ベンネヴィス10年/ BenNevis Aged 10 Years

はいこんちゃ、

ウイスキー藤村です!

今日は!

 

ベンネヴィス10年

のご紹介です!

 

(詳細だけサクッと知りたい方はこちらから下にぶっ飛べます)

✂︎—————————————–

 
▼依頼や質問はTwitter(メイン運用)のDMから
https://mobile.twitter.com/whiskyfujimura

▼納税者限定裏アカ(条件はプロフに記載)
https://mobile.twitter.com/whiskeyfujimura

▼欲しいウイスキーリスト
https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3TGHGW7XGU4HY?ref_=wl_share

▼投げ銭はLINE Payから
https://line.me/ti/p/lQg8GSoqsl

✂︎—————————————–

ベンネヴィス10年はどこで買えるの?

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

ベンネヴィス10年とは?

ニッカがスコットランドに所有するベン・ネヴィス蒸溜所で10年間熟成、西ハイランドの自然の恵みを受けたシングルモルトウイスキーです。

バニラ香、まろやかな味わいと長い余韻が特徴です。

ベン・ネヴィス蒸溜所 ハイランド地方フォートウイリアム地区の最も古い公認蒸溜所の一つ。

1825年に創業され、1989年からニッカウヰスキーが所有しています。

標高1,343mのベン・ネヴィスの麓、清らかな雪解け水と豊かな自然に恵まれたこの蒸溜所は、「品質本意」が信条。

伝統的製法とニッカの技術で、スコットランドの最高峰の山「ベン・ネヴィス」の名にふさわしく、香り高く、バニラのようにまろやかな味わいのスコッチウイスキーを造っています。

ニッカウヰスキーが所有するスコットランド蒸溜所ベンネヴィス

ニッカウヰスキーとして大々的にPRすることがないため、意外と知ることが少ない蒸溜所になっています

間接的に、「ニッカセッション」を飲むことで味わいについて知っていることはあっても、意外と存在自体に気づくのが遅くなりがちな銘柄だと感じます

実際、酒屋さんなどで見かける頻度もそこまで多くないため、地味に後回しになっていました(個人的に)

ボトルを眺めてみる

⬆︎ボトル全体

⬆︎正面ラベル

⬆︎トップはコルク式ですね♪

 

それでは…
いざっ!実飲っ!

ウイスキー藤村’sコメント

「ベンネヴィス10年」…

実際の仕上がりはどうかのぉ???

たのしみたのしみ…

ベンネヴィス10年の香りは?👃

実際に香りをかいでみるぞい!
くんかっ…..くんかっ……………..

おぉ…………

 

香りだちは中程度、、、

ミルキーパイナップルキャンディー、、、

マンゴーらしい甘味、、、

かすかに納豆の癖っぽさ、、、

ユリのようなフローラルさ、、、

甘く華やかなバニラ、、、

弾けるオレンジ果汁、、、

よく嗅ぐと粉っぽいニュアンス、、、

ラムネのタブレット、、、

かすかに炊き立てのご飯らしさ、

ミルキーさの中からトロピカルフルーツが湧き出している、、、

木のニュアンスがアクセントとして効いている、、、

ベンネヴィス10年の味は?👅

実際に味わってみるんじゃ!
すーっ………………

ごくんっ……..んんん……..

 

淡く甘い、、、

やわらかな桃フレーバー、、、

土っぽいニュアンスからカブトムシ感、、、

バニラやバターのような乳製のまろやかさ、、、

ダークチョコレートのほろ苦さ、、、

弱くパイン飴、、、

甘やかで溶けた砂糖のニュアンス、、、

シフォンケーキ、、、

フルーティーな綿菓子、、、

可愛らしい少女と淡い記憶、、、

ほのかにお酢のような酸味らしさが味をしめる、、、

ベンネヴィス10年のまとめ📝

今日は「ベンネヴィス10年」をご紹介しましたぞいっ♪
今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

香りからははっきりとトロピカルな印象を受けたんですが、実際に飲んでみると思いの外淡くて繊細な味わい

ニッカセッションで感じ取られたかわいらしさを同様に感じ取ることができました

バニラの甘さに包まれたフルーティなフレーバーが辺りを漂っているよう、、、

ポップめな仕上がりでありながら、どストレートな正統派ではない、むず痒いクセらしさを孕んでいるのが魅力的

繊細な水墨画のような世界。至る所で個性の光りがちらついているように見える、個人的に大好きな銘柄です!大満足

 

✂︎—————————————–

ベンネヴィス10年のおすすめの飲み方は?

さっぱりとハイボールなんかどうじゃろか?

 

✂︎—————————————–

ベンネヴィス10年ネット販売価格は?

Amazonや楽天市場でのチェックはこちらから👇

 

「ベンネヴィス10年」

試すも試さないも、あなたの自由ですっ^ ^

バーや酒屋さんなどで見かけた際はぜひ試してみては?

 

以上、ウイスキー藤村でした!
すばらしきウイスキー人生を〜♪🥃

 

✂︎—————————————–

P.S.🥃

ベンネヴィスの長期熟成ってだいたいうまい気がする

フォローはご自由にどーぞっ^ ^

 

おすすめの関連ウイスキー

>>>「ニッカ セッション」

ベンネヴィス、余市、宮城峡をブレンドしたというブレンデッドモルトウイスキー。軽やかでうんまい

>>>「竹鶴ピュアモルト

余市と宮城峡をブレンドして作られているピュアモルトウイスキー。ベンネヴィスが入ってるとか入ってないとか、都市伝説があったりする

✂︎—————————————–

 

<ベンネヴィス10年の詳細データ>

◯原産国:スコットランド
◯区分と地域:ハイランド
◯販売元:アサヒビール
◯蒸溜所:ベンネヴィス蒸溜所
◯タイプ:シングルモルトウイスキー
◯原材料:モルト
◯アルコール分:43%

✂︎—————————————–

<ウ藤のテイスティングノート>

◯試飲量:15ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:グレンケアン

👀色:明るいはちみつ色

👃香り:香りだちは中程度、ミルキーパイナップルキャンディー、マンゴーらしい甘味、かすかに納豆の癖っぽさ、ユリのようなフローラルさ、甘く華やかなバニラ、弾けるオレンジ果汁、よく嗅ぐと粉っぽいニュアンス、ラムネのタブレット、かすかに炊き立てのご飯らしさ、ミルキーさの中からトロピカルフルーツが湧き出している、木のニュアンスがアクセントとして効いている

💪ボディ:ミディアム

👅味:淡く甘い、やわらかな桃フレーバー、土っぽいニュアンスからカブトムシ感、バニラやバターのような乳製のまろやかさ、ダークチョコレートのほろ苦さ、弱くパイン飴、甘やかで溶けた砂糖のニュアンス、シフォンケーキ、フルーティーな綿菓子、可愛らしい少女と淡い記憶、ほのかにお酢のような酸味らしさが味をしめる

🎵余韻:淡く甘くほどよく

✍️総評:香りからははっきりとトロピカルな印象を受けたが、実際に飲んでみると思いの外淡くて繊細な味わい。ニッカセッションで感じ取られたかわいらしさを同様に感じ取ることができた。バニラの甘さに包まれたフルーティなフレーバーが辺りを漂っているよう。ポップめな仕上がりでありながら、どストレートな正統派ではない、むず痒いクセらしさを孕んでいるのが魅力的。繊細な水墨画のような世界。至る所で個性の光りがちらついているように見える

✂︎—————————————–

<公式テイスティングノート>

記載なし

おすすめのウイスキーグラス

いつもテイスティングの際に使っているもので、スコットランドと日本では最も広く使われていますよ!

ふたつきで足つきなテイスティンググラス。少し贅沢な気分になりたいときにぴったり!

こちらは以前記事にも書いてる氷が解けないタンブラー。テーブルの上が濡れたりしないので利便性よしでお気に入りです!

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊。これからウイスキーを飲んで行きたい人向け

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑ですね!

ブレンデッドウイスキーを幅広くおさえた図鑑。パラパラとめくりながら、何も考えずに飲むウイスキーが最高…

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る。化学式とかに萌えいちゃうような理系ヲタ気質の方にオススメ!

響30年や山崎50年を手がけた、世界的ブレンダーであるサントリーの名誉チーフブレンダー輿水清一氏による一冊。輿水氏のウイスキー観について知ることができる良書です!

スコットランド蒸溜所についてまとめた一冊。目白田中屋の栗林さんにおすすめされた。旅のお供にあると便利かも〜

ジャパニーズウイスキーの歴史や蒸溜所情報について、日本人でない立場でありながら多大な熱量でまとめ上げられた渾身の一冊。情報量も重量感も超ヘビー級w
The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼