ザ・グレンリベット12年(終売品) / The Glenlivet Aged 12 Years

はいこんちゃ、

ウイスキー藤村です!

今日は!

 

ザ・グレンリベット12年(終売品)

のご紹介です!

 

(詳細だけサクッと知りたい方はこちらから下にぶっ飛べます)

✂︎—————————————–

 
▼依頼や質問はTwitter(メイン運用)のDMから
https://mobile.twitter.com/whiskyfujimura

▼納税者限定裏アカ(条件はプロフに記載)
https://mobile.twitter.com/whiskeyfujimura

▼欲しいウイスキーリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3TGHGW7XGU4HY?ref_=wl_share

▼投げ銭はLINE Payから
https://line.me/ti/p/lQg8GSoqsl

✂︎—————————————–

ザ・グレンリベット12年(終売品)はどこで買えるの?

こちらは終売品です。どこかの酒屋さんで眠っているかも

ザ・グレンリベット12年とは?

このウイスキーは、これまで数多くの表現で呼ばれてきました。スムース、フルーティ、複雑な、洗練された、楽しませてくれる、古典的、などなどです。

ウイスキーの年鑑 ”The Original Malt Whisky Almanac”では「最高級のモルト。世界で最も人気のあるモルトの一つ。それだけの価値がある。」と評価しています。

今回はちょっと珍しく、古いボトルをレビューしていきたいと思います!こちらはマネージャーポッターさんから借りています

実際、当酒場にはありがたいことにオールドボトルを片手にやってきてくれるお客さんが多いのですが、

レビューしようと思っても情報が少ないし、何よりこれを見てくださってる方の多くが買えないということもあり、やや敬遠気味でした

ただ、あんまり詳しいことはハナから求められてないことに気づいてしまったので、無責任な考察と雑なテイスティングコメントだけでも残しておくことにしました

まずこのボトル、いつのものかわからないってところからはじまるんですが、デザインから見るに現行の2つ前なんだと思います

⬆︎この印字がどのタイミングで付くのかはわからないですが、もし出荷のタイミングなら2010年ごろ発売されていただろうし、

そもそも出荷の印字なんてウイスキーでみたことがないため、国内に輸入のタイミングを印字しているのであれば、もう少し古い時期に市場に出回っていたことになりますね

どちらにせよ、デザインや印字からみるに、べらぼうに古いボトルということはなさそうです

ボトルを眺めてみる

⬆︎ボトル全体

⬆︎正面ラベル

⬆︎政府公認の歴史的1824年

⬆︎トップはコルク式ですね♪

 

それでは…
いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村’sコメント

「ザ・グレンリベット12年(終売品)」…

実際の仕上がりはどうかのぉ???

たのしみたのしみ…

ザ・グレンリベット12年(終売品)の香りは?👃

実際に香りをかいでみるぞい!
くんかっ…..くんかっ……………..

おぉ…………

 

香りだちはやや強い、、、

フレッシュでフルーティな酸味が押し寄せてくる、、、

青リンゴらしい果実感、、、

グレープフルーツのようなシトラス感、、、

隠された微かなピートらしさ、、、

早熟のパイナップル、、、

白い花に鼻を埋めたよう、、、

ほかほかの穀物らしい芳醇さ、、、

バターのコクとまろやかさが奥からやってくる、、、

すり潰したナッツらしいクリーミーさもある、、、

フレッシュチーズのいやらしさ、、、

クランベリーソースのような酸味、、、

どこか海苔のような雰囲気もある、、、

アルコール感は涼しさを伴って心地よく抜けていく、、、

ザ・グレンリベット12年(終売品)の味は?👅

実際に味わってみるんじゃ!
すーっ………………

ごくんっ……..んんん……..

 

フレンドリーで魅力的な甘さ、、、

単調ではない磨かれた舌触り、、、

口内に吹き出すフレッシュなフルーティさ、、、

特に青リンゴにグレープフルーツ、、、

舌の緊張を解きほぐすような滑らかさ、、、

味蕾にしみだす繊細な酸味、、、

とろとろとしながらサラサラと淡い、、、

花屋にたちいったようなフローラルさ、、、

はちみつの甘さにべっこう飴らしいきゅんとくるような甘さ、、、

バニラらしい気品のある華やかさと甘さ、、、

グレープフルーツのほろ苦さと酸味が味わいの輪郭をキュッとしめるよう、、、

舌で叩くと木らしく香ばしい自然味が感じ取れる、、、

ザ・グレンリベット12年(終売品)のまとめ📝

今日は「ザ・グレンリベット12年(終売品)」をご紹介しましたぞいっ♪
今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

香り立ちからかなりフルーティさを感じました

現行ボトルからは強い果実感を感じないのですが、旧ボトルからは特徴的な青リンゴ感を明らかに感じることができる

王道のように思える親しみやすさは全く単調でなく、複雑でありながら、至るところに親切さや温かみの配慮を感じるようです

王者と歴史の風格を感じ取れる味わい。とっても大満足でした!

 

✂︎—————————————–

ザ・グレンリベット12年(終売品)のおすすめの飲み方は?

ぜひストレートで!飲み比べて理解を深めようぞ!

 

✂︎—————————————–

ザ・グレンリベット12年(終売品)ネット販売価格は?

こちらは終売品のため、ネットでの販売は見つかりませんでした

 

「ザ・グレンリベット12年(終売品)」

試すも試さないも、あなたの自由ですっ^ ^

バーや酒屋さんなどで見かけた際はぜひ試してみては?

 

以上、ウイスキー藤村でした!
すばらしきウイスキー人生を〜♪🥃

 

✂︎—————————————–

P.S.🥃

シングルモルトのオールドボトルって中々見ないのよねぇ。見つけたらラッキー!

フォローはご自由にどーぞっ^ ^

 

おすすめの関連ウイスキー

>>>「ザ・グレンリベット12年 イリシットスティル

先日発売されたばかりの数量限定品。密造酒時代当時のグレンリベットからインスパイアを受けて作られた銘柄

>>>「ザ・グレンリベット12年(終売品)

こちらは最近まで現行だったボトル。酒屋さんではたまに見かけるので買っておくといいかも

✂︎—————————————–

 

<ザ・グレンリベット12年(終売品)の詳細データ>

◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:スペイサイド
◯輸入元:アクサス株式会社
◯蒸溜所:ザ・グレンリベット蒸溜所
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:40%

✂︎—————————————–

<ウ藤のテイスティングノート>

◯試飲量:15ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:グレンケアン

👀色:明るい黄色

👃香り:香りだちはやや強い、フレッシュでフルーティな酸味が押し寄せてくる、青リンゴらしい果実感、グレープフルーツのようなシトラス感、隠された微かなピートらしさ、早熟のパイナップル、白い花に鼻を埋めたよう、ほかほかの穀物らしい芳醇さ、バターのコクとまろやかさが奥からやってくる、すり潰したナッツらしいクリーミーさもある、フレッシュチーズのいやらしさ、クランベリーソースのような酸味、どこか海苔のような雰囲気もある、アルコール感は涼しさを伴って心地よく抜けていく

💪ボディ:ミディアム

👅味:フレンドリーで魅力的な甘さ、単調ではない磨かれた舌触り、口内に吹き出すフレッシュなフルーティさ、特に青リンゴにグレープフルーツ、舌の緊張を解きほぐすような滑らかさ、味蕾にしみだす繊細な酸味、とろとろとしながらサラサラと淡い、花屋にたちいったようなフローラルさ、はちみつの甘さにべっこう飴らしいきゅんとくるような甘さ、バニラらしい気品のある華やかさと甘さ、グレープフルーツのほろ苦さと酸味が味わいの輪郭をキュッとしめるよう、舌で叩くと木らしく香ばしい自然味が感じ取れる

🎵余韻:ぐっとやや長い

✍️総評:香り立ちからかなりフルーティさを感じた。現行ボトルからは強い果実感を感じないが、旧ボトルからは特徴的な青リンゴ感を明らかに感じることができる。王道のように感じる親しみやすさは全く単調でなく、複雑でありながら至るところに親切さや温かみを感じる。王者と歴史の風格を感じ取れる味わい。

✂︎—————————————–

<公式テイスティングノート>

記載なし

おすすめのウイスキーグラス

いつもテイスティングの際に使っているもので、スコットランドと日本では最も広く使われていますよ!

ふたつきで足つきなテイスティンググラス。少し贅沢な気分になりたいときにぴったり!

こちらは以前記事にも書いてる氷が解けないタンブラー。テーブルの上が濡れたりしないので利便性よしでお気に入りです!

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊。これからウイスキーを飲んで行きたい人向け

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑ですね!

ブレンデッドウイスキーを幅広くおさえた図鑑。パラパラとめくりながら、何も考えずに飲むウイスキーが最高…

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る。化学式とかに萌えいちゃうような理系ヲタ気質の方にオススメ!

響30年や山崎50年を手がけた、世界的ブレンダーであるサントリーの名誉チーフブレンダー輿水清一氏による一冊。輿水氏のウイスキー観について知ることができる良書です!

スコットランド蒸溜所についてまとめた一冊。目白田中屋の栗林さんにおすすめされた。旅のお供にあると便利かも〜

ジャパニーズウイスキーの歴史や蒸溜所情報について、日本人でない立場でありながら多大な熱量でまとめ上げられた渾身の一冊。情報量も重量感も超ヘビー級w
The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼