グレンアラヒー12年 / Glenallachie Aged 12 Years

はいこんちゃ、

ウイスキー藤村です!

今日は!

 

グレンアラヒー12年

のご紹介です!

 

(詳細だけサクッと知りたい方はこちらから下にぶっ飛べます)

✂︎—————————————–

 
▼依頼や質問はTwitter(メイン運用)のDMから
https://mobile.twitter.com/whiskyfujimura

▼納税者限定裏アカ(条件はプロフに記載)
https://mobile.twitter.com/whiskeyfujimura

▼欲しいウイスキーリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3TGHGW7XGU4HY?ref_=wl_share

▼投げ銭はLINE Payから
https://line.me/ti/p/lQg8GSoqsl

✂︎—————————————–

グレンアラヒー12年はどこで買えるの?

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

グレンアラヒー12年とは?

シングルモルト界の伝説的プロデューサー、ビリー・ウォーカーが、シングルモルトとしての「グレンアラヒー」の可能性を見出し、2017 年、グレンアラヒー蒸留所は大手メーカー傘下から独立を果たしました。

こちらの商品は華やかで軽やかなスタイルが多いスペイサイドモルトとしては珍しく、しっかりとした骨格と奥行きのある豊かな味わいが特徴です。香りはバタースコッチとレーズン、モカを伴った蜂蜜。

-Amazon商品紹介より

「グレンアラヒー」って銘柄の名前、個人的にはあんまり聞き馴染みがない銘柄でした

最近見るようになってきて、注目度が上がっている印象がありますね!

そもそもは1968年創業開始で、ブレンデッドウイスキー原酒の供給をメインに活躍してたそうな

2017年にベンリアックグレンドロナックを世界的なブランドに成長させたビリー・ウォーカーという1人の男がその可能性を見出したことで、シングルモルトウイスキーの発売に乗り出したんだとか。なるほど、めちゃ最近じゃないか

グレンアラヒー、調べてみると知らないことが山ほどある蒸溜所なのでちょっと注目しておきたいと思います

ちなみにグレンアラヒーはゲール語で「岩の谷」って意味なんですってよ。ラベルデザインはそんな岩肌をイメージしているんだとか

ボトルを眺めてみる

とにかくグレンアラヒーのボトルデザインは特徴的。丸っこくて可愛い

そして何より色味、めちゃ濃い

⬆︎正面ラベル

⬆︎トップはコルク式ですね♪

 

それでは…
いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村’sコメント

「グレンアラヒー12年」…

実際の仕上がりはどうかのぉ???

たのしみたのしみ…

グレンアラヒー12年の香りは?👃

実際に香りをかいでみるぞい!
くんかっ…..くんかっ……………..

おぉ…………

 

少しクセの効いたベリーソース、、、

30%果汁オレンジジュース、、、

新品の輪ゴム、、、

クリーミーでマイルドな印象、、、

ほのかにホットなスパイシーさ、、、

柔らかく新鮮なバターの芳醇さ、、、

黒糖のような深さと甘さとコク、、、

微炭酸のぶどうサワー、、、

かすかにイチゴのフレッシュさ、、、

かすかに灯油のようなクセのニュアンス、、、

 

グレンアラヒー12年の味は?👅

実際に味わってみるんじゃ!
すーっ………………

ごくんっ……..んんん……..

 

ほろ苦いミルクココア、、、

ぶどうの皮の渋み、、、

微炭酸、、、

かすかに干し草のニュアンス、、、

ベリーソースの入り混じったハチミツ、、、

歯に残るポリフェノール感、、、

豊かに広がるバター香、、、

黒糖のような黒さのある深い甘さ、、、

スパイシーさはあるがそれほど強くない、、、

ダーク感、、、

紅色の味、、、

紅イモの甘さを彷彿とした、、、

麦の甘味もしっかりと感じられる、、、

グレンアラヒー12年のまとめ📝

今日は「グレンアラヒー12年」をご紹介しましたぞいっ♪
今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

全体的にダークで重めな印象でした

フレッシュな華やかさはほとんど感じられなかったのですが、ゆったりとした甘さとほろ苦さが心地よい、、、

ブラックコーヒーのうまさに目覚め出した頃の感覚、、、

少し大人な味だが落ち着いていて安心する

ハイボールはあまりイメージがないのでわからないですが、ロックは少し薄く感じてしまうかも?やってみないとわからないかも

“落ち着き”を演出するならば、水割りはかなりいいかもしれないです!(渋みがでないといいな)

試して覚えていたら追記します

 

✂︎—————————————–

グレンアラヒー12年のおすすめの飲み方は?

基本的にどんな飲み方でも楽しみそうじゃが、まずはストレートで飲んでみるのをおすすめするぞい!

 

✂︎—————————————–

グレンアラヒー12年ネット販売価格は?

Amazonや楽天市場でのチェックはこちらから👇

 

「グレンアラヒー12年」

試すも試さないも、あなたの自由ですっ^ ^

バーや酒屋さんなどで見かけた際はぜひ試してみては?

 

以上、ウイスキー藤村でした!
すばらしきウイスキー人生を〜♪🥃

 

✂︎—————————————–

P.S.🥃

グレンアラヒー、色々飲んでみたい!

フォローはご自由にどーぞっ^ ^

 

おすすめの関連ウイスキー

>>>「グレンドロナック12年

超名門シェリータイプウイスキー!ウイスキー愛好家に好きな人が多い銘柄

>>>「ベンリアック12年

こちらもコアファンが多い銘柄!甘くて優しい

✂︎—————————————–

 

<グレンアラヒー12年の詳細データ>

◯原産国:スコットランド🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿
◯区分と地域:スペイサイド
◯販売元:ウィスクイー
◯蒸溜所:グレンアラヒー蒸溜所
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:46%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン

✂︎—————————————–

<ウ藤のテイスティングノート>
グレンアラヒー12年

○色:かなり濃い褐色

○香り:少しクセの効いたベリーソース、30%果汁オレンジジュース、新品の輪ゴム、クリーミーでマイルドな印象、ほのかにホットなスパイシーさ、柔らかく新鮮なバターの芳醇さ、黒糖のような深さと甘さとコク、微炭酸のぶどうサワー、かすかにイチゴのフレッシュさ、かすかに灯油のようなクセのニュアンス

○ボディ:ミディアムフル

○味:ほろ苦いミルクココア、ぶどうの皮の渋み、微炭酸、かすかに干し草のニュアンス、ベリーソースの入り混じったハチミツ、歯に残るポリフェノール感、豊かに広がるバター香、黒糖のような黒さのある深い甘さ、スパイシーさはあるがそれほど強くない、ダーク感、紅色の味、紅イモの甘さを彷彿とした、麦の甘味もしっかりと感じられる

○余韻:深入りのコクが長く続く

○総評:全体的にダークで重めな印象だった。フレッシュな華やかさはほとんど感じられなかったが、ゆったりとした甘さとほろ苦さが心地よい。ブラックコーヒーのうまさに目覚め出した頃の感覚。少し大人な味だが落ち着いていて安心する。ハイボールはあまりイメージがないのでわからない。ロックは少し薄く感じてしまうかも?”落ち着き”を演出するならば、水割りはかなりいいかもしれない

✂︎—————————————–

<公式テイスティングノート>

記載なし

おすすめのウイスキーグラス

いつもテイスティングの際に使っているもので、スコットランドと日本では最も広く使われていますよ!

ふたつきで足つきなテイスティンググラス。少し贅沢な気分になりたいときにぴったり!

こちらは以前記事にも書いてる氷が解けないタンブラー。テーブルの上が濡れたりしないので利便性よしでお気に入りです!

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊。これからウイスキーを飲んで行きたい人向け

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑ですね!

ブレンデッドウイスキーを幅広くおさえた図鑑。パラパラとめくりながら、何も考えずに飲むウイスキーが最高…

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る。化学式とかに萌えいちゃうような理系ヲタ気質の方にオススメ!

響30年や山崎50年を手がけた、世界的ブレンダーであるサントリーの名誉チーフブレンダー輿水清一氏による一冊。輿水氏のウイスキー観について知ることができる良書です!

スコットランド蒸溜所についてまとめた一冊。目白田中屋の栗林さんにおすすめされた。旅のお供にあると便利かも〜

ジャパニーズウイスキーの歴史や蒸溜所情報について、日本人でない立場でありながら多大な熱量でまとめ上げられた渾身の一冊。情報量も重量感も超ヘビー級w
The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼