Twitterにて記事更新をお知らせ>>>

【レビュー】ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ 45%の味と評価は?歴代数量限定ボトルもご紹介

ウイスキー藤村

こんにちは!ウイスキー藤村です!

今回は、、、

「ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ」

をレビューいたします!

↓ Twitterにてウイスキー情報更新中↓

【ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ】の商品紹介🗒

【商品紹介】

バニラを思わせるような新樽のウッディな香り。なめらかで甘いコクと、深く濃厚な味わい。

長期熟成を重ねた余市ヘビーピートモルトがもたらす、しっかりとしたピートと樽のビターな余韻が口の中に広がり、長く心地よく続きます

-裏ラベルより

【公式テイスティングコメント】

香り やわらかなピート香と、ウッディな新樽の香り。

味わい 甘さの中に感じる樽由来のスパイシーさと、ほのかなスモーキーさ。

余韻 香ばしいピート香と樽のビターさ、その後に現れるソルティなピートの余韻。

こちらは以前sumomomoさんから譲っていただいたものです

いまさらという感じだし、今はもう手に入らないといっても差し支えないような一本ですが、そのほかブラックニッカシリーズはレビューを書いてきているため、せっかくなら書いておきたかったんですね

ちなみに、ブラックニッカはたびたび数量限定商品として、 きわめてコスパ高の商品リリースしていて、いつも気づいたらネット市場にプレ値で出品されていたりして、とてもコワイコワイです

ブラックニッカの数量限定商品
(サイト内レビュー記事に飛びます)

とくにブラックニッカ ディープブレンドのシリーズは人気が高く、どれも1000〜2000円台で買えるのはふしぎなくらいの仕上がりでした

さまざまなブラックニッカシリーズ

そして今回レビューするナイトクルーズは、ちょうどお酒系Youuberが台頭をあらわした時期と重なり、ふだんウイスキーを飲まない層にも存在が知れ渡っていったため、その注目度に拍車をかけていったのは記憶にあたらしいです

2019年に発売された当時は、ぼくはまだこのナイトクルーズのうまさにまだ気づいておらず、結局たかくなってから気になりだしたため、運良くもらったこちらをちびちびと飲んでいたりします

なぜニッカはコスパ最強の数量限定品を発売するのか?

すこし話はかわるのですが、こちらの数量限定商品のリリースを通じて、「ブラックニッカ」のブランドを向上させたいという意図があるように感じます

長いことウイスキーをおすすめする生活をしていると気づくのですが、ニッカがリリースする商品に苦手意識を持つひとが思いのほか、一定数いらっしゃるんですよね

聞いてみると「昔やんちゃしていたときに、ブラックニッカクリアを一気飲みしていた」という方がけっこう多く、ブラックニッカは「まずい」と思っている人が多いという、、、

しっかりじっくり飲んでみると、もちろんふつうにおいしいのですが、味わいから、イヤな経験をひっぱりだしてしまいがちだったり、そもそものイメージが悪かったりしがちです

そんなこともあり、「ブラックニッカ」のイメージを回復させるためのリリース、多少利益がでなくとも、大盤振る舞いの原酒構成で、”広告”としてのリリースなのではないか?と予想しています。

2020年から限定品はリリースされていないので、いったん大きくリリースは割くことで、印象を改善できたと判断したんだと思っています。まぁ単純に、原酒の事情だとも思いますが、、、

低価格帯でもハイコスパの「ディープブレンド」

実際、ぼく個人もシングルモルトでないかぎり、サントリーのほうがずいぶんと印象がよかったりしていたのですが(というか角瓶のレベルがふつうに高すぎる)、今は低価格帯のニッカもかなりすきになりました

市場の反応からみても、価格では考えられない原酒構成と、ブレンドにかけたリソースは大きいのでは?と感じています。今回のナイトクルーズも希少な長期熟成余市のヘビーピート原酒が使わているわけですし、(たぶん)ニッカさんの太っ腹商品です

とはいえ、通常現行品である「ブラックニッカ ディープブレンド」もかなりよくできているため、そもそものクオリティが高いことは言うまでもありません

【ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ】の詳細📝

商品詳細

【ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ】

◯原産国:🇯🇵日本(海外原酒も使用)
◯生産者:ニッカウヰスキー
◯タイプ:ブレンデッドウイスキー
◯原材料:モルト、グレーン
◯アルコール分:45%
◯販売価格:税込1500〜2000円前後(当時の定価)

表ラベル

さきにも書いたように、これまでさまざまな数量限定品がリリースされてきていますが、表ラベルを見ると何年の数量限定商品だったかがわかります。「LIMITED Bottled in 2019」の文字

裏ラベル
トップはスクリューキャップ

ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズの香りと味は?

ウイ藤のテイスティングコメント

【ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズ】

◯試飲量:15ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:KYKEY – AROMA GLASS BASIC

👀色:少し濃いめの黄金

👃香り:少しラムネ菓子のようなニュアンス、潮味とスパイシーさが混ざり合う、アルコールの刺激はすこし強め、まったりとしたコク感、なめらかでマイルドな雰囲気のスモーク

💪ボディ:ミディアム

👅味:甘くてゆったりとしたはちみつ、砂糖につけたレモンのような甘酸っぱさ、ほのかに生クリーム、みたらし団子のような甘さとコク深さ、和やかな甘さのなかにうまく燻製香が溶けている、スパイシーな木味がほどよく心地いい、すこしアルコール由来の苦味を感じるが気にならない程度

🎵余韻:甘やかでゆったりとしたスモークがやさしく続く

ブラックニッカ ディープブレンド ナイトクルーズの評価✍

言わずと知れた、ハイレベルコスパの一本でした!

あまりにプレ値になりすぎるとさすがに手に負えないわけですが、定価2000円前後を考えると、人気だったのもよくわかりますね

余市原酒らしい深いコクがあり、ブレンデッドとして、かなりうまくブレンドされている印象です

よく探っていくと、若いアルコール、ツンツンとした刺激と苦味があるが、うまくマスク、甘さで相殺されているうような感じ、、、よくできています

余市ヘビーピートとニッカのブレンド技術の高さを存分に感じられる銘柄でした

個人的にはやはり、ピート感はあればあるほど好きなようで、これまでリリースされているブラックニッカ数量限定商品の中では、もっともグッと来ました

とはいえ、もう滅多に会えない一本ではありますから、あまりカパカパ飲めるわけではないのでちびちびと、、、笑

あとは飲みたい方がいらっしゃるかもしれないので、大切に残り分をたのしんでいきたいとおもいます

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼
ABOUT US
ウイスキー藤村
仕事を辞めてから5年ほどウイスキーを呑んで暮らしてきました/ お酒全般なんでもすきです。国内外蒸溜所に行ってYouTubeとったり、ウイスキーレビューブログを書いたり。30年熟成です。推しウイスキーはラガブーリンとグレンドロナック。↓地球儀マークはプロフィール。