\\Twitterにて記事更新をお知らせ//

【レビュー】ノブクリーク 50%の味と評価は?ほかジム・ビーム蒸溜所ブランドもご紹介

ウイスキー藤村

こんにちは!ウイスキー藤村です!

今日は意外と影薄めだけどめちゃうまなバーボンの、、、

ノブクリーク

をご紹介します!

↓ Twitterにてウイスキー情報更新中↓

飲んでみた!【ノブクリーク】🥃意外と知らない人もいるかも?なバーボン🇺🇸ジムビーム蒸溜所でつくられる少量生産高級市場向けブランドの一つ。とはいえ比較的お手軽な方で(スコッチとジャパニーズで無事感覚麻痺💸)、長期熟成本格バーボンを楽しめるので結構すきだったりするhttps://t.co/yhYXZ7kDrT pic.twitter.com/eGaZdz4iuo

— ウイスキー藤村🥃 (@whiskyfujimura) August 25, 2021

【ノブクリーク】とは?🥃ジム・ビーム蒸溜所のその他ブランド

【商品紹介】-サントリー商品紹介より引用
◆クラフトバーボン 「ノブ クリーク」とは
ノブ クリークはビーム家6代目、バーボン業界で名匠と謳われた伝説のマスターディスティラー、フレディ・ブッカー・ノー・ジュニア(1929~2004年)が、”昔ながらの本来あった姿のバーボン“を目指してつくりあげたものです。

バーボンとしては9年熟成というとても長い年月を要したもので、アルコール度数は50度(100プルーフ)と高い。とにかくリッチなテイストだ。ナッツをともなった力強いバニラの甘みが特長のクラフトバーボンです。

【公式テイスティングコメント】
色:琥珀色
香り:バニラ・ナッツ・オークの樽香
味わい:力強いバニラの甘み・キャラメル・かすかにスモーキー
フィニッシュ:リッチな甘い余韻が長くつづく

よくAmazonを散策しているとおすすめとして取り上げられている「ノブクリーク」

じつは、製造しているのはバーボンウイスキーで有名な「ジム・ビーム 蒸溜所」です

ほかには超人気銘柄であるプレミアムバーボンの「ブッカーズ」があり、こちらはいつもすぐに完売になり、プレミアム価格で売り出されていることが多いです

あまり知られていないですが、ジム・ビームはさまざまなラインナップをもっており、それらをあげると

と「それもジム・ビームが作っていたのか!」と思うものも、なかにはあるかもしれませんね

そんないくつかのラインナップの中でかなりクオリティが高く、かつ費用対効果が高いノブクリークは、かなり積極的にオススメできるバーボンウイスキーのひとつです

【ノブクリーク】の詳細📝

【ノブクリーク】の詳細📝

◯原産国:🇺🇸アメリカ
◯地域区分:ケンタッキー州
◯販売元:サントリー
◯蒸溜所:ジムビーム蒸溜所
◯タイプ:バーボン
◯原材料:グレーン、モルト
◯アルコール分:50%
◯販売価格:4,000円ほど(Amazon)

【ノブクリーク】香りと味は?💬

【ウイ藤のテイスティングコメント】💬

2021.8.23(月)11:20@あいまいな酒場

◯試飲量:10ml
◯飲み方:トワイスアップ
◯グラス:グレンケアン

👀色:濃いめ褐色

👃香り:香り立ち強め、甘いコクが出来たてのポップコーン、少しワックスのニュアンス、オレンジピールと香る果汁感、少し草と土のニュアンスからほうれん草、スパイシーさは辛みにも感じられる、砂糖醤油のコク、バニラの華やかさ、強く嗅ぎ込んでアルコールを感じるがツンツンとした刺激はなく滑らか、奥から50%果汁くらいのオレンジジュースが湧き出ているのを感じる、少し酸っぱい印象もある

💪ボディ:ミディアムフル

👅味:どしっとコク深い、舌触り滑らかだが少しサラッとした印象もある、親しみやすいハチミツ、直後に熱血的なチリ的スパイシーさがやってくる、少し”スイカバー”のテイスト、甘いダージリンティー、ウリ系のグリーンな味わい、コクが中核にあるようでマイルド、粗挽きブラックペッパーらしいスパイシーさ、舌触りに蝋っぽい感触、木や土や草の地球味が随所に散りばめられているような仕上がり

🎵余韻:太くしっかりとした余韻がずっしりと続くよう

【ノブクリーク】の評価✍


割とスタンダードめなバーボンウイスキーでも、なかなか50%の製品はない中で、贅沢な味わいを実現している印象のノブクリーク

ジムビーム自体はもっぱら「ハイボール専用」なイメージが世間的にあるのではないかと思うのだが、このノブクリークはロックの温度低下に負けない強さがあるし、ストレートでももちろん満足できるし、ハイボールにすれば随分と贅沢な味わいになるからとても優秀である。

優秀な兄弟に「ブッカーズ」というジムビーム蒸溜所の製品があるが、ブッカーズはすぐにプレミア価格になってしまって買えない。

でも実はこのノブクリークも実は優秀で、価格帯で考えれば十分、晩酌のラインナップに入ってきてもおかしくないと感じている。

“お手軽バーボン層”は「メーカーズマーク」や「ワイルドターキー」、また「ジャックダニエル」などもあるから、破格にやすくてうまいバーボンが群雄割拠ではある。

しかしこのノブクリークも仲間に入れて上げて欲しい、とよく考えてたことを思い出すテイスティングとなった。

バーボンにしてはかなり長期熟成の部類に入るものなので、ぜひ一度試してみてほしい銘柄。個人的にはとても安心感のある銘柄で好きである


▼フォロワーや友達にも教えてあげよう!▼

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
ウイスキー藤村
仕事を辞めてから5年ほどウイスキーを呑んで暮らしてきました/ お酒全般なんでもすきです。国内外蒸溜所に行ってYouTubeとったり、ウイスキーレビューブログを書いたり。30年熟成です。推しウイスキーはラガブーリンとグレンドロナック。↓地球儀マークはプロフィール。