ラガブーリン ダブルマチュアード

スポンサーリンク



こんばんわ!ウイスキー藤村です!

今回ご紹介するのは「ラガブーリン ダブルマチュアード」です!

ラガブーリン ダブルマチュアード

度数:43%
グラス:グレンケアン

◯香り:みたらし団子、ほんのり薬品っぽさ、海藻っぽさ、畳、若草、ほんのすこしメンマ

◯味:濃厚なラズベリーソース、干しぶどう、刺身醤油、あんかけ、完熟パイナップル、ダークチョコレート

 

スコットランド アイラ島のラガブーリン蒸溜所で作られているウイスキー

こちらはディスティラリーエディションとしてのリリースですね(←なんだか特別感があるなっ)

「ダブルマチュアード」とは「2つの樽で熟成された」という意味らしい…樽は「バーボン樽」という樽と「シェリー樽」というもの

シェリー樽の方は「ペドロヒメネス」というサッカー選手みたいな名前のシェリー酒(←劣化しづらいワイン。酒精強化ワイン)の樽にて熟成がされており、ペドロヒメネスは極めて甘いお酒です🍷

ペドロヒメネス樽に入れるまでは通常の「ラガブーリン16年」とそんなに変わらないようですが、一体どんな違いがあるんでしょうか???

ウイスキー藤村コメント

まず香りはふんわりと甘く、少しだけしょっぱいような香り…

先日レビューした「ラガブーリン16年」では「正露丸」っぽいとか「薬っぽい」など言われるんですが「あれ?あんまり薬っぽい香りがしないかも???」と感じました(←意外!)

「華やか」というのも少し感じるのですがなんだか「みたらし団子ウイスキーだ!」という暫定の結論に至りました(←相変わらずの迷ネーミングに拍手喝采👏)

「スイート&スモーキー」…少し空腹をそそるような甘い煙幕で鼻孔をくすぐられます

味わってみると「あぁいつものラガブーリン!」と思わせてくれるダークチョコレート感には色気があって、「スイート」というより「スウィート」と言いたくなる上品さがあります(←謎すぎるw)

トロッとした舌触りに完熟パイナップル感と滑らかなキャラメル感を感じます…エッチだ…(←小声)

ペドロヒメネスの味わいだと思うのですが、ラズベリーソース、干しぶどうのようなベリー系の濃厚さがあり、たまらないなぁ…

最初は「みたらし団子」って思っていたのに、みたらし団子にこんなにもエロさを感じたことがない筆者は困惑させられました(←エロすぎるみたらし団子ウイスキー!ありがとう!)

そうかそうか…みたらし団子ってことなので「和テイスト」っぽい雰囲気があるんですよね

「ペドロヒメネスの甘さとなめらかさ」が「みたらし餡の甘さとなめらかさ」に近かったのかもしれません

そんで、みたらしの餡って調べてみたら「砂糖醤油」だったんですね!知らなかった…

あとはとろっとした甘しょっぱい感じは「さしみ醤油」のようにも取れるなぁと思いました。どちらにせよ食欲をそそる味わいです

スウィートな煙幕は波のようにも感じられて海から「ざばーん!」っと口の中に広がって、完全に飲み手を虜にしていくこのウイスキーのポテンシャルは計り知れません…

やっぱりすごいなぁラガブーリン。。。好きすぎる。。。

ラガブーリンシリーズではハイクラスの銘柄にはなると思いますが、ぜひ一度は試してほしい!

試したことがない方はぜひお試しください!
The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

最新記事 by ウイスキー藤村 (全て見る)

タグなし。

▼この記事を今すぐシェア!▼