ライスウイスキー




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、毎度おなじみポッターさん(@potta0602)にテイスティング分をゆずって頂いた…

ライスウイスキー

をご紹介します!

ライスウイスキー

残念ながら終売品のようです…ネット販売でも見つけることができませんでした

ライスウイスキーとは

米から生まれた初めてのウイスキー。

焼酎や日本酒とは違い、米を糖化する仕込みの過程で麹をいっさい使わず、厳選されたモルト(麦芽)のみを仕様。

クリアでスムーズな味わいに仕上がりました。さらりとした口当たりとすっきりとした後味をお楽しみ下さい。-裏ラベルより

ちょこっと情報をネット調べてみたんですが、極端に情報が少ないw

話によると、「富士御殿場蒸溜所」のある静岡県のお膝元で一部販売されていた銘柄なんだとのこと

ただ裏ラベルによると、原料は米70%、モルト30%で結構がお米

かつ、度数がウイスキーの多くが40%以上であるところ35%という謎みの深い数値…怪しげだ…

【関連記事】
>>>「富士御殿場蒸溜所
>>>「富士山麓 樽熟原種50°
>>>「富士山麓 シグニチャーブレンド

米俵を彷彿とさせるボトルデザイン

情報がすくないといえ、あの「富士御殿場蒸溜所」の製品ですからね、ウマいに決まってるんです…

米俵のような色味にデザイン…上品さがあります…神秘的な印象まであるなぁ

でっかく、どどんと「米」

稲穂のモチーフが刻まれています

トップはシンプルなキャップ式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

米から生まれたはじめてのウイスキーとのことで興味津々…色からして普通に「ウイスキー」と呼ぶには圧倒的に違和感…

神秘さすら感じる立ち振舞の「ライスウイスキー」は、どのような仕上がりになっているのでしょうか…楽しみ楽しみ…

【香り】炊きたてのご飯、青りんごの爽やかさ、デラウェアのようなフルーティ


実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ………..ご飯だぁ…日本酒らしさがあるけれどやっぱりちがうなぁ…

まず甘い香りを感じとることができるのですが、ほんわかとしてあたたかな炊きたてご飯のような甘み….

日本酒によく感じることができるりんごに似た吟醸香は青りんごのように爽やかさを持ち合わせて果実感すら感じますね…澄んでいるなぁ…

ここまでは日本酒のようなふるまいをしていたライスウイスキーですが、すこし奥を探っていくと現れるのはモルト由来のよく知ったウイスキー表情です

まるでひのきのような香味がほのかな素朴さで魅せながら、スパイシーさをぱらっと放り込んできます…

すこし引いてまた全体像を確認するように香っていくと、エタノール感は消毒液のような、すこしあらっぽくも甘いニュアンスです…

ここで香ばしさみたいなものを感じたので探っていくと見えてきたのは焼き海苔のような連想をしました…もしかしたらお米感と樽由来のスパイシーさをかけ合わせて妄想したのかも…

後半になって気がついたのは小粒のぶどう、デラウェアのようなキュートでとろっとした甘さです…フルーティさにいろんな表情を感じるなぁ…

ほのかにクセっぽさとしてプラスチックのような無機質感や、お酢のようなニュアンスがあるのですが、ちらっと顔をだすだけで全貌をみせることはありません…

一見すっきりさのあまり淡白に感じた仕上がりは、よく探っていくほどウイスキー特有の”チラリズム”を確かに含有しており感動…すっげぇ…

【味】よく噛んでわかるお米の甘み、青りんごの果汁感、奥に隠されたバターの濃厚性


実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..お米ぇぇぇ…めっちゃ甘みぃぃぃ…やっぱり第一印象はウイスキーじゃないんだよなぁ…

それでも探っていくとウイスキーらしさが現れてくるのが、このライスウイスキーの魅力的なんだと思います

甘みを感じるのですが、まさに炊きたてのご飯をよく噛んでいるとでんぷんが唾液で分解されてたときに感じる糖の甘み…日本の食卓の味です…丁寧な食事で味わう味わいです

フルーティさにはほのかな風味で桃らしさがあり、確かにいるのですが主張と濃度が少なく、1%だけ果汁が含まれた清涼飲料水のよう…軽やかにかわいらしく…

舌や鼻から抜ける刺激感は、日本酒が与えるそれにそっくりです。「澄んでいる」という言葉がぴったりで、それだけ緻密な刺激で爽やかさを感じさせて抜けていく…心地よい…

香り同様に青りんごのようなフルーティさをしっかりと感じ、滑らかでクリアなすっきりとした味わいが舌をなぞるように流れてきます…

奥の奥にはバターの濃厚性が隠れており、「あぁやっぱり君はウイスキーだったんだね」という不思議な確認作業…30%のモルトが蒸留酒としてのゆるぎない安定感を担っています…

にわかに現れるお酢のような酸味感はチラチラとみせる隠れたピアスのようなアクセントになって、個性を伝えてくれているようです…こちらからもっと追っていきたく誘惑がそこにはありますね…

めっちゃいいやんライスウイスキー、おもしろいぜぇ…

スポンサーリンク



ライスウイスキー のまとめ


今日は「ライスウイスキー 」をご紹介しました

はじめての体験と呼べる、不思議なウイスキーでしたね。日本酒のようにクリアなのに、ウイスキーのコク感がどしっと構えるいいとこ取りをしたお酒に感じました…大満足…

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

ネット販売では現在取扱みつからず。めっちゃ面白いんだけどなぁ…つくってくれてもいいのに…

「ライスウイスキー」。もし試せる機会があれば、ぜひ試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「富士御殿場蒸溜所
>>>「富士山麓 樽熟原種50°
>>>「富士山麓 シグニチャーブレンド

 

<ライスウイスキー >
◯原産国:日本
◯区分と地域:静岡県御殿場市
◯タイプ:ブレンデッドウイスキー
◯原材料:米、モルト
◯アルコール分:35%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン

<テイスティングノート>
◯色:ほのかに黄色がかった無色透明

◯香り:炊きたてのご飯のほんわかとした甘み、青りんごのような爽やかさとゴロッとした果実感、ひのきのような木の癒やし、日本酒に似た澄んだアルコール感、消毒液、焼き海苔のような香ばしさ、ほんのりとプラスチックのような無機質感、デラウェアのようなかわいらしい果汁感、ほのかに感じるお酢のような酸味のアクセント

◯ボディ:ライト

◯味:お米をよく噛んで現れだす甘み、1%添加でほのかに風味を感じる桃の風味の清涼飲料水、日本酒のようなほんわかと暖かみを与える刺激感、青りんごのフルーティな果汁、奥の方になめらかなバタリーさ

◯フィニッシュ:後になるほどなめらかなバター性が顔を出し、樽由来のスパイシーさとひっそりと隠されたお酢っぽさを絡め取って混ざり合うように消えていく




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼