮大な世界観の広がりに大きな影響を与えているよう…

乾いた新聞紙のニュアンスは街中で見かける、風で飛ばされてきたもののよう…アイラ島の風の強さを思い出した…

そしてここまできてはっきりでてきたのは、アイラやカリラらしい海藻のニュアンス、塩みや旨み、昆布のような出汁感でぐっと満たされていくよう…そこには燻製のニュアンスが寄り添っています…

ほのかにお菓子のようなかわいらしさを感じたなぁと思ったのは穀物感、ナッツ感からくるおからドーナツのような優しい甘みです…

明るく、アイラ島の映像を見せながら、そんな島で暮らす人たちの朗らかさ生活感がにじみ出ているような気がした仕上がりのせいで「アイラ島に行きたい病」を発症してしまった…

とってもうつくしい、すてきなボトルでした!

スポンサーリンク



サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディションのまとめ


今日は「サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディション」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

Amazon価格で15,400円(税込)。

 

「サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディション」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「カリラ12年
↑オフィシャルでスタンダードなカリラはこれっ

>>>「ラガブーリン16年
↑カリラとは対極的にゆっくりじっくりとした仕上り

>>>「「焼き牡蠣のウイスキーがけ」が極ウマだった件
↑アイラ島のスモーキーなウイスキーは「海鮮」とよく合う!

 

<サマローリ アイラ ブレンデッドモルト 2018 エディション>
◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:アイラ島
◯タイプ:ブレンデッドモルト
◯原材料:モルト
◯アルコール分:43%
◯試飲量:15ml
◯グラス:リーデル ウイスキーグラス

<テイスティングノート>
◯色:明るいゴールド

◯香り:バナナケーキのようなふんわりとしたフルーティさ、蛍光ペンのようなクセのあるニュアンス、深煎りコーヒーのようなほろ苦さ、干し草のような草原を連想させる草っぽさ、奥から押すようなゆっくりと力強いピート感は燻製の肉

◯ボディ:ミディアム

◯味:焼きバナナのようなフルーティさ、生クリームやカスタードのような柔和なイメージ、レモンピールのお菓子の酸味、アーモンドの甘み、自然と大地を感じる草木や土のニュアンス、乾いた新聞紙、昆布などの海藻っぽい塩みと旨み、おからドーナツのようなコク感と甘さ

◯フィニッシュ:若々しく明るいフルーティありながら力強い燻製感が長く続く

<印象メモ>
◯一緒に飲んだ人:キツネカオリ@foxkaoribeat

熱血系、男勝りな女の子、地方を盛り上げる系、だめな男に世話焼き、明るい性格、32歳、器が大きい、結婚は待っている、クズが好き、母性本能強め、朝方、ルーティンがしっかりしている、メンヘラではない、どっしりとしたよい女の子、温泉大好き、ほんとは感情的、ひとりで涙をながす、紐は年下、実際の年齢より高く見られがち、ネイビーを好む

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る

スコットランドの蒸溜所についてまとめた一冊




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼