響 ジャパニーズハーモニー




こんばんは!
ウイスキ〜がダイスキ〜♪

ウイスキー藤村です!

今日は、ジャパニーズウイスキーの大本命。みんなだいすきな…

響 ジャパニーズハーモニー

をご紹介します!

響 ジャパニーズハーモニー

全国の酒屋さん、ネット通販で購入できます

響 ジャパニーズハーモニーとは

花を思わせる香り、やわらかな味わい、繊細に広がる余韻、厳選した多彩な原酒を贅沢にブレンドしました。

「人と自然と響き合う」という企業理念から生まれ、日本の風土と日本人の完成が結晶したウイスキー「響」。

二十四節気を表わす24面カットのボトルにも、その感性が宿っています。

日本が世界に誇る、繊細な味と香りのハーモニーをお楽しみください。-裏ラベルより

いやいやちょっと、サントリーさん…あのさぁ、「人と自然が響き合う」ってさぁ…

素敵すぎん???😉

以前レビューしたサントリー銘柄の「響21年」や「山崎12年」や「白州(ノンエイジ)」でも共通するのですが、まるで和食を食べているかのような落ち着きをもたらしてくれるのがサントリーウイスキーの特徴だと勝手に思っています…

そんなどこか懐かしいというか、日本人心を癒やしてくれるのは経営理念から滲み出た成果なのかもしれません

【関連記事】
>>>「響21年
>>>「山崎12年
>>>「白州(ノンエイジ)

まるで結晶のように美しすぎる24面カットボトル

もうさぁ…魅了されてばっかりなんだよなぁ…照れてしまうんだけど!!💢

あざやかに輝くウイスキーが立ち振舞だけで、ぼくをクラクラにしてしまいます…

力強く、それでいて気品で溢れた「響」の文字

トップはこだわりの12面カットデザインのコルク式ですね♪

 

それでは…

いざっ!実飲っ!
スポンサーリンク



ウイスキー藤村’sコメント

響ぃぃぃぃぃぃ…。

言わずも知られたジャパニーズウイスキーを代表する超絶偉大なウイスキー…

以前、#ウイスキーレビューの記念すべき100杯目で「響21年」をレビューしましたが、まじでやばくて、持てる語彙力が消滅したのはいい思い出ですね…

果たして今回の「響 ジャパニーズハーモニー」はどんな表情をみせて、魅了してくれるのか…楽しみ楽しみ…

【香り】バニラの華やかさ、干し草のように素朴、マイルドさで魅了する羽衣のようなベール


実際に香りをかいでみましょう…

 

くんかっ…..くんかっ……………..おぉ…………個性という個性が響き合いまくってるぅぅぅぅぅぅぅ…。なんだこの「豊か」という言葉がどーんと脳を揺らす感覚は…「響」、すごすぎんだよなぁ…

まず、とても華やかな香りが出迎えてくれている…これはバニラのように軽やかで明るい表情をした心地のよい甘みです…

そのあとを追ってくるのは、オレンジやマスカットのようなフルーティで陽気なふるまいをする弾けるような果汁感…信頼できる笑顔で寄り添ってくれています…既に心を許してしまった…

そのあとの辺りを包みこむように匂わすのは干し草のような素朴でやわらかな、少し乾いた香味です…親しみやすさがよりよく滲み出しています…

ペンキのシンナーみたいなクセっぽいニュアンスは、無意識レベルの気を惹いています…そそられるようにまたその奥へ…

清涼感を確かに感じるのはまるでメンソールのような爽やかさ…決して強い主張はせずに、全体のハーモニーに心地よいリズムを与えるパーカッションのように…あっ…思わず迷レビューがぁ…

スパイシーな樽の香味に絡みつくようなハチミツバターの官能的なほど甘く濃厚な香りが核の部分で圧倒的なバランス感を生んでいる…響の本体のように感じますね…

マヨネーズのようにオイリーでなめらかなニュアンスは薄い羽衣のようなベール…

ほんのりとクセっぽさを最後に魅せてきたのはシェリー由来のゴムっぽいニュアンス…これがまたぐっとくる個性の一つとして重要な役割…たまらねぇぇぇ…

【味】オレンジのジューシーさ、ミルクのようなやわからさ、甘栗のような香ばしさ


実際に味わってみましょう…

 

すーっ………………ごくんっ……..んんん……..個性が響き合ってるのぉぉぉぉ!!!なんなのぉ…。個性のひとつひとつを感じ取ることができるのにどれもが「繋がっている」ように感じるこの不思議…やべぇ…

まず、フルーティさが贅沢に味覚を刺激するのはオレンジのようなジューシーな味わいです…満足感を一気に与えてくれています…

ミルクのようなやわらかなふるまいが、飲み手がオレンジの酸味で驚いてしまわぬよう、すぐさま味わい全体をなめらかに包み込みます

そしてほろ苦さみたいな香味を感じるのはまるで甘栗のような秋の味覚を思わす風味豊かな焦げ味です…素朴で居心地がよくなってしまうなぁ…ここにずっといたい…

少し懐かしい気持ちになった気がして、探っていくとわかる木製の衣類タンスのなかのようなニュアンス…実家を思い出した…

そして何より存在感があるというか、この「響 ジャパニーズハーモニー」の曲調を決めているといってもいい官能的なほどとろっとしていて、なのにどこか軽やかさのあるはちみつのようなそぶり…表情…なんて優しいの…

嘘のように魅惑的なのでなにかの罠なのかと疑うほどに惹きつけられていく…

ほんのりとプラムのような甘酸っぱさを感じさせられた気がしましたが、見え隠れして全貌に触れることはできません…そんなにいたずらにされたらもう…

たくさんの個性を感じながらも矛盾なく、互いの強みを響かせあって仕上がりを魅せる「響 ジャパニーズハーモニー」…まじやっゔぇ…だいすきすぎる…

スポンサーリンク



響 ジャパニーズハーモニーのまとめ


今日は「響 ジャパニーズハーモニー」をご紹介しました

「響」って本当にすごいんですよね…。

多分、あまりウイスキーを飲んでいなかったころに、贅沢なウイスキーとしてご褒美のように嗜んでいた時期があったので、ひいきしてしまう部分があると思うんですが…

それでもやっぱり個性の潤沢さ、全体のバランス感、満足度、本当に人に感動体験を与えてくれるウイスキーなんだなぁということを再確認しました…。

あぁ、とっても大満足みかんですっ

今回のウイスキーも、とってもおいしくいただきました🙏

 

Amazon価格はこちら👇

どんどん高くなっていくから、迷った時が買い時だよ!(←自分の納得感を大事にして買ってねっ)

「響 ジャパニーズハーモニー」

まだ試したことがない方はぜひ、試してみてはいかがでしょう?

以上、ウイスキー藤村でした!

Have a Enjoy Whisk(e)y Day〜♪🥃

 

【関連記事】
>>>「響21年
>>>「山崎12年
>>>「白州(ノンエイジ)

 

<響 ジャパニーズハーモニー>
◯原産国:日本
◯タイプ:ブレンデッドウイスキー
◯原材料:モルト、グレーン
◯アルコール分:43%
◯試飲量:15ml
◯グラス:グレンケアン

<テイスティングノート>
◯色:明るいゴールド

◯香り:バニラのような華やかさのある甘み、オレンジやマスカットのようなフルーティで陽気さのある果汁感、干し草のような素朴でやわらかな香味、ペンキのようなシンナーのクセっぽいニュアンス、メンソールの清涼感、かつおぶし出汁の香ばしさとコク、スパイシーな樽の香味に絡みつくようなハチミツバターの甘さと濃厚性、マヨネーズのようなオイリーでマイルドな羽衣のように薄いベール、ほんのりとみせるゴムっぽいニュアンス、

◯ボディ:ミディアム

◯味:オレンジのフルーティでジューシーな味わいをミルクのようなやわらかさが滑らかに包む、マイルドなバターの濃厚性、甘栗のように甘くも焦げ味でほろ苦い、タンスの中のような木製のニュアンス、甘く官能的なはちみつのとろっとしたふるまい、ほんのりプラムのような甘酸っぱさが見え隠れする、舌に残るザラッとしたニュアンス

◯フィニッシュ:はちみつバターのハーモニーがほどよく焦がした木の香味を連れ、響きあうようなめらかに溶け合って長く続いていく




The following two tabs change content below.

ウイスキー藤村

ウイスキー藤村です!ウイスキーが大好きです。毎日ウイスキーを飲んでいます!

▼この記事を今すぐシェア!▼