戸河内ウイスキー 8年

スポンサーリンク



こんばんは!

田舎に住むとちょっとやそっとの虫じゃ驚かなくなる

ウイスキー藤村です!

 

さて!今日は!

個人的には謎のウイスキーにジャンル分けしていたこちらの銘柄…

戸河内ウイスキー 8年

のご紹介です!

(提供:おさけの乾燥ペンギン@pengin_whisky)

戸河内ウイスキー 8年

全国の酒屋さん、ネット通販にて購入できます

戸河内ウイスキー 8年とは?

100年近く培った焼酎の技術を活かし戸河内貯蔵庫で8年以上熟成させた戸河内の新緑を思わせるスパイシーな柑橘系の香りを持つグレーンスピリッツと適度なピート香とバニラやチョコレート様の柔らかな甘みを持つモルトウイスキーをブレンドしました。

ミネラル感と若草の香りが特徴のスッキリとドライな味わいのウイスキーに仕上げました。-商品紹介

「戸河内」は「とごうち」と読みます

もともと100年ほど焼酎を作っていた広島の中国醸造というメーカーが作ったウイスキーだったんですね

✂︎—————————————–

 

戸河内ウイスキーを手がける中国醸造とSAKURAO DISTILLERY(桜尾蒸溜所)とは?

1918年、広島県廿日市市桜尾で産声をあげた中国醸造。

100年以上におよぶ酒づくりの中で培われた技術や伝統から生まれた味わいは、今も多くの人々に愛され親しまれています。

しかし、伝統の技だけに頼ってはいけない。

私たちはそう考えていました。

そして2018年、洋酒づくりの新たな可能性へ挑戦するため広島発のクラフト蒸留所「SAKURAO DISTILLERY」を設立。

世界を見つめた挑戦へと私たちを突き動かしたのは、終わりなき革新を求め続けるDNAに他なりません。

伝統と革新が、次の100年をつくる。

SAKURAO DISTILLERYが生み出す新しい味わいに、どうぞご期待ください。

2018年に新しくできた蒸溜所だったんですね

「SAKURAO DISTILLERY」といえば、今はジンの方が有名かもしれません

(↑公式HP見たんですけど桜尾蒸溜所の文字がなくて頑なにSAKURAO DISTILLERYなので、SAKURAO DISTILLERYで行きましょう笑)

米国で開催された世界的な酒類コンペティション「San Francisco World Spirits Competition (サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション)」において、最高金賞である「Double Gold」を受賞という快挙を成し遂げています

最近は複数種類のお酒をつくる日本の酒造メーカーがめちゃくちゃ多いので、ほかのジャンルのお酒でも気になってしまいます

ジンとかテキーラあたりも飲み進めていこうかな〜

 

ウイスキートリビア!🥃
❶SAKURAO DISTILLERYは2018年の新設蒸溜所
❷SAKURAO DISTILLERY はジンが世界的コンペで快挙

 

現在はスコットランドなどから樽を買い付けて自社で熟成させている

SAKURAO DISTILLERYの設立が2018年なので、ここで蒸溜したウイスキーは戸河内8年には入ってません

戸河内8年はスコットランドなどからバルクウイスキーといって、海外から一括で買い付けたウイスキーを使ってブレンドされているんですね

原酒は海外のものでも、ブレンド技術や酒のクオリティ、世界観や目指したい方向性などが伝わってきます

新設の蒸溜所の場合は「これからあんな感じの仕上がりになってくのかなぁ…。それともこんな感じかなぁ…」なんて妄想しなから飲むのが楽しかったりしますよね

↑えぇ…ラベルに何か書いてある…怖い…

パンセ[パスカル]

第2章

神なき人間の惨めさ

71

過量、または過小の酒

酒を与えないと

人は真理を見出せない

与えすぎても同様
(訳 k299i)

「パンセ」というのは、あの「パスカルの定理」で有名なフランス人哲学者「ブレーズ・パスカル」の遺著

自らの書籍の出版のために書き留めた数多くの断片的な記述を、彼の遺族が編集し、刊行したのだとか

16歳でパスカルの定理を発見した天才ブレーズ・パスカルが「酒を与えないと人は真理を見出せない」とw

ただし「適量にしろってことですね」、はい、よくわかります(棒)

 

ウイスキートリビア!🥃
ラベルに書いてあるのはあのパスカルの言葉

 

トップはスクリュー式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント


戸河内ウイスキー 8年…

実際の仕上がりはどうなんでしょうか…

たのしみたのしみ…

戸河内ウイスキー 8年の香り👃

実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………

ミント…シトラス…ココナッツ…炒りごま…落ち葉…土…早熟のパイナップル…松ヤニ…かすかに生クリーム

 

香りだちは中くらい…

第一印象は涼しげなミントとシトラスがそよいでいます…

ココナッツのような柔和な香りが少し独特ですが心地よく香る…

炒りごまのような少し焼けたニュアンスで空腹をそそられる…

落ち葉や土っぽさが豊かな自然を感じる…

早熟のパイナップルのようなフレッシュなフルーティさが親しみやすさを演出…

松ヤニのようなクセっぽさがスパイシーさと粘性の役割を担っていて大切な立ち振る舞い…

かすかに生クリームのようで口当たりが親切で心地よい…

戸河内ウイスキー 8年の味👅

実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..

杏仁豆腐…バニラ…さつまいも…ココア…アルコール感…プラスチック感…心地よい大地のニュアンス…樽らしいスパイシーさ…

 

舌へのアタックはやや控えめ…

第一印象は酸味のソースがかかった杏仁豆腐…

バニラの甘さがうっすらと…

さつまいものような甘さが染み出すように流れてる…

ココアのようなほろ苦さとコクと甘さをか感じる大切なアクセント…

アルコールのクセからややプラスチックっぽさを感じるがいやではない…

改めて感じるのは花や木々を連想する土っぽく心地の良い自然味…

あとからやってくる樽由来のスパイシーさ…

すごく優しくて自然的な味わいがいいなぁ…

スポンサーリンク



戸河内ウイスキー 8年のまとめ📝

今日は「戸河内ウイスキー 8年」をご紹介しました

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

尖った個性はところどころあるように感じるんですが、全体としての印象が少し残りづらい感じはあるかなぁという

基本的にフレンドリーな仕上がりなんですけど、言葉になりきらないレベルで、飲み手を驚かすような突拍子もない意外性が、ふと現れるような面白さがあるようにも思いました

他の銘柄も試していきたいと思わせてくれるテイスティングとなりました!

 

✂︎—————————————–

戸河内ウイスキー 8年のおすすめの飲み方は?

ストレートで飲むよりも、水割り、ハイボール…

あと意外とお湯割りなんかがいいような気がしました

お湯で割ると、また新たな個性が見つかると思うので、面白いかもしれませんね

あとちょうどボトルのデザインもお湯割りにしたくなる佇まいですしね

 

✂︎—————————————–

戸河内ウイスキー 8年のAmazon販売価格は?

Amazon価格はこちら👇

 

「戸河内ウイスキー 8年」

試すも試さないもあなたの自由

以上、ウイスキー藤村でした!

よりよいウイスキー人生を〜♪🥃

 

【関連のおすすめ記事】
>>>「マルス モルテージ 越百

>>>「ピュアモルトウイスキー 倉吉

 

<戸河内ウイスキー 8年>
◯原産国:日本🇯🇵
◯区分と地域:広島県
◯タイプ:ブレンデッドウイスキー
◯原材料:モルト、グレーン
◯アルコール分:40%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン

✂︎—————————————–

<テイスティングノート>
◯外観:中くらいの黄色…さらっとした液だれ…

◯香り:ミント…シトラス…ココナッツ…炒りごま…落ち葉…土…早熟のパイナップル…松ヤニ…かすかに生クリーム

香りだちは中くらい… 第一印象は涼しげなミントとシトラスがそよぐ…ココナッツのような柔和な香りが少し独特に香る…炒りごまのような少し焼けたニュアンス…落ち葉や土のような自然を感じる…早熟のパイナップルのようなフルーティさが親しみやすさを演出…松ヤニのようなニュアンスがスパイシーさと粘性の役割を担っている…かすかに生クリームのようで口当たりが親切…

◯ボディ:ミディアム

◯味:杏仁豆腐…バニラ…さつまいも…ココア…アルコール感…プラスチック感…心地よい大地のニュアンス…樽らしいスパイシーさ…

舌へのアタックはやや控えめ… 第一印象は酸味のソースがかかった杏仁豆腐…バニラの甘さがうっすらと… さつまいものような甘さが染み出すように流れてる…ココアのようなほろ苦さとコクと甘さをか感じる…アルコールのクセからややプラスチックっぽさを感じる…花や木々を連想する土っぽく心地の良い自然味…あとからやってくる樽由来のスパイシーさ…

◯余韻:やや短い

◯総評:尖った個性はところどころあるように感じるが、全体としての印象が残りづらい感じがある。基本的にフレンドリーな仕上がりであるが、飲み手を驚かすような突拍子もな意外性がふと現れるような面白さがあった。他の銘柄も試していきたい

◯自己評価:60点/100点

✂︎—————————————–

<公式テイスティングノート>
◯色:明るい黄金色

◯香り:ミネラル感の強いスパイシーな上立ち香に続き、スモーキーなピート香が現れる。

◯味わい:スッキリとドライな味わい。スパイシーな香りと若草を思わせる香りがよりドライ感を際立たせる。

◯フィニッシュ:スパイシーな香りとスモーキーなピート香が後味を引き締める。

おすすめのウイスキーグラス

いつもテイスティングの際に使っているもので、スコットランドと日本では最も広く使われています

おすすめのウイスキー関連書籍

基本の飲み方、基礎知識、味の表現などをイラストでまとめた一冊。これからウイスキーを飲んで行きたい人向け

世界のシングルモルトを幅広く、深く取り扱う図鑑

ブレンデッドウイスキーを幅広くおさえた図鑑。パラパラとめくりながら、何も考えずに飲むウイスキーが最高…

ウイスキーの神秘について科学の視点から探る。化学式とかに萌えいちゃうような理系ヲタ気質の方にオススメ

響30年や山崎50年を手がけた、世界的ブレンダーであるサントリーの名誉チーフブレンダー輿水清一氏による一冊。輿水氏のウイスキー観について知ることができる良書

スコットランド蒸溜所についてまとめた一冊。目白田中屋の栗林さんにおすすめされた。旅のお供にあると便利かも

ジャパニーズウイスキーの歴史や蒸溜所情報について、日本人でない立場でありながら多大な熱量でまとめ上げられた渾身の一冊。情報量も重量感も超ヘビー級

スポンサーリンク



The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼